森をゆく

「人と森のかかわり」を訪ねて


森をゆく
米倉久邦
四六判 222ページ 並製
ISBN978-4-88965-200-0 C0061
在庫あり
奥付の初版発行年月:2010年06月
書店発売日:2010年06月23日

書籍の購入

定価:1,714円(税込1,851円)

お支払い方法…郵便振替後払い/銀行振込

※ 携帯でご覧の方に:このショッピングカートは携帯からは使えません。セブンアンドワイなど携帯に対応している外部サイトからのご購入をお願い します

他で購入

購入についての詳細ページへ >>


内容紹介

60歳の定年を機に百名山を踏破した男が、新たな頂に挑む! 森の豊かさと危機の実態を伝える渾身のルポ。(社)日本図書館協会選定図書(平成21年7月21日選定)

目次

刊行によせて(森林インストラクター東京会会長 石井誠治)  3
はじめに  5
地 図  16

東京大学北海道演習林  19
科学する北方の大森林  19 /どろ亀さんの林分施業法  21 /理想の森林へ木を伐る  23 /エゾマツの倒木更新  26 /どろ亀さんが愛したミズナラの大木  28 /トドマツの凍裂  30

白神山地  33
林道反対運動が世界遺産へ  33 /傷残すブナ伐採の歴史  35 /核心部から消えた杣小屋  37 /絶たれた森との共生  39 /野放しのイワナ密漁  41 /ブナの森は輪廻の世界  44 /マタギの付けたナタ目  46 /世界遺産はだれのため  48

東京都水道水源林  53
100年前は荒廃の山  53 /森林を襲った過酷な運命 55 /森林再生へ苦闘の歴史  57 /シカが森を食べる  60 /シカと共存はできるか  63 /森林再生に活躍する森林隊  65 /奥多摩の森は巨木日本一  67

長野県信濃町・癒しの森  71
町と市民が案を練った  71 /まず、人づくりから  73 /森に癒しの効果はあるのか  75 /雑木林が癒しの空間に  77 /トレーナーは森の魔術師  79 /人には森のDNAがある  81 /癒しの宿のおもてなし  83 /モデルはドイツのクナイプ療法  85

富士山  89
孤高の山に独自の植生  89 /這い登る先駆植物たち  92 /森林限界に生きる  93 /見事な樹木の垂直分布  96 /森林復活に1000年  98 /樹海は特異な環境に成立  100 /取り残された古代の森  102 /イヌブナの巨木達  104 /吉田口登山道は巨木の森  106 /85年ぶりに古道復活  108 /変化に富んだ須山古道  110 /満ちるダイナミズム  112

京都大学芦生研究林  115
西日本有数のユニークな天然林  115 /豪雪がつくった芦生スギ  117 /動物たちとの熾烈な闘い  119 /立ち枯れるミズナラの大木  122 /ナラ枯れ病は人災ではないのか  124

奈良県吉野林業地  127
吉野スギを育てた樽丸林業  127 /貧しさが生んだ山守制度  130 /変容する山守制度  132 /伝統の間伐術が銘木をつくる  134 /勘と経験の作業を現場でみた  137 /コストのかかるヘリ搬出  140 /手間とヒマをかける林業は岐路に  142 /作業道を造る  144 /だれでもできる林業を  146

宮崎県綾の森  149
日本一の大照葉樹林  149 /照葉樹林伐採の通告  151 /照葉樹林文化論で武装  153 /町長の粘り腰が勝った  155 /渓谷を覆う大照葉樹林  158 /着生ランや妖精のいる森  160 /照葉樹林帯を横切る送電鉄塔  163 /照葉樹林帯復元の大計画  165

鹿児島県屋久島  169
日本の森が凝縮された島  169 /海岸部には亜熱帯の森  171 /スギが主役の森になった  173 /島が育む超長寿のスギ  175 /500年に及ぶ伐採の歴史  177 /森林破壊から保護へ  180 /貴重な資源、土埋木  182 /風雪と闘う白骨樹  184 /水が生むもののけ姫の森  187 /生き延びた屋久スギ達  189 /不思議な存在感の縄文杉  192 /縄文杉の樹齢ミステリー  194

沖縄やんばるの森  199
ずば抜けて豊かな生態系  199 /長い収奪の歴史  201 /イタジイが守護神  204 /森に不思議な住居跡  206 /ヤンバルクイナの棲む森  208 /危機にある固有種の宝庫  210 /森を破壊するマングース  212 /林道、ダム、破壊の歴史  214 /轢き殺される生き物たち  216

あとがき  219

前書きなど

はじめに
百名山登頂を終えた後、次の目標を「森」に定めようと思った。日本人と森との深い関係に気が付いたからだ。森を歩きたいという欲求は、もしかしたら、自分の中にある日本人のDNAの仕業かもしれない。それを確かめるためにも、日本列島の森を訪ねることにした。
 一口に森といっても、列島の森林は一様ではない。さまざまな、多彩な森がある。日本の森林はその自然環境に応じて実に多様性に富んでいる。
 もうひとつの大きな特徴は、人と森との「かかわり」だ。日本には、まったく手付かずの原生林というのははほとんどない。人は縄文の時代から森に分け入り、その恵みを受け、森とともに暮らしてきた。日本人は森を神として尊崇し、共生してきた。森とのかかわりの長い歴史が培ってきた独特の森林観である。
 日本の森を歩き、それぞれの森がどう人とつき合ってきたのか、どんな問題を抱えているのか、どんなに素晴らしい森なのか、さまざまな角度から、その森の姿に自分なりの光を当ててみたい。
2010年5月  米倉 久邦