地球環境問題1

地球温暖化と森林ビジネス

「地球益」を目指して


地球温暖化と森林ビジネス
小林 紀之
A5変 200>ペー>ジ 並製
ISBN978-4-88965-143-0 C0061
品切(絶版)
奥付の初版発行年月:2003年09月
書店発売日:2003年09月01日

コピーサービス

個人の方がご自身>の研究目的などに限定して閲覧を希望される場合に限り、コピーサービス(>当方でコピーし、簡易製本して郵送)をご利用いただけます。お申し込みは、書籍全 体、または目次の見出し単位でお願い致します。なお、一部書籍につきましては、都 合により、ご利用いただけない場合がございますので、ご了承ください。
 ご利用料金は、1ページにつき20円と簡易製本代600円が目安となります(税・送>料別)が、判型等によって若干異なりますので、事前にお見積もりが必要の場合はお 申し出下さい。お届けは、お申し込み日から7〜10日程度です。ご希望の方は、下記 リンク先ページをご参照の上、お申し込みください。

コピーサービス >>


内容紹介

新たな市場(マーケット)が動き出した。森林炭素取引などの最新ルールと先端事例をわかりやすく解説。21世紀の環境保全戦略を構築する上で必読の書。

目次

はじめに 「地球益」の実現に向けて

1 基礎編
1−1 地球温暖化は本当に進んでいるのか?
 <コラム>地球温暖化のメカニズム
 <コラム>気温上昇は勢いを得ながら進行している
1−2 気候変動枠組条約とは?
 <コラム>枠組条約と議定書パラレル方式の課題
1−3 京都議定書とは?
1−4 IPCCが評価した森林・木材の温暖化防止機能とは?
 <コラム>二酸化炭素トンと炭素トン
1−5 温室効果ガスの削減目標と森林との関係は?
 <コラム>日本の森林は自家用車4,500万台分のCO2を吸収
 <コラム>世界の森林は重要な炭素貯蔵庫
1−6 日本の森林に見込まれているCO2吸収量は?
1−7 京都議定書上の「森林経営」活動とは?
 <コラム>「森林」の定義
1−8 伐採木材の取り扱いは?
 <コラム>木造住宅1軒で国民2人分のCO2排出を相殺
1−9 京都メカニズムとは? ①排出量取引(ET)
1−10 京都メカニズムとは? ②共同実施(JI)
1−11 京都メカニズムとは? ③クリーン開発メカニズム(CDM)
1−12 環境税(温暖化対策税・炭素税)とは?
1−13 環境税(温暖化対策税・炭素税)は導入されるのか?
 <コラム>デンマークが税制改革でとりいれた新しい制度
1−14 木質バイオマスとは?
 <コラム>追い風として期待されるRPS法
 <コラム>地域に密着した葛巻町と上石津町の挑戦
1−15 炭素権とは?
 <コラム>下川町有林のCO2売却構想に対する見方

2 活用編
2−1 クリーン開発メカニズム(CDM)を行うには?
2−2 CDMプロジェクトの計画を策定するには?
 <コラム>CDMの関連組織
2−3 CERはどのように発行・分配されるのか?
2−4 指定運営機関(DOE)になるには?
 <コラム>DOEの責任と役割
2−5 バリデーター、ベリファイヤーになるには?
 <コラム>京都メカニズム関連の新規格を検討するISO
2−6 どの指定運営機関(DOE)を選べばいいのか?
 <コラム>プロジェクトの「スコープ」
2−7 CDM植林の課題は? ①アカウンティング
 <コラム>再植林の基準年
2−8 CDM植林の課題は? ②非永続性
 <コラム>COP9に向けた各国のスタンス
2−9 CDM植林の課題は? ③ベースライン、リーケージ
 <コラム>バウンダリー
2−10 CDM植林の課題は? ④クレジット発生期間
 <コラム>追加性
2−11 CDM植林の課題は? ⑤社会経済的・環境的影響
 <コラム>小規模CDMプロジェクトと吸収源(植林)
2−12 共同実施(JI)を行うには?
2−13 JIプロジェクトの計画を策定するには?
 <コラム>JI(第2トラック)の関連組織
2−14 ERUはどのように発行・移転されるのか?
2−15 排出量取引(ET)を行うには?
2−16 二酸化炭素(CO2)の市場価格は?
2−17 森林吸収源対策に取り組むには?
2−18 森林吸収源対策に貢献する森林経営(施業)とは?
2−19 森林の二酸化炭素(CO2)吸収量を算定するには?

3 事例編
3−1 世界のカーボンマーケットと排出量取引(ET)
 1 京都マーケット
 2 ノン京都マーケット
 3 リテール・マーケット
 4 英国の排出量取引制度
 5 EU域内排出量取引制度
3−2 森林炭素取引を仲介するコンサルタント
 1 ヤコ・ペリ社
 2 トレクスラー・アンド・アソシエーツ社
 3 三菱証券
3−3 世界銀行の炭素基金
 1 プロトタイプ炭素基金
 2 バイオ炭素基金
 <コラム>カトゥーンバ会議
 <コラム>世界銀行が指摘するTCERの長所と短所
3−4 オーストラリアの植林政策
 <コラム>ニューサウスウェールズ州のポートフォリオ方式
3−5 ビクトリア州の炭素権取引
 1 ビクトリア州の森林政策
 2 グリーン・トライアングル地域の植林事情
 <コラム>日本企業が進めている植林事業の仕組み
 3 プロスペクタス——ハンコック社の取り組み
3−6 日本企業の海外植林戦略
 <コラム>7社の異業種連合による大規模植林プロジェクト
3−7 CDM植林に対する途上国の反応
3−8 日本国内の排出量取引(ET)
 1 環境省の温室効果ガス排出量取引試行事業
 <コラム>三重県型CO2排出量取引制度提案事業
 2 経済産業省のクレジット(排出削減量)取引・移転試行事業
 <コラム>京都メカニズム活用ファンド
 3 東京都、埼玉県など自治体の排出量取引
 4 企業内での排出量取引
3−9 日本政府の京都メカニズム支援施策
 <コラム>多くの成果を残した熱帯林再生技術研究組合(RETROF)

参 考
1 シンクCDM(CDM植林)プロジェクト設計書(PDD)の作成方法
2 用語解説
3 地球温暖化関連サイト
4 引用・参考文献一覧