イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2018年12月14日

「春の筍掘り」がPEFCフォトコンテストで最優秀賞受賞


PEFCが主催する国際フォトコンテスト(「林政ニュース」第587号参照)に“日本代表”としてエントリーしていた原田恭子さん(神奈川県)の作品「春の筍掘り」が最優秀賞に輝いた。同コンテストには、PEFC森林認証制度のある16か国が参加し、応募総数は約1万2,000点に及んだ。日本からの参加作品が最優秀賞を受賞したの初めて。→詳しくは、「林政ニュース」第594号(12月5日発行)でどうぞ。


合板1枚コンペの最優秀賞は独創的な2つのイスが受賞


第5回全国合板1枚・作品コンペの表彰式が、12月2日に東京都江東区の新木場タワーで開催された。最優秀賞(林野庁長官賞)一般の部には、富山県の高木博之さんの作品「Play Picnics with Plywood!!」が選ばれ、同ジュニアの部は神奈川県の河合慈英さんの作品「C&Cなイス」が受賞した。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第595号、12月19日発行)でお伝えします。


2018年12月13日

1月18日に「フォレストカーボンセミナー:COP24等報告会」


国際緑化推進センター(JIFPRO)は、1月18日(金)午前10時から東京都文京区の文京シビックホールで「フォレストカーボンセミナー:COP24等報告会」を開催する。ポーランドで開催されているCOP24の概要や、緑の気候基金(GCF)におけるREDD+の資金に関する検討状況について、交渉担当者が現場目線の報告をする。詳しくは、こちらを参照。


2018年12月11日

2月20日に鉄鋼会館で「森林GISフォーラム東京大会2019」


2月20日午前10時から「森林GISフォーラム東京大会2019」が東京都中央区の鉄鋼会館(9階)で開催される。京都府立大学の田中和博教授が基調講演し、林野庁とJAXA(宇宙航空研究開発機構)の担当者が話題提供をする。→詳しくは、こちらを参照。


2018年12月10日

12月16日に金沢市で第4回「木育・森育楽会」


4回目となる「木育・森育楽会」が12月16日(日)午前10時から金沢市の石川県文教会館(4階会議室)で開催される。「日々の木育と森育を考える」をテーマに、講演会やワークショップを行う。→詳しくは、こちらを参照。


2018年12月7日

「2018林業機械展示実演会」に過去最多の来場者


11月18・19日に東京都あきる野市で「2018森林・林業・環境機械展示実演会」(第42回全国育樹祭記念行事)が開催され、過去最多の約2万8,000人が訪れた。展示内容の“見せる化”が進み、家族連れなど一般来場者も増える中で、無人化・省力化を実現する最新機械が披露された。→詳しくは、「林政ニュース」第594号(12月5日発行)でどうぞ。


1月12日に「集まれ林業男子・林業女子 in 西播磨」


兵庫県西播磨県民局は、1月12日(土)午後1時から宍粟市の宍粟防災センター(5階ホール)で林業就業相談会「集まれ林業男子・林業女子 in 西播磨」を開催する。若手林業者とフラワープリンセスとのトークショーや県立森林大学校・林業事業体に関する説明などが行われる。→詳しくは、こちらを参照。


2018年12月6日

「がまだせ熊本!」をスローガンに全国竹の大会開く


全日本竹産業連合会は、11月14・15日に第59回全国竹の大会を熊本市内で開催した。「がまだせ熊本! がまだせ竹業界!」のスローガンを掲げ、全国から約200人が参集。有川英雄会長は、「私達はあえてこの熊本県で、復興と再興を目的に全国大会を開催した。竹産業界に新しい息吹きを吹き込み、大きなインパクトを与えたい」と挨拶した。→詳しくは、「林政ニュース」第594号(12月5日発行)でどうぞ。


山林会と木材サミット連絡会が1月28日に合同シンポジウム


大日本山林会と木材サミット連絡会は、1月28日(月)午後1時から東京都港区の石垣記念ホールで合同シンポジウム「持続可能な社会に向けて─木材利用と地球環境─」を開催する。気候変動や森林の現状、木材のカスケード利用などに関する講演を通じて、今後の対応方策を考える。参加費無料。定員120名。申し込み締め切りは、1月18日(金)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年12月5日

中部局初のパーティションコンペグランプリに「kagerou」


中部森林管理局が初めて実施した「ブランド材を用いた新たな洋風パーティションコンペ」(「林政ニュース」第586号参照)の審査結果が11月20日に発表され、同局で表彰式が行われた。同コンペには、32名から51点の応募があり、オフィス部門のグランプリには馬場英実さん(KLOP(クロップ)一級建築士事務所、東京都)の「kagerou」が選ばれた。→詳しくは、「林政ニュース」第594号(12月5日発行)でどうぞ。


ミス日本ファイナリストが「改質リグニン自動車」見学


「第51回ミス日本コンテスト2019」の最終候補者10名が11月30日に農林水産省を訪れ、吉川農相らに挨拶した後、「改質リグニン自動車」(「林政ニュース」第592号参照)を見学した。来年1月21日にはグランプリとともに5代目となる「みどりの女神」が決まる。


2018年12月4日

10年ぶりの「治山・林道のつどい」に約500人参集


日本治山治水協会と日本林道協会は、11月28日に東京都内のホテルで「2018治山・林道のつどい」を開催し、全国から約500名が出席した。両協会の会長をつとめる衆議院議員の山口俊一氏は、「この『つどい』が開かれるのは10年ぶりになる。今年度2次補正と来年度当初予算は目に見える金額を勝ち取りたい」と挨拶した。→詳しくは、「林政ニュース」第594号(12月5日発行)でどうぞ。


2018年12月3日

第22回木材活用コンクールへの参加作品を募集


5:00 AM 更新 カテゴリ: イベント・シンポジウム・表彰・募集 

日本木材青壮年団体連合会は、第22回木材活用コンクールへの参加作品を募集している。同コンクールは4部門で行い、最優秀賞2作品を含む20作品を選ぶ。募集期間は年明けの1月15日(火)まで。表彰式は、来年6月22日(土)に開催する木青連第64回全国会員愛知大会の中で行う。→詳しくは、こちらを参照。


2018年11月30日

12月5日に「里山における森林整備・管理のあり方に関する講習会」


森林保全・管理技術研究所は、12月5日(水)午後1時から東京都千代田区の日林協会館で森林分野CPD講習会「里山における森林整備・管理のあり方に関する講習会」を開催する。都市近郊の里山林に関する調査・研究成果をもとに、今後の管理方針などを考える。定員50名。受講料は、主催者や関係機関の会員は2,000円、非会員は3,000円。→詳しくは、こちらを参照。


2018年11月29日

島根県が全国植樹祭の地で“循環型林業”のモデルを実践


島根県は、2020年春に開催する第71回全国植樹祭で整備する施設用に、1971年の第22回大会で植えたクロマツの収穫作業を11月5日に開始した。跡地は植樹会場として整備し、広葉樹を中心に植え付ける。植樹祭の地で“循環型林業”のモデルを示す全国初の試みになる。→詳しくは、「林政ニュース」第593号(11月21日発行)でどうぞ。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー