イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2015年12月8日

12月10日に下川町が東京で「地方創生セミナー」を開催


北海道の下川町は12月10日(木)午後3時30分から東京都江東区の東京コンファレンスセンター・有明で「地方創生セミナー」を開催する。環境省大臣官房長の森本英香氏が「地域資源を活用した地方創生」をテーマに講演した後、パネルディスカッションや、下川町の団体・企業によるプレゼン、商談会などを行う。詳しくは、こちらを参照。


2015年12月7日

1月16日に第4回復興支援シンポジウム「広がれ、つながれ学校の森」


ニッセイ緑の財団は来年(平成28年)1月16日(土)12時30分から東京都千代田区の日本生命日比谷ビル7階大ホールで、第4回復興支援シンポジウム「広がれ、つながれ学校の森」を開催する。全国小中学校10校が発表を行うほか、ESDの第一人者である立教大学の阿部治教授が講演し、分科会を通じて「自主的に学ぶ力」などについて考える。定員200名。参加無料。問い合わせ等は、同財団(TEL:03-3501-9203)へ。


2015年12月4日

家具の国際見本市で「日本の木 ニッポンの家具」をPR


11月25日から27日まで東京ビッグサイトで開催された家具の国際見本市「IFFTインテリアライフスタイルリビング」の会場内に、「日本の木 ニッポンの家具」をテーマにした特設コーナーが初めてつくられた。日本家具産業振興会などが林野庁の補助事業を利用して設営し、17の企業と27名の若手デザイナーが出展した。→詳しくは、「林政ニュース」第522号(12月2日発行)でどうぞ。


「映画のチカラで、日本を元気に。」キャンペーン開始


伊勢神宮の式年遷宮を題材に森と人との共生を描いたドキュメンタリー映画「うみやまあひだ」とフォレスト・サポーターズが連携し、「映画のチカラで、日本を元気に。」キャンペーンがスタートする。12月12日(土)午後4時からは、キックオフ記念のトークショーが「エコプロダクツ2015」(東京ビッグサイト)の会場内で行われる。問い合わせ等は、事務局(TEL:03-6268-8328)へ。映画「うみやまあひだ」については、こちらを参照。


2015年12月3日

「フルボ酸」量産化技術に農林水産技術会議会長賞


農林水産省と農林水産・食品産業技術振興協会が実施している平成27年度(第16回)民間部門農林水産研究開発功績者表彰の授賞式が11月18日に東京ビッグサイトで行われ、森林・林業分野では初めて、国土防災技術(株)の田中賢司・森千夏両氏による「森林資源を利用したフルボ酸量産化技術の開発」(「林政ニュース第522号参照)が農林水産技術会議会長賞(民間企業部門)を受賞した。


2015年12月2日

ゴーグ首席領事を招き白神山地・西目屋村シンポ開催


青森県西目屋村と東北森林管理局などは10月21日に、世界自然遺産に指定されている白神山地と周辺地域における地域振興や観光推進を目的として、在札幌米国総領事館のジョエレン・ゴーグ首席領事を招き「白神山地・西目屋村シンポジウム」を開催、女性目線で今後の取り組み方向を考えた。


2015年12月1日

今年度の全国林業経営推奨行事賞状伝達贈呈式を実施


今年度(平成27年度)の「第54回農林水産祭参加 全国林業経営推奨行事賞状伝達贈呈式」が11月20日に東京都港区の石垣記念ホールで開催された。秋篠宮殿下ご臨席のもと、計32名の受賞者に賞状が贈られた。最優秀の農林水産大臣賞は、次の8名(2組合含む)が受賞した。

山本一雄(青森県三戸郡田子町)
美和木材協同組合(茨城県常陸大宮市)
神山義一(栃木県鹿沼市)
後藤齊(愛知県北設楽郡設楽町)
生栖生産森林組合(兵庫県宍粟市)
永田晶三(奈良県吉野郡下市町)
薮田昌男(鳥取県八頭郡若桜町)
羽田誠次(熊本県阿蘇郡南阿蘇村)


2015年11月27日

12月4~6日に「漆サミット2015」を開催


森林総合研究所は12月4日から6日にかけて、明治大学リバティタワーと日光東照宮で「漆サミット2015」を開催する。 「文化財建造物への国産漆100%利用に向けて」(「林政ニュース」第504号参照)をテーマに、シンポジウムや創作体験、現地見学などを行う。→詳しくは、こちらを参照。


「エコプロダクツ2015」で「活かして使おう国産材」フェア


全国木材組合連合会は12月10日(木)から12日(土)まで東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2015」の中で、「活かして使おう国産材」をテーマにしたフェアを行う。木の遊び場(木育スペース)をつくって木材の温かみなどを実感してもらうほか、木材表示制度や合法木材の意義をアピールする。→詳しくは、こちらを参照。


2015年11月26日

MATAGIプロジェクトがレザーサーカス事業展開


シカやイノシシなどの獣皮利用を進めているMATAGIプロジェクト(「林政ニュース」第506号参照)は、11月5日に東京都内で「MATAGI×ものづくり事業・中間発表」を行った。今年度の経済産業省補助事業を活用して、新たに「レザーサーカス事業」を展開し、新ブランドや新商品などのPRを進めて方針を明らかにした。→詳しくは、「林政ニュース」第521号(11月18日発行)でどうぞ。


12月1日に“ふじのくに”森林認証シンポジウムを開催


静岡県は12月1日(火)午後1時30分から、静岡市のあざれあ大ホールで「“ふじのくに”森林認証シンポジウム」を開催する。「広げよう 世界水準の森林管理」をテーマに、井上雅文・東京大学アジア生物資源環境研究センター准教授の基調講演や、FSC、SGEC、PEFCの概要説明やパネルディスカッションが予定されている。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2015年11月25日

第3回「合板の日」式典で森林総研を林野庁長官表彰


第3回「合板の日」記念式典が11月6日に東京都江東区の新木場タワーで開催され、林野庁長官表彰は森林総合研究所が受賞した。国産材を活用した針葉樹構造用合板の開発や、ホルムアルデヒド問題への対応などが評価された。→詳しくは、「林政ニュース」第521号(11月18日発行)でどうぞ。


11月27日に第1回全国森林(モリ)ノミクスサミット in 山形


山形県は11月27日(金)午後1時から山形県のメトロポリタン山形で「第1回全国森林(モリ)ノミクスサミット in 山形」を開催する。中島浩一郎・銘建工業(株)社長が基調講演をした後、オーストリア大使館商務部のルイジ・フィノキアーロ上席商務官や林野庁の沖修司次長らとともに、森林資源を活かした地域創生の方向性について考える。定員200人。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2015年11月24日

来年1~2月に「奈良の木の匠養成塾」開催


奈良県は来年(平成28年)1~2月に「奈良の木の匠養成塾」を開催する。工務店の営業担当者や設計士、デザイナー、学生らを対象に、「奈良の木」の特長・魅力に関する講義や、製材加工施設・モデルハウスなどの現地見学を行う。日程と定員は次のとおり。【第1回】1月16日(土)・60名、【第2回】1月30日(土)・40名、【第3回】2月6日(土)・定員60名、【第4回】2月13日(土)・40名。受講無料。申し込み締め切りは1月8日(金)。詳しくは、こちらを参照。


2015年11月20日

日本自然保育学会が11月28日に設立記念シンポジウム


11月1日に発足した日本自然保育学会が11月28日(土)午前10時から東京大学本郷キャンパスの教育学部棟156教室で設立記念シンポジウムを開く。小林成親(NPO法人山の遊び舎はらぺこ)、竹内延彦(長野県県民文化部次世代サポート課)、碓井幸子(清泉女学院短期大学)の各氏が報告を行い、「自然保育」の未来について考える。詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー