イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2017年12月22日

最優秀標語は「小さな火 大きな森を 破壊する」


日本森林林業振興会は、今年度(平成29年度)の山火事予防ポスター用原画と標語の入賞・入選者を決めた(12月8日に発表)。原画の部の最優秀賞(農林水産大臣賞)は 長岡市立越路中学校3年・桜井菜緒さん(新潟県)と私立東海大学附属相模高等学校2年・村山凪沙さん(神奈川県)が受賞。標語の部の最優秀作品(消防庁長官・林野庁長官賞)には、小山市立間々田中学校2年・海老沼美咲さん(栃木県)の「小さな火 大きな森を 破壊する」が選ばれた。


2017年12月21日

フジヒノキメイド製品を首都の設計者らにPR


フジヒノキメイド有限責任事業組合(「林政ニュース第565号参照)は、 12月5日に東京都中央区のイトーキ東京イノベーションセンターSYNQAで、製品の展示説明会を開催した。木材流通業者や設計士らに、「富士」の名を冠したブランド力などをアピールした。→詳しくは、「林政ニュース」第571号(12月20日発行)でどうぞ。


2017年12月20日

第4代「ミス日本みどりの女神」が1月15日に決定


来年(平成30年)1月15日に開催される「第50回ミス日本コンテスト2018」のファイナリストが、12月1日に齋藤健農林水産大臣らを表敬訪問した。4代目となる「ミス日本みどりの女神」も1月15日に決定する。


2017年12月19日

第3回「モクコレ」に33都道府県から過去最多の参加


日本各地と東京都が来年(平成30年)1月30日(火)・31日(水)に東京ビッグサイトで開催する木材製品展示会「WOODコレクション(モクコレ)2018」(第42回全国育樹祭記念行事)の出展者が決まった。3回目となる今回は、過去最多の33都道府県から324の木材関係事業者・団体等が参加する。→詳しくは、こちらを参照。


2017年12月18日

2月16日に「林木育種事業60周年シンポジウム」を開催


森林総合研究所の林木育種センターは、2月16日(金)午後1時から東京都江東区の木材会館で「林木育種事業60周年シンポジウム」を開催する。東京大学の井出雄二教授が 「再造林時代の林木育種」をテーマに基調講演し、7課題の研究成果発表の後、パネル ディスカッションを行って今後を展望する。→詳しくは、こちらを参照。


2017年12月14日

所有者不明土地問題で12月25日にシンポジウム


国土計画研究会は、12月25日(月)午後1時から東京都千代田区の中央合同庁舎2号館地下2階講堂で、シンポジウム「所有者不明土地の実態とその問題、今後の対応のあり方」を実施する。所有者不明土地問題研究会(「林政ニュース」第559号参照)の最終報告を踏まえ、大量相続時代への対応方策を考える。参加費無料。定員200名。→詳しくは、こちらを参照。


2017年12月12日

代官山蔦屋書店で吉野スギバイオリンの演奏会など行う


奈良県は、11月16日から19日まで、東京都渋谷区の代官山蔦屋書店でPRイベント「『奈良の木』のあるくらし~森からの贈り物~」を開催した。ガーデンギャラリーに木質空間をつくり、樹齢約270年の吉野スギで製作したスギバイオリンの演奏会などを行った。


「都民による事業提案」最終候補に「森・自然を活かした保育」


東京都が新たに実施している「都民による事業提案制度」の最終候補に、「森・自然を活かした保育等」(2億円程度)がノミネートされた。255件の提案の中から絞り込まれた26事業に残っており、インターネット等による投票を通じて、採択が決まる。投票期間は、12月22日(金)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2017年12月5日

12月17日に倉敷市で「おかやまのもっと木のある暮らしセミナー&講演会」


岡山県は、12月17日(日)に倉敷市のイオンモール倉敷(1階セントラルコート)で「おかやまのもっと木のある暮らしセミナー&講演会」を開催する。「おかやまヒノキ木工クラフトコンテスト」の表彰式や「木の遊び、木のチカラ」をテーマにしたセミナー、浅田茂裕・埼玉大学教育学部教授の講演会などが行われる。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年11月30日

「わたしの美しの森 フォトコンテスト」を実施


林野庁などは、国内の森林や山村地域の魅力的な風景写真を募集・表彰する「わたしの美しの森 フォトコンテスト」を実施する。4月に選定した「日本美しの森 お薦め国有林」(「林政ニュース」第556号参照)をはじめとした観光資源の発掘とPRにつなげるのが目的。 来年(平成30年)3月28日(水)に東京都中央区のイトーキSYNQAで表彰式を開催する。募集期間は12月11日(月)から来年2月13日(火、当日消印有効)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2017年11月29日

木質外被研究開発プラットフォームが12月22日に松本市でシンポジウム


木質外被研究開発プラットフォームは、12月22日(金)午後1時30分から長野県松本市の松本合同庁舎でシンポジウムを開催する。群馬大学大学院理工学府分子化学部門助教の橘熊野氏が講演し、木材のカスケード利用を進める方法などを考える。→詳しくは、こちらを参照。


2017年11月28日

第5回合板の日記念式典開催、大熊東大名誉教授に長官表彰状


第5回「合板の日」記念式典が11月2日に東京都内で行われ、東京大学名誉教授の大熊幹章氏(81歳)に林野庁長官表彰状と合板の日実行委員会感謝状が贈られた。木材によるCO2固定の研究などに先駆的に取り組んできたことが評価された。→詳しくは、「林政ニュース」第569号(11月22日発行)でどうぞ。


12月15日に森林の観光活用に向けたマッチング・セミナー


林野庁は、12月15日(金)午前10時30分から農林水産省の7階講堂で「“森林資源を活用した観光”推進に向けたマッチング・セミナー」を開催する。観光庁・学識者らの基調報告や先進事例紹介、観光関係事業者によるショートプレゼンテーションなどが予定されている。一般参加可能人数は50名程度(希望者多数の場合は抽選)。申し込み締め切りは、12月5日(火)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年11月27日

12月4日に木質バイオ・合法証明ガイドラインの運用説明会


林野庁は、12月4日(月)午後1時から中央合同庁舎4号館(1218号会議室)で、「木質バイオマス証明ガイドライン」と「合法証明ガイドライン」の運用説明会を開催する。一般木材を使ったバイオマス発電所が急増し(「林政ニュース」第567号参照)、クリーンウッド法の業者登録業務が始まった(「林政ニュース」第568号参照)ことなどを踏まえ、趣旨や遵守事項の周知徹底を図る。→詳しくは、こちらを参照。


2017年11月24日

来年2月に東京・大阪で「木材アドバイザー養成講習会」


全日本木材市場連盟は、来年(平成30年)2月16・17日に東京(木材・合板博物館)、2月23・24日に大阪(大阪木材仲買会館)で「木材アドバイザー(もくアド)養成講習会」を開く。今年度(平成29年度)から日本建築士連合会のCPD認定プログラムにもなっており、受講者を募集している。定員は各40名。受講料は2万2,000円。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー