イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2017年9月8日

豊田市が森林・林業の専門職員を募集中、来年4月採用


豊田市は、森林・林業に関する実務経験者を募集している。来年(平成30年)4月に社会人枠(行政職・事務B)として1名程度を採用する。応募資格は、昭和57年4月2日から平成2年4月1日までに生まれた人で、(1)大学または大学院で林学系の学部学科を卒業した人か、(2)民間企業等で森林・林業に関する実務経験(企画立案、指導等)が5年以上ある人。応募期間は9月18日(月・祝)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月7日

林業経済研究所が9月30日に創立70周年記念シンポジウム


林業経済研究所は、9月30日(土)に東京都文京区の東京大学弥生講堂一条ホールで創立70周年記念シンポジウム「国土・社会・森林~国土管理における人と森林の関係を問う~」を開催する(国土緑化推進機構との共催)。筑波大学の加藤衛拡氏、東京大学の古井戸宏通氏、北海学園大学の早尻正宏氏が、治山治水事業や保安林制度、国土管理などをテーマに報告し、東京大学の佐藤仁氏が加わってパネルディスカッションを行う。終了後には、記念祝賀会を予定している(会費5,000円)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月6日

9月10日に豊田市中央図書館で「ウッディーラー豊田 地域材利用セミナー」


豊田市は、9月10日(日)午後2時から同市中央図書館(6階多目的ホール)で「ウッディーラー豊田 地域材利用セミナー」を開催する(愛知県との共催)。古川ちいきの総合研究所代表取締役の古川大輔氏とウッディーラー豊田会長で木材コーディネーターの樋口真明氏が講師となり、地域材のブランド化事例の紹介やワークショップなどを行う。定員70人。参加費無料(事前申し込み制)。詳しくは、こちらを参照。


2017年9月4日

9月9日から構造家・増田一眞氏の展覧会「木組みの大空間」


構造家・増田一眞氏の展覧会「木組みの大空間」が9月9日(土)から10月21日(土)まで東京都港区のGallery TENで開催される。大洲城天守などの構造設計を手がけ、ものづくり日本大賞など多くの受賞歴がある増田氏の「作品」や「挑戦」を展示する。入場無料。日曜日は休館。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月1日

10月21日に第42回全国育樹祭開催1年前キックオフフォーラム


東京都は、10月21日(土)午後1時30分から東京都江東区の木材会館で、第42回全国育樹祭開催1年前キックオフフォーラム「国民参加の森林づくり」シンポジウムを開催する。編集者・評論家の山田五郎氏が基調講演を行う。定員200名。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年8月31日

9月30日から国立科学博物館筑波実験植物園で「きのこ展」


茨城県つくば市の国立科学博物館筑波実験植物園で、9月30日(土)から10月9日(月・祝)まで「きのこ展 ─あの『物語』のきのこたち」が開催される。園内の見学や、セミナー「菌類文学入門」、ギャラリートーク、きのこ画コンテストなどが予定されている。入場料は一般310円、高校生以下と65歳以上は無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年8月30日

10月27日に鹿児島大学でシンポジウム「大規模木造施設へのCLT利用の課題と展望」


超高層ビルに木材を使用する研究会は、10月27日(金)午後2時から鹿児島大学(稲盛会館キミ&ケサメモリアルホール)でTシンポジウム「大規模木造施設へのCLT利用の課題と展望」を開催する。鹿児島大学工学部建築学科の鷹野敦准教授が「ヨーロッパを中心とした木造建築の潮流」、同大学工学部建築学科の塩屋晋一教授が「鉄筋集成材SAMURAIによる山佐木材CLT工場棟の設計と建設」について講演した後、パネルディスカッションを行う。参加費無料。定員150名。翌28日(土)には、山佐木材新工場の見学会(参加費1,000円)も予定されている。→詳しくは、こちらを参照。


2017年8月29日

三重県津市で10月31日に「森林整備技術シンポジウム」


森林研究・整備機構森林整備センターは、10月31日(火)午後1時から三重県津市の三重県総合文化センターでシンポジウム「森林を育み森林を活かす森林整備技術」を開催する。次の4氏が講演する。松村直人・三重大学生物資源学部教授、島田博匡・三重県林業研究所主幹研究員、諏訪錬平・森林総合研究所関西支所主任研究員、佐々木誠・森林整備センター津水源林整備事務所長。入場無料(事前申し込み不要)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年8月28日

京都木材会館が今年度の木材利用優良施設大臣賞を受賞


7月31日に今年度(平成29年度)の木材利用優良施設表彰式が行われた。農林水産大臣賞には、2時間耐火性能の柱を使った木造4階建ての京都木材会館(京都府)が選ばれた。このほか、次の各施設が入賞した。
・林野庁長官賞
訓子府町幼保連携型認定こども園「わくわく園」(北海道)
羽黒高等学校新校舎棟(山形県)
池上線戸越銀座駅(東京都品川区)
・木材利用推進中央協議会会長賞
特別養護老人ホームすみた荘(岩手県)
ねばねの里「なごみ」(長野県)
五條市上野公園総合体育館「シダーアリーナ」(奈良県)
福岡女子大学図書館棟(福岡県)


2017年8月25日

農林漁業+商工業プロジェクト第1弾「福島フェア」開催


全国森林組合連合会、全国農業協同組合中央会(JA全中)、全国漁業協同組合連合会、全国商工会連合会、日本商工会議所の5団体は、5月19日に締結した連携協定(「林政ニュース」第558号参照)に基づく取り組みの第1弾として、「まるごと福島フェア」を8月8日に東京のJAビルで開催した。福島県産の野菜や水産加工品などとともに、県産材を使った積み木などを展示し、割り箸の無料配布も行った。


2017年8月24日

10月31日に「森林保険制度創設80周年記念シンポジウム」


森林研究・整備機構森林保険センターは10月31日(火)午前10時から、森林保険制度の創設80周年を記念するシンポジウムを東京都千代田区の学士会館で開催する。功績者の表彰や興梠克久・筑波大学准教授による基調講演、「森林・林業経営におけるリスク管理」をテーマにしたパネルディスカッションなどを行う。→詳しくは、こちらを参照。


2017年8月23日

第11回「トップセミナー」で5森林組合が成果を発表


全国森林組合連合会は、7月27・28日に東京都内で11回目となる「森林組合トップセミナー・森林再生基金事業発表会」を開催した。白神・くま中央・金山町・那須南・北都留の5森林組合が、放置林解消のための境界明確化やホイール型搬出機械を使った低コスト林業など最新の取組成果を報告した。


2017年8月21日

9月15日に実務者向け「集成材等建築物設計セミナー」


日本集成材工業協同組合は、9月15日(金)午前11時から東京都江東区新木場の木材会館(7階ホール)で「集成材等建築物設計セミナー」を開催する。講師は、森林総合研究所複合材料研究領域集成加工担当チーム長の宮武敦氏、山田憲明構造設計事務所代表の山田憲明氏、桜設計集団一級建築士事務所代表の安井昇氏、日建設計常務執行役員の山梨知彦氏。定員150名。参加費1,000円(資料代等)。→詳しくは、こちらを参照。


平成29年度木材コーディネート基礎講座の受講生を募集中


NPO法人サウンドウッズは、「平成29年度木材コーディネート基礎講座」の受講生を募集している。木材・住宅分野の実務者を対象にした半年間の講座で、大阪教室で座学やグループワーク、丹波教室で森林調査や製材実習を行う。定員20名。受講料は、9万3,000円。→詳しくは、こちらを参照。


2017年8月18日

「世界竹の日」イベントを日本で初開催、9月18日に京都で


竹文化振興財団と竹文化振興協会は、9月18日(月・祝)午後1時から京都市勧業館「みやこめっせ」で「世界竹の日」の記念行事として「竹林ボランティアの情報交換会」(JBS世界竹の日2017)を開催する。平成21年の第8回世界竹会議(バンコク)で制定された世界竹の日(World Bamboo Day:WBD、毎年9月18日)の関連イベントが日本で実施されるのは初めて。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー