イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2016年6月2日

「林業遺産」に福井県の研磨炭と熊川葛を選定


日本森林学会は、新たな「林業遺産」として、「若狭地域に継承された研磨炭の製炭技術」と、「若狭地域の里山における熊川葛の生産技術」を新たに選定した。研磨炭は、漆器の表面研磨や光学レンズなどの工業用研磨にも使用されてきた希少な木炭生産技術。熊川葛は、江戸時代から京料理や薬などに珍重され、その生産技術などを現代に残していることが評価された。今回の選定で林業遺産は計16件となった。詳しくは、こちらを参照。


2016年6月1日

第2回日本伐木チャンピオンシップで前田智広氏が連覇達成


第2回日本伐木チャンピオンシップ(JLC)が5月21・22日に青森市のモヤヒルズで開催され、一昨年の第1回大会(「林政ニュース」第485号参照)を上回る31選手が出場。前田智広氏((有)前田林業、青森県)が1,537点の最高得点を獲得して連覇を果たした。次号「林政ニュース」(第534号、6月8日発行)でお伝えします。


森林計画学会が6月9日に50周年記念シンポジウム


森林計画学会は、6月9日(木)午後1時30分から東京大学農学部弥生講堂で50周年記念シンポジウムを開催する。「高度情報化社会ならびに国産材時代における森林計画学会の課題と展望 ~森林計画学会の「これまで」と「これから」~」をテーマに、産・官・学の関係者が意見交換をする。参加費無料、事前申し込み不要。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月30日

6月30日にFSCジャパンセミナー「企業の責任調達」を開催


FSCジャパンは6月30日(木)午後1時から、東京都渋谷区の東京ウィメンズプラザでセミナー「企業の責任調達 ─FSC認証が選ばれる理由─」を開催する。東梅貞義・WWFジャパン自然保護室長が基調講演を行った後、イオン(株)の椛島裕美枝氏、花王(株)の田中秀輝氏、スターバックスコーヒージャパン(株)の中野晋氏、ミニストップ(株)の岡村幸代氏が事例報告をする。参加費無料。定員150名(定員に達し次第受け付け終了)。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月27日

日本森林林業振興会が「森林・林業・木材産業の今後の方向を探る」シンポ開催


日本森林林業振興会は、6月16日(木)午後1時から東京都文京区本郷の文京区民センターで、同会設立70周年記念講演会「森林・林業・木材産業の今後の方向を探る」を開催する。国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問の末吉竹二郎氏が「ポスト・パリ協定の読み方」について、森林総合研究所理事長の沢田治雄氏が「2050年の森へのイノベーション」、日本CLT協会会長の中島浩一郎氏が「CLTの現状と今後の展望」についてそれぞれ講演する。参加費無料。定員200名。問い合わせなどは、こちらを参照。


2016年5月26日

第15回「聞き書き甲子園」への参加高校生を募集中


聞き書き甲子園実行委員会は、第15回「聞き書き甲子園」に参加する高校生を募集している。対象は、高等学校(定時制や通信制などを含む)に在籍する生徒100名。募集期間は、7月1日(金)まで。7月下旬に参加者を決定し、事前研修を経て、9月から12月の間に名人・名手を訪ねる。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月25日

6月10日に紙パルプ会館で「平成28年度JOPPセミナー」開催


海外産業植林センターは6月10日(金)午後1時30分から、東京都中央区の紙パルプ会館「平成28年度JOPPセミナー」を開催する。遺伝子組換え樹木開発や日本製紙連合会の木材デューディリジェンスマニュアル、木材セルロースナノファイバーの可能性などについて報告と講演が行われる。参加費無料。定員70名。申し込み締め切りは、6月6日(月)。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月23日

林業PR短編映画「林こずえの業」を6月19日に美馬市で無料上映


徳島県が林業の魅力をPRするために製作した短編映画「林こずえの業」が、撮影の舞台となった美馬市の脇町劇場オデオン座で6月19日(日)午後1時から無料で上映される(事前申し込みが必要)。「林こずえの業」は、林業に従事する若い女性(林こずえ)の日常を追いながら、三好地域の雄大な自然を描くとともに、ファンタジー色も加えたショートムービー(上映時間は33分)。→詳しくは、こちらを参照。


6月~7月に「奈良の木の匠養成塾」を4回開催


奈良県は、6月から7月にかけて「奈良の木の匠養成塾」を計4回開催する。工務店の営業担当者や設計士、大工、デザイナーなどに「奈良の木」の魅力を知ってもらうため、講義や製材工場などの現地見学を行うほか、桜設計集団代表の安井昇氏と鵤工舎の小川三夫氏による特別講演も予定されている。参加費無料(事前申し込み制)。日程など詳しくは、こちらを参照。


2016年5月20日

6月30日まで「山地災害防止キャンペーン」を実施


林野庁は5月20日(金)から6月30日(木)まで、今年度(平成28年度)の山地災害防止キャンペーンを実施する。標語は、「養おう 山の異変に 気づく目を」。全国各地で、危険箇所の周知や山地防災パトロールなどを行う。


2016年5月18日

三浦雄一郎氏とともに高尾山で「山の日」記念登山&講演会


「山の日」記念行事実行委員会は、7月19日(火)に東京都八王子市の高尾山で、プロスキーヤーの三浦雄一郎氏を招き、「山の日」制定を記念した登山と講演会を開催する。8時40分に集合して登山を行った後、12時30分から高尾山薬王院大本坊で講演会を実施する。5月31日(火)まで参加者を募集中。募集人数と参加費は、記念登山&講演会が40名・3,000円(昼食代(精進料理)・写真代含む)、講演会のみが80名・2,800円(昼食代(同)含む)。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月17日

みどりの感謝祭式典に眞子さまが名誉総裁としてご臨席


第26回森と花の祭典 みどりの感謝祭式典が、5月14日に東京都千代田区のイイノホールで開催された。名誉総裁として眞子内親王殿下がご臨席になり、おことばを述べられた。式典では、みどりの文化賞を受賞したC.W.ニコル氏、岩手県葛巻町が表彰され、平成29年全国植樹祭開催地である富山県の代表として魚津花とみどりの少年団らに、苗木と花の特別贈呈が行われた。隣接する日比谷公園では14・15日に「みどりとふれあうフェスティバル」が開催された。


5月31日に「森林・林業の研究―現場をダイバーシティネットワークでつなげる」開催


日本森林学会は5月31日(火)午後1時30分から、東京都千代田区の日林協会館大会議室で「森林・林業の研究―現場をダイバーシティネットワークでつなげる」を開催する。吉田尚樹(東京チェンソーズ)、宗岡寛子(森林総合研究所)、松田・セルジオ・セイチ(天竜森林組合)、杉山沙織(林業女子会@東京)の各氏がパネリストとなって、現場と研究の連携のあり方について考える。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月13日

中島工務店の新木場モデルハウスでスタッフを募集


(株)中島工務店東京支店(本社=岐阜県中津川市)は、東京都江東区新木場のモデルハウス(「林政ニュース」第491号第526号参照)の案内やワークショップ、イベント準備のパートタイマー及び現場管理、設計担当の社員を募集している。家づくりを通して、都市と山村を繋ぐ役割に魅力を感じる人や、ものづくり、建築に興味のある方を求めている。採用予定は各職種1~2名。募集期間は5月26日(木)まで。問い合わせなど詳しくは、こちらを参照。


2016年5月12日

日本CLT協会が5月30日に「技術報告会2016」開催


日本CLT協会は5月30日(月)午後2時から東京都台東区のヒューリックホール&ヒューリックカンファレンスで「技術報告会2016」を行う。工学院大学教授の河合直人氏が「CLTにおける構造実験と工法の特徴」について基調講演した後、ワーキンググループの事業成果を報告する。定員350名。参加費(1人当たり)は、CLT協会会員が2,000円、一般が5,000円、懇親会費は5,000円。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー