イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2016年5月20日

6月30日まで「山地災害防止キャンペーン」を実施


林野庁は5月20日(金)から6月30日(木)まで、今年度(平成28年度)の山地災害防止キャンペーンを実施する。標語は、「養おう 山の異変に 気づく目を」。全国各地で、危険箇所の周知や山地防災パトロールなどを行う。


2016年5月18日

三浦雄一郎氏とともに高尾山で「山の日」記念登山&講演会


「山の日」記念行事実行委員会は、7月19日(火)に東京都八王子市の高尾山で、プロスキーヤーの三浦雄一郎氏を招き、「山の日」制定を記念した登山と講演会を開催する。8時40分に集合して登山を行った後、12時30分から高尾山薬王院大本坊で講演会を実施する。5月31日(火)まで参加者を募集中。募集人数と参加費は、記念登山&講演会が40名・3,000円(昼食代(精進料理)・写真代含む)、講演会のみが80名・2,800円(昼食代(同)含む)。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月17日

みどりの感謝祭式典に眞子さまが名誉総裁としてご臨席


第26回森と花の祭典 みどりの感謝祭式典が、5月14日に東京都千代田区のイイノホールで開催された。名誉総裁として眞子内親王殿下がご臨席になり、おことばを述べられた。式典では、みどりの文化賞を受賞したC.W.ニコル氏、岩手県葛巻町が表彰され、平成29年全国植樹祭開催地である富山県の代表として魚津花とみどりの少年団らに、苗木と花の特別贈呈が行われた。隣接する日比谷公園では14・15日に「みどりとふれあうフェスティバル」が開催された。


5月31日に「森林・林業の研究―現場をダイバーシティネットワークでつなげる」開催


日本森林学会は5月31日(火)午後1時30分から、東京都千代田区の日林協会館大会議室で「森林・林業の研究―現場をダイバーシティネットワークでつなげる」を開催する。吉田尚樹(東京チェンソーズ)、宗岡寛子(森林総合研究所)、松田・セルジオ・セイチ(天竜森林組合)、杉山沙織(林業女子会@東京)の各氏がパネリストとなって、現場と研究の連携のあり方について考える。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月13日

中島工務店の新木場モデルハウスでスタッフを募集


(株)中島工務店東京支店(本社=岐阜県中津川市)は、東京都江東区新木場のモデルハウス(「林政ニュース」第491号第526号参照)の案内やワークショップ、イベント準備のパートタイマー及び現場管理、設計担当の社員を募集している。家づくりを通して、都市と山村を繋ぐ役割に魅力を感じる人や、ものづくり、建築に興味のある方を求めている。採用予定は各職種1~2名。募集期間は5月26日(木)まで。問い合わせなど詳しくは、こちらを参照。


2016年5月12日

日本CLT協会が5月30日に「技術報告会2016」開催


日本CLT協会は5月30日(月)午後2時から東京都台東区のヒューリックホール&ヒューリックカンファレンスで「技術報告会2016」を行う。工学院大学教授の河合直人氏が「CLTにおける構造実験と工法の特徴」について基調講演した後、ワーキンググループの事業成果を報告する。定員350名。参加費(1人当たり)は、CLT協会会員が2,000円、一般が5,000円、懇親会費は5,000円。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月11日

5月22日に小田原で「緑の祭典」、花粉症対策苗木を植樹


5月22日(「かながわの森へ行こう!の日」)に、小田原市荻窪(辻村植物公園隣接地)で「緑の祭典“かながわ未来の森づくり”2016」が開催される。花粉症対策品種のスギやヒノキの苗木を植え付けるほか、丸太切り体験などが行われる。小田原駅西口から会場までは、シャトルバスが巡回する。定員400名(定員に達した場合は抽選)。申し込み期限は5月13日(金)。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月10日

第28回森林レクリエーション地域美化活動コンクールの表彰団体が決定


全国森林レクリエーション協会は、第28回森林レクリエーション地域美化活動コンクールの表彰団体を4月19日に発表した。表彰式は、6月3日(金)に東京都文京区の林野会館で行われる。
・農林水産大臣賞
NPO法人登別自然活動支援組織モモンガくらぶ(理事長=松原篠一、北海道登別市)
・林野庁長官賞
NPO法人藻岩山きのこ観察会(理事長=中田洋子、北海道札幌市)
兵庫県立国見の森公園活動スタッフ会(会長=坂本昌靖、兵庫県宍粟市)
・全国森林レクリエーション協会会長賞
もおか環境パートナーシップ会議(会長=吉川博、栃木県真岡市)
山志の会(会長=板羽勝、新潟県胎内市)
西尾市立八ツ面小学校(校長=村田義之、愛知県西尾市)
故郷を美しくする会(会長=山川治雄、三重県尾鷲市)
白髪岳を守る山の会(会長=上渕七郎、熊本県あさぎり町)
・奨励賞
秋田林友会 秋田・和田支部(会長=伊藤広一、秋田県秋田市)
OKIグループ(沖電気工業(株)、代表取締役社長=川崎秀一、東京都港区)
まちなか里山公園づくりの会(会長=山元広隆、石川県七尾市)
平湯巨樹・巨木保全協議会(会長=村山昌夫、岐阜県高山市)
NPO法人里山再生クラブ(理事長=堀守夫、静岡県菊川市)
香川県勤労者山岳連盟(会長=阿部哲也、香川県高松市)


2016年5月9日

C・W・ニコル氏と岩手県葛巻町が「みどりの文化賞」受賞


第26回(平成28年)「みどりの文化賞」の受賞者がC・W・ニコル氏(75歳)と岩手県葛巻町に決まった。表彰式は、5月14日(土)に東京都千代田区のイイノホールで開催される「みどりの感謝祭」の式典の中で行われる。感謝祭の名誉総裁は初めて眞子内親王殿下がつとめる。→詳しくは、こちらを参照。


6月7日にSGECが「国際化へ向けたフォーラム」を開催


SGECとPEFCアジアプロモーションズは、6月7日(火)午後1時30分から東京大学弥生講堂で「森林認証の更なる発展と国際化へ向けたフォーラム2016」を開催する。5月末にも相互承認(「林政ニュース」第497号参照)の手続きが完了する見通しとなっており、PEFC評議会のベン・ガニバーグCEOと英国PEFCのアラン・ワトキンス専務理事が来日して、SGECへの期待などを述べる。→詳しくは、こちらを参照。


2016年5月6日

平成28年春の勲章及び褒章受章者が決まる


今年(平成28年)春の勲章及び褒章受章者が発表された。林野庁関係の受章者は、下記のとおり。伝達式は、勲章が5月13日(金)、褒章が17日(火)に、農林水産省7階講堂で行われる。

◎勲章受章者
・旭日小綬章
黄瀬稔(70歳、三重県木材組合連合会会長)
齋藤敏(81歳、元日本集成材工業協同組合理事長)
・旭日単光章
我満嘉明(77歳、札幌市森林組合代表理事組合長)
・瑞宝小綬章
阿木茂(71歳、元森林技術総合研修所長)
磯部孝雄(71歳、元北見営林支局長)
田上之弘(71歳、元北海道森林管理局次長)
・瑞宝単光章
中村由之(80歳、元滋賀県森林保全巡視指導員)
西口覚(56歳、北但東森林組合作業班長)

◎褒章受章者
・黄綬褒章
中本清治(76歳、滋賀県、農林業)
比賀守(66歳、京都府、林業)
大地庸元(66歳、大阪府、(株)大五社長)
春名善樹(71歳、兵庫県、林業)
比松秀勝(69歳、徳島県、比松木材産業(有)代表取締役)


2016年4月28日

農林中金が第3回「森力基金」の助成先を募集


農林中央金庫は、3回目となる「公益信託農林中金森林再生基金(農中森力基金)」の助成先を募集する。国内の荒廃した民有林を再生し、森林の公益性を持続的に発揮させる活動を支援する。対象者は営利を目的としない法人で、活動を運営できる能力や知見を持つ団体。1件当たりの助成限度額は3,000万円。募集期間は5月2日(月)から6月30日(木)まで。来年(平成29年)2月に助成先を決定する。申し込み方法など詳しくは、こちらを参照。


2016年4月27日

5月3~5日に赤坂で「木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees」


5月3日(火)から5日(木)までの3日間、東京・赤坂のアーク・カラヤン広場で、「木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees」が開催される。親子で木のおもちゃに触れ合うプレイエリアや、自分だけのアイテムを作れるワークショップ、シカ肉を使ったジビエBBQなど、体験型のイベントを都心で行う。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2016年4月26日

5月21日に大阪で「国産材2.0」マーケティングセミナー開催


(株)古川ちいきの総合研究所は、「国産材2.0~日本の森と暮らしをプレミアム化するマーケティングセミナー~」を5月21日(土)午後2時から、大阪市淀川区西中島のレンタルスペースMonacoで開催する。同社代表取締役の古川大輔氏やゲストが講演し、午後6時からの懇親会では、森をテーマにしたカクテルなどを提供する「林業BAR」も開店する。セミナー参加費は1万円、懇親会は5,000円。定員35名(先着順)。申し込み期限は5月13日(金)。詳しくは、こちらを参照。


2016年4月25日

ニッセイ緑の財団が4月29日に宮城県利府町で「ふれあい森林教室」


ニッセイ緑の財団は4月29日(金)午前10時から、宮城県利府町で「ふれあい森林教室」を開催する。同県内の未就学児童と保護者ら約90人を対象に、自然観察やクラフトづくりなどを行うほか、新たな取り組みとして「(大人向け)指導者育成プログラム」も実施する。ニッセイ緑の財団の森林教室は、昨年度、「第9回キッズデザイン賞」を受賞している(「林政ニュース」第525号参照)。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー