イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2018年8月8日

農林水産省の「こども霞が関見学デー」に約7,000人来場


8月1日から2日にかけて、農林水産省で「こども霞が関見学デー」が開催され、2日間で約7,000人が来場した。高性能林業機械シミュレーターの操作体験や、森林〇×クイズ、箸を使った豆運び競争など様々なイベントが行われ、親子連れで賑わった。


2018年8月7日

11月17日に青梅市で開催する育林交流集会の参加者募集


東京都と国土緑化推進機構は、育林交流集会を11月17日(土)正午から東京都青梅市の青梅市総合体育館で開催する。医学博士で国際自然・森林医学会(INFOM)会長の今井通子氏が「森林の保全と活用」をテーマに基調講演を行い、パネルディスカッションでは、東京大学名誉教授の太田猛彦氏をコーディネーターに3名のパネリストが意見を交換する。入場無料。募集人数は450名。応募締め切りは9月28日(金)。詳しくは、こちらを参照。


2018年8月6日

新・全国森林計画(案)への意見を受け付け中


林野庁は、来年(2019年)4月1日から2034(平成46)年3月31日までの15年間を期間とする新しい全国森林計画の案をまとめ、7月25日にパブリックコメントを開始した。8月13日(月)まで意見を受け付け、林政審の答申を経て、10月には閣議決定される予定。→詳しくは、「林政ニュース」第586号(8月1日発行)でどうぞ。


東京で日台木材商談会と台湾向け輸出促進セミナー開催


日本木材輸出振興協会は、東京都新宿区のTKP市ヶ谷カンファレンスセンターで、10月18日(金)に日台木材商談会と台湾向け日本産木材製品輸出促進セミナーを開催する。商談会の開催時間は、午前9時から午後12時30分まで、セミナーは午後2時から午後5時まで。参加申し込みの締め切りは、10月5日(金)。台湾から木材関係バイヤーが来日し、台湾の木材輸入の状況などについて講演する。定員は50名(定員に達し次第締切)。参加費無料。詳しくは、こちらを参照。


2018年8月2日

中部局が「洋風パーティションデザインコンペ」実施


中部森林管理局は、管内のブランド材を使った洋風パーティションのデザインコンペを初めて実施する。高齢級人工林を活かした内装材のマーケットを広げるため、オフィスやマンションなどに設置しやすいパーティションの新製品開発に乗り出す。→詳しくは、「林政ニュース」第586号(8月1日発行)でどうぞ。


石川県で親子を対象に森林環境実感ツアーを開催


石川県は、「いしかわ森林環境税」を活用し、いしかわ森林環境実感ツアー(親子版)を8月に開催する。8月18日(土)の「奥能登の林業に触れる旅~里山保全の最前線~」では、能登町や輪島市で間伐の現場や木材加工場を見学する。8月25日(土)の「白山ろくで木の香り&ぬくもりを実感しよう!」では、白山市内の放置竹林の伐採現場などを見学する。対象は県内在住の小学生とその保護者。各ツアーの定員は25名。詳しくは、こちらを参照。


2018年7月30日

青森県の2地区で林業の「しごと」体験を開催


あおもり農林業支援センター(青森県林業労働力確保支援センター)は、8月11日(土)に南部地区(階上町)、8月18日(土)に津軽地区(青森市)で、林業の「しごと」体験を開催する。チェーンソーと高性能林業機械(プロセッサ・フォワーダ)の操作法などを学べる。募集人数は、両地区とも40名。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月27日

8月11日に第17回聞き書き甲子園研修会の開会式


第17回聞き書き甲子園研修会の開会式が8月11日(土)午後1時30分から東京都新宿区の都庁・都民ホールで行われる。作家の塩野米松氏による講和や映像とナレーションによる聞き書き甲子園の紹介などが行われる。参加費無料。定員は先着100名。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月26日

ニッセイ緑の財団が樹木名プレートの寄贈校を募集


ニッセイ緑の財団は、樹木名プレートの寄贈する学校を募集している。同財団は、全国195か所で136万本を植樹しており、何伐材を樹木名プレートに加工して、小・中・高校、大学などに贈る活動を行っている。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月23日

9月14日に大阪で「韓国向け日本産木材輸出促進セミナー」


日本木材輸出振興協会は、9月14日(金)に大阪市のアットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前で開催する「韓国向け日本産木材輸出促進セミナー」の参加者を募集している。韓国から木材関係のバイヤーを招き、商談を行う。定員50名。参加費無料。申し込み締め切りは、8月24日(金)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月20日

ウッドマイルズフォーラムが7月26日に「違法伐採対策とクリーンウッド法」開催


ウッドマイルズフォーラムは、7月26日(木)午後1時30分から東京都文京区の文京シビックセンターでシンポジウム「国内外の違法伐採対策とクリーンウッド法」を開催する。国際環境NGO FoE Japan理事三柴淳一氏と林野庁木材利用課林業・木材産業情報分析官河野晃氏による基調講演や事例報告、意見交換会などを予定している。同フォーラム会員と学生は参加費は無料、一般は1,000円。定員80名(先着順)。申し込み締め切りは7月23日(月)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月18日

山火事予防ポスター用の原画・標語を募集中


日本森林林業振興会は、今年度(2018年度)の山火事予防ポスター用原画と標語を募集している。原画のサイズは画用紙四ツ切(約タテ52㎝×ヨコ37㎝)のタテ長とし、必ず「山火事予防」の5文字を入れること、標語は1人1句とし、創作に限る。入賞者及び入選者は、年末までに決定し、通知する。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月13日

8月30日に木質バイオマス熱利用のセミナー


日本木質バイオマスエネルギー協会とバイオマス産業社会ネットワークは、8月30日(木)午後3時から東京都渋谷区の地球環境パートナーシッププラザ(国連大学1階)で、合同セミナー「木質バイオマス熱利用についての提言~木質バイオマス熱利用の加速度的な拡大について~」を開催する。同協会の専門調査員である生田雄一氏が講演する。主催団体の会員は参加費無料、一般は1,000円(税込み)。定員100名。申し込み方法など詳しくは、こちらを参照。


2018年7月11日

ログハウス建築大賞に「ナチュレ片山」と「満天星ロッジ」


日本ログハウス協会は、6月11日に今年度(2018年度)のログハウス建築コンテストの表彰式を行った。大賞の国土交通大臣賞には、(株)フェニックスホーム(埼玉県所沢市)の「ナチュレ片山」(使用樹種は欧州アカマツ)、農林水産大臣賞には、(株)北陸リビング社(石川県能美市)の「満天星ロッジ」(同スギ)が選ばれた。→詳しくは、「林政ニュース」第584号(7月4日発行)でどうぞ。


第40回森喜作賞受賞者に原田栄津子氏と森田富雄氏


今年度(2018年度)の第40回森喜作賞の受賞者が決まった。森喜作記念顕彰会が7月5日に発表した。第1部門には(株)岩出菌学研究所研究開発室室長の原田栄津子氏、第2部門には群馬県渋川市でシイタケを栽培している森田富雄氏が選ばれた。7月10日に東京都中央区の日本橋プラザで開催された「第66回全国乾椎茸品評会表彰式」の中で授賞式が行われた。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー