イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2020年5月20日

6月30日まで全国で「山地災害防止キャンペーン」


林野庁は、都道府県・市町村と連携して、今日(5月20日)から6月30日(火)まで全国各地で「山地災害防止キャンペーン」を実施する。標語は、「くずさない! 守り育てる ぼくらの山」。→詳しくは、こちらを参照。


2020年5月1日

「割柱」の秋田県北木材センターが破産


秋田県初の製品・原木市売センターとして1973年から事業を続けてきた協同組合秋田県北木材センター(大館市、栗生澤節代表理事)が4月24日に秋田地裁大館支部に破産を申請した。秋田スギの「割柱」(芯去り修正挽き役割柱)を商品化し、構造用集成材の生産も行っていたが、経営が行き詰った。


2020年4月30日

林野関係で19名が受章、春の叙勲・褒章


政府は4月29日に、今年(2020年)春の勲章及び褒章受章者を発表した。林業・木材産業関係では、次の19名が受章した。伝達式は、新型コロナウイルスの感染が拡大しているため取り止める。
◎勲章受章者
・旭日小綬章
 阿部徹(北海道森林組合連合会代表理事会長、70歳)
 江連比出市(栃木県森林組合連合会代表理事会長、70歳)
 松野正和(元兵庫県木材業協同組合連合会会長、70歳)
・旭日双光章
 有馬督治(元香川県森林組合連合会理事、78歳)
 坂本憲治((有)やまなみきのこ産業社長、元大分県九重町議会議員、71歳)
 野尻榮一(福島県農林種苗農業協同組合代表理事組合長、76歳)
・旭日単光章
 神崎宏(元長崎北部森林組合代表理事組合長、81歳)
 芳賀計市(農林業、76歳)
 武藤寛(会津北部森林組合代表理事組合長、73歳)
・瑞宝小綬章
 須崎幸男(元森林技術総合研修所長、71歳)
 中山義治(元中部森林管理局次長、72歳)
 日比野義光(元関東森林管理局次長、72歳)
・瑞宝単光章
 太田信行(元香川西部森林組合作業班長、68歳)
 山本盛文(元福岡県県営林看守人、64歳)
◎褒章受章者
・黄綬褒章
 加藤周一(林業、山形県、64歳)
 佐藤孫一(林業、福島県、78歳)
 橋田肇((株)タンモト社長、大阪府、74歳)
 都築利夫(林業、徳島県、72歳)
 鹿島戰一(農林業、大分県、80歳)


2020年4月28日

「美しの森づくり活動」の大臣賞に箕面の山パトロール隊


全国森林レクリエーション協会(三浦雄一郎会長)は、32回目となる「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」の審査結果を4月24日に発表した。今回は、森林愛護グループや小・中学校など30団体から応募があり、次の13団体が入賞した。表彰式は、6月3日の同協会通常総会の中で行う予定だが、新型コロナウイルスの感染拡大で中止になる場合がある。
・農林水産大臣賞
 箕面の山パトロール隊(大阪府箕面市)
・林野庁長官賞
 岩屋緑地に親しむ会(愛知県豊橋市)
 えんとつ山倶楽部(愛媛県新居浜市)
・一般社団法人全国森林レクリエーション協会会長賞
 源流の森インタープリテーション協会(山形県飯豊市)
 NPO法人南湖森林公園案内人の会(福島県白川市)
 真岡児童館やさしクラブ(栃木県真岡市)
 千本桜を守る会(広島県竹原市)
 特定非営利活動法人奥雲仙の自然を守る会(長崎県雲仙市)
・奨励賞
 糠平少年グリーンクラブ(北海道上士幌市)
 大松建設株式会社(秋田県秋田市)
 東海大学山形高等学校(山形県山形市)
 南会津町の湿原を守る会(福島県南会津町)
 小松市立安宅小学校(石川県小松市)


2020年4月24日

山北町と神奈川県・署、王子木材緑化が世附地区森林整備協定


神奈川県の山北町、県西地域県政総合センター(小田原市)と東京神奈川森林管理署(平塚市)及び王子木材緑化(東京都中央区)は、3月24日に「世附地区森林整備推進協定」の調印式を山北町役場で行った。同町の世附地区に広がる民有林と国有林を一体的に整備・活用するため行政と民間企業が連携する。→詳しくは、「林政ニュース」第626号(4月8日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第626号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年4月23日

日本文理大学と大分県森連、県が人材育成協定


日本文理大学、大分県森林組合連合会、大分県の3者は、3月27日に林業技術者の育成で連携する協定を結んだ。大分市に本部を置く日本文理大学は、「人間力の育成」を教育理念の1つに掲げており、「人間力育成センター」では林業体験研修や森林ボランティア活動などを行っている。→詳しくは、「林政ニュース」第626号(4月8日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第626号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年4月22日

令和2年緑化推進運動功労者総理大臣表彰者に13個人・団体


政府は4月15日に、「令和2年緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」の受賞者として13個人・団体を決定・発表した。表彰式は、新型コロナウイルスの影響により中止する。
浅野貴男(宮城県仙台市)
天野和幸(静岡県浜松市)
谷敏文(徳島県美馬市)
宮古市立亀岳小学校(岩手県宮古市)
宮城県立支援学校小牛田高等学園(宮城県遠田郡美里町)
いわき市立田人中学校(福島県いわき市)
夢咲人(栃木県下都賀郡壬生町)
さいたま市花いっぱい運動推進会(埼玉県さいたま市)
特定非営利活動法人道志水源林ボランティアの会(神奈川県横浜市)
木曽広域連合(長野県木曽郡木曽町)
命をつなぐPROJECT学生実行委員会(愛知県名古屋市)
吉良川花と緑の会(高知県室戸市)
コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社えびの工場(宮崎県えびの市)


2020年4月3日

国の公共建築物木造化率が78.6%に上昇、火薬庫も


2018年度に国(中央省庁)が整備した低層公共建築物(3階建て以下)の木造化率が78.6にアップした。2017年度に過去最高の63.0%を記録した上昇ペースが続いている(「林政ニュース」第601号参照)。2018年度は対象となった98棟のうち77棟が木造化され、防衛省が2棟の火薬庫を初めて木材でつくった。→詳しくは、「林政ニュース」第625号(3月25日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第625号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


新型コロナで「伐木チャンピオンシップ」も中止


全国森林組合連合会は、5月16日(土)・17日(日)に青森県青森市のモヤヒルズで開催する予定だった「第4回日本伐木チャンピオンシップ(JLC)」を中止することを決めた。新型コロナウイルスの感染が広がっているため取り止めることにした。9月に開催される「第34回世界伐木チャンピオンシップ(WLC)」への代表選手派遣も見送る。


2020年4月2日

5月31日開催予定の全国植樹祭は1年延期


国土緑化推進機構は、5月31日(日)に島根県太田市で開催する予定だった第71回全国植樹祭を1年延期する方針を固めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、来週初めにも正式決定する。2021年に滋賀県で行う予定の第72回全国植樹祭も2022年に1年先送りする。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第626号、4月8日発行)でお伝えします。


2020年3月31日

林土連が創立60周年記念式典、専務理事が交代


日本林業土木連合協会(新谷龍一郎会長)は、2月19日に東京都内のホテルで今年度(2020年度)の定時総会と創立60周年記念式典を開催した。定時総会では、所定の議案を原案どおり承認するとともに役員を改選。専務理事の菊池博輝氏が退任して相談役となり、後任には堂本整氏が就任した。→詳しくは、「林政ニュース」第624号(3月11日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第624号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


5月9・10日の第30回森と花の祭典「みどりの感謝祭」は中止


国土緑化推進機構は、5月9・10日に東京の日比谷公園で実施する予定だった第30回森と花の祭典「みどりの感謝祭」を中止することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大が続いているため、大規模イベントの開催は取り止めることにした。


2020年3月27日

SCMフォーラム7府県の成果をWEB上で公開中


日本木材総合情報センターは、3月3日に開催予定だった「効率的なサプライチェーン(SCM)の構築支援成果報告会」の発表資料をWEB上で公開している。今年度にSCMフォーラムを設置した7府県(茨城県、富山県、岐阜県、京都府、高知県、長崎県、大分県、「林政ニュース」第606号参照)の取り組み状況などがわかる。→詳しくは、こちらを参照。


2020年3月26日

第14回「みどりの学術賞」に中瀬勲氏と福田裕穂氏


政府は、14回目となる「みどりの学術賞」の受賞者を兵庫県立人と自然の博物館館長の中瀬勲氏と東京大学副学長の福田裕穂氏に決めた(3月16日に発表)。中瀬勲氏は、阪神・淡路大震災の復興過程で、みどりを通じたコミュニティ形成を先導。福田氏は、植物が成長し木質化する過程を分子レベルで解析するなど新たな研究手法を開発した。→詳しくは、こちらを参照。


2020年3月25日

「全日本学校緑化コンクール表彰校」が決定


国土緑化推進機構は、今年度(2019年度)の「全日本学校緑化コンクール表彰校」を決定した(3月13日に公表)。表彰式は、5月31日(日)に島根県で開催される第71回全国植樹祭の会場で行う予定。
◎学校林等活動の部
・農林水産大臣賞
 鹿児島市立武岡台小学校(鹿児島県)
 天龍村立天龍中学校(長野県)
 北海道士幌高等学校(北海道)
・国土緑化推進機構会長賞
 会津若松市立湊小学校(福島県)
 春日井市立坂下小学校(愛知県)
 出雲市立佐田中学校(島根県)
 秋田県立能代支援学校(秋田県)
・国土緑化推進機構理事長賞
 大和町立吉田小学校(宮城県)
 永平寺町立御陵小学校(福井県)
 飯南町立来島小学校(島根県)
 早川町立早川中学校(山梨県)
 大津市立葛川小学校・中学校(滋賀県)
◎学校環境緑化の部
・文部科学大臣賞
 羽生市立須影小学校(埼玉県)
 静岡県立磐田農業高等学校(静岡県)
・国土緑化推進機構会長賞
 仙北市立神代小学校(秋田県)
 さくら市立熟田小学校(栃木県)
 水俣市立久木野小学校(熊本県)
 鹿児島市立西紫原小学校(鹿児島県)
 東広島市立高美が丘中学校(広島県)
 沖縄県立読谷高等学校(沖縄県)
・国土緑化推進機構理事長賞
 松島町立松島第一小学校(宮城県)
 磐梯町立磐梯第一小学校(福島県)
 阿武町立福賀小学校(山口県)
 小豆島町立苗羽小学校(香川県)
 熊谷市立妻沼中学校(埼玉県)
 熊本市立北部中学校(熊本県)
 肝付町立岸良小学校・岸良中学校(鹿児島県)
 福井県立鯖江高等学校(福井県)
 大阪府立とりかい高等支援学校(大阪府)
 熊本県立熊本支援学校(熊本県)


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー