森林の総合利用1

森のユニバーサルデザイン

自然を生かす 人を生かす


森のユニバーサルデザイン
太田 猛彦 監
B5 216>ペー>ジ 並製
ISBN978-4-88965-125-6 C3061
品切(絶版)
奥付の初版発行年月:2001年02月
書店発売日:2001年02月20日

コピーサービス

個人の方がご自身>の研究目的などに限定して閲覧を希望される場合に限り、コピーサービス(>当方でコピーし、簡易製本して郵送)をご利用いただけます。お申し込みは、書籍全 体、または目次の見出し単位でお願い致します。なお、一部書籍につきましては、都 合により、ご利用いただけない場合がございますので、ご了承ください。
 ご利用料金は、1ページにつき20円と簡易製本代600円が目安となります(税・送>料別)が、判型等によって若干異なりますので、事前にお見積もりが必要の場合はお 申し出下さい。お届けは、お申し込み日から7〜10日程度です。ご希望の方は、下記 リンク先ページをご参照の上、お申し込みください。

コピーサービス >>


内容紹介

高齢・福祉社会に対応した森林・施設整備に向けて、ユニバーサルデザインの考え方と具体的な導入手法を初めて解説。林野庁が作成したガイドラインや欧米等の先進事例を紹介しています。

目次

第1章 森林利用とユニバーサルデザイン
 1 高齢・福祉社会に対応した森林利用
  1.高齢者や障害者を取り巻く現状
  2.高齢者の余暇需要の傾向
  3.健康づくり等のための森林利用
 2 ユニバーサルデザインとは —その考え方とわが国における流れ—
  1.わが国のバリアフリー化の取り組み
  2.バリフリーからユニバーサルデザインへ
第2章 森林総合利用施設におけるユニバーサルデザイン手法のガイドライン
 本指針の読み方
 森林総合利用施設におけるユニバーサルデザイン手法の基本的な考え方
  1 ユニバーサルデザイン手法の導入の必要性
  2 ユニバーサルデザイン手法による整備の基本的な考え方
  3 利用者に多様な選択肢を提供するための整備
  4 利用者への適切な情報の提供による利便性の向上
  5 ユニバーサルデザイン手法の導入にあたっての配慮事項
 個別の施設における整備
  <配慮の必須度の高い整備>
  1 サイン施設
  2 駐車場
  3 トイレ
  4 管理棟
  5 遊歩道
  6 休憩施設
  7 水飲み場
  <配慮が望ましい整備>
  8 管理道
  9 林間広場
  10 宿泊施設
  11 キャンプ場
  12 レストハウス・売店
  13 野生生物観察施設
  14 森林水環境
  15 運動・健康増進施設
  16 その他体験の場
第3章 座談会「森のユニバーサルデザイン —その現状と可能性を考える—」
 <出席者>
 太田猛彦 (東京大学大学院農学生命科学研究科教授)
 浅野房世 (株式会社エス・イー・エヌ環境計画室取締役)
 石田易司 (桃山学院大学社会学部社会福祉学科教授)
 伊藤道男 (千葉県農林部みどり推進課全国植樹祭準備室副主幹)
 石島 操 (林野庁森林整備部長)
資料編
 1 高齢・福祉社会に対応したガイドラインの現状
  1.わが国における屋内空間整備ガイドラインの現状
  2.海外における屋外空間整備ガイドラインの現状
 2 森林公園のバリアフリー化の現状 —アンケート調査と代表的事例—
  1.森林公園におけるバリアフリー施設等整備に関するアンケート調査
  2.代表的事例
    らくらく登山道(大阪府)/赤沢自然休養林(長野県)/藤野むくどり公園(北海道)
 3 今後の森林の新たな利用の方向—21世紀型森林文化と新たな社会の創造—(中央森林審議会答申)

前書きなど

 急速な高齢化が進行している我が国では、様々な分野において、中高年や高齢者、そして障害者の方々に配慮した対応を進めることが、21世紀の大きな課題になっています。
 この課題の解決に向けて、近年、ユニバーサルデザインという考え方が、世界的に広がってきています。ユニバーサルデザインとは、「すべての人が分けへだてなく利用できる」ことを目指す設計思想であり、幼児から高齢者までのあらゆる年代層や様々な身体条件をもつ人々の利用に対応できることを目的としています。我が国でも、文具・衣料などの日用品や住宅、公園、公共施設、交通機関など、多くの分野でユニバーサルデザインが見られるようになってきました。
 本書は、このユニバーサルデザインを、森林及びその関連施設の整備を進める際に、どのように取り入れていけばいいのかについて、具体的な整備例の紹介とともに解説したものです。林野庁が1999年12月に公表した「森林総合利用施設におけるユニバーサルデザイン手法のガイドライン」を中心に、有識者の座談会や関連資料などを併せて収録し、今後の森林利用とユニバーサルデザインのあり方を考える際の参考になることを願って作成しました。
 森林に親しみ、積極的に利用したいという国民のニーズがかつてなく高まっている今日、森林及び施設の整備にあたって、ユニバーサルデザインを導入することは、必要不可欠となっています。ただし、「すべての人の利用」を念頭においた整備を進めることは簡単ではなく、特に我が国においては未だ十分な知見が蓄積されていません。こうした現状を踏まえ、本書では、広く欧米の取り組みにも学びながら、森林利用とユニバーサルデザインに関する現状分析と提言も行っています。
 これから各地で進められるであろう、ユニバーサルデザインによる森林及び施設の整備にあたって、本書が活用され、さらに新しい知見が加えられ、より多くの人々が森林に親しみ、利用できるようになることを願っています。

2001年2月
森林総合利用施設におけるユニバーサルデザイン手法の検討会座長
東京大学大学院農学生命科学研究科教授
太田 猛彦