イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2017年6月7日

林業遺産に屋久島の森林軌道跡など8件


日本森林学会は、平成28年度の「林業遺産」選定結果を5月23日に発表した。今回は全国から14件の応募があり、次の8件を選んだ。
・伊豆半島の森林史に関する資料
・小石原の行者杉
・屋久島の林業集落跡及び森林軌道跡
・蒸気機関車「雨宮21号」と武利意・上丸瀬布森林鉄道遺構群
・初代保護林 白髪山天然ヒノキ林木遺伝資源保存林
・木曽式伐木運材図会
・足尾における治山事業による緑の復元
・吉野林業
→詳しくは、こちらを参照。


2017年6月5日

「グリーンウェイブ2017」の活動登録状況を中間発表


農林水産省などは、3月1日から6月15日まで実施している国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」への参加と協力を呼びかけている。「グリーンウェイブ」に植樹などの活動を登録することで、生物多様性に関する理解を社会に広げていくことが目的。4月末までに登録があったイベントは、ホームページで一覧できる。→詳しくは、こちらを参照。


2017年6月2日

林野庁と経産省が「森林づくり・木づかいプラットホーム」を開催


林野庁は経済産業省と共催で、「森林づくり・木づかいプラットホーム~非住宅分野における国産材の利活用に向けて~」を6月9日(金)午後1時30分から東京都千代田区の農林水産省7階講堂で開催する。国産無垢材を使った店舗や事務所の建築、内装木質化などの講演、事例紹介などが行われる。参加費無料。定員は200名(先着順)。申し込み締め切りは、6月5日(月)午後5時。詳しくは、こちらを参照。


2017年6月1日

6月29日にセミナー「木の現わし使用を『主流』にしよう!」


木のいえ一番振興協会は、6月29日(木)午後1時から東京都渋谷区の風來講堂でセミナー「木の現わし使用を『主流』にしよう!」を開催する。同協会の二木浩三会長のほか、若杉浩一・(株)内田洋行シニアディレクター、藤原徹平・フジワラテッペイアーキテクツラボ主宰、矢田茂樹・横浜国立大学名誉教授がそれぞれ講演する。参加費無料。来場者全員に同協会が作成した『木材現わしハンドブック』をプレゼントする。→詳しくは、こちらを参照。


2017年5月31日

第3回「ウッドデザイン賞」の募集が6月20日にスタート


3回目となる「ウッドデザイン賞2017」の候補作品の受け付けが6月20日(火)に始まる。今回も①ライフスタイル、②ハートフル、③ソーシャルの3つのデザイン部門を設け、消費者目線から木の良さや価値を伝えられる製品や取り組みを表彰する。審査費用は無料。応募受け付けは7月28日(金)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2017年5月30日

第16回「聞き書き甲子園」開催、参加高校生を募集中


聞き書き甲子園実行委員会は、第16回「聞き書き甲子園」に参加する高校生を募集している。対象は、高等学校(定時制や通信制などを含む)に在籍する生徒100名。募集期間は6月30日(金)まで。参加費無料。7月下旬に参加者を決定し、事前研修を経て、9月から12月の間に名人・名手を訪ねる。→詳しくは、こちらを参照。


2017年5月29日

炭の木植え隊が7月にラオスで植林ツアー、参加者募集


昨年発足したNPO法人「炭の木植え隊」(「林政ニュース」第543号参照)は、7月5日(水)から9日まで、ラオスを訪ねる植林ツアーを実施する。ヴィエンチァンで植樹やセミナー、見学会などを行うことにしており、参加者を募集している。ツアー代金は17万7,000円。最少催行人員は10名。申し込み締め切りは、6月5日(月)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年5月26日

6月9日に今年度(平成29年度)のJOPPセミナーを開催


海外産業植林センター(JOPP)は、6月9日午後1時30分から東京都中央区の紙パルプ会館(3階)で今年度(平成29年度)のJOPPセミナーを開催する。JOPP専務理事の大渕弘行氏が「海外における遺伝子組換え樹木植林実態調査」、筑波大学名誉教授の餅田治之氏が「海外植林事業の新たな経営手法の開発調査」について報告し、日本木材総合情報センター海外調査部長の趙川氏が「日本の木材輸出の取り組みについて」をテーマに講演する。参加費無料。定員70名。→詳しくは、こちらを参照。


2017年5月25日

長野市のビッグハットで「国際ウッドフェア2017」が開幕、26日まで


オーストリア大使館商務部と長野県が特別協力して初めて開催される「国際ウッドフェア2017」が5月24日(水)に長野市のビッグハットで始まった。国内外から93の企業・団体が参加し、次世代林業の実現に向けた展示やセミナーなどを実施。26日(金)までの会期中に、約1万人の来場を見込んでいる。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年5月24日

平成29年度「農中森力基金」の助成対象事業を募集中


農林中央金庫は、4回目となる平成29年度「森林再生基金(農中森力(もりぢから)基金)」の助成対象事業を6月30日(金)まで募集している。助成対象者は、森林組合や特定非営利活動法人、社団・財団など。助成総額は2億円、1件当たりの助成限度額は3,000万円。→詳しくは、こちらを参照。


2017年5月23日

秋篠宮両殿下を迎えて「第27回みどりの感謝祭」を開催


秋篠宮両殿下ご臨席のもと、第27回森と花の祭典「みどりの感謝祭」式典が、5月13日に東京都千代田区のイイノホールで開催された。山本有二農林水産大臣が主催者を代表して挨拶し、名誉総裁である秋篠宮殿下がお言葉を述べられた後、みどりの文化賞の顕彰や、山火事予防ポスター用原画入賞作品の表彰などが行われた。


2017年5月22日

5月27・28日に代々木公園で「ラオスフェスティバル」、炭の木植え隊も出店


5月27日(土)から28日(日)にかけて、東京の代々木公園イベント広場で「ラオスフェスティバル2017」が行われる。昨年発足したNPO法人「炭の木植え隊」(「林政ニュース」第543号参照)がラオス木炭を使った焼き鳥を販売するほか、様々な参加型イベントや写真展、ラオス語講座などが開かれる。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年5月19日

森林レク美化活動コンクールの大臣賞に大平山南山麓友の会


第29回森林レクリエーション地域美化活動コンクール(全国森林レクリエーション協会主催)の結果が4月25日に発表された。農林水産大臣賞には、特定非営利活動法人大平山南山麓友の会(栃木県栃木市)、林野庁長官賞には、雪入山友の会(茨城県かすみがうら市)と静岡県立大学環境サークルCO-COが選ばれた。詳しくは、こちらを参照。


2017年5月18日

「インフラ大賞」にオイスカと北海道魚道研究会


政府は、第1回「インフラメンテナンス大賞」(「林政ニュース」第545号続報)の受賞者を決定した。林野庁関係では、宮城県名取市で「海岸林再生プロジェクト10カ年計画」を実施している公益財団法人オイスカが農林水産大臣賞を受賞した。また、NPO法人北海道魚道研究会が優秀賞に選ばれた。→詳しくは、こちらを参照。


「木質バイオマス ビジネスマッチングセミナー」への参加企業を受付中


日本木質バイオマスエネルギー協会は、6月7日(水)から9日(金)まで東京ビッグサイトで行われる「バイオマスエキスポ2017」の中で「木質バイオマス ビジネスマッチングセミナー」を開催する。同協会が展示場内にブースを用意し、企業の製品紹介や営業活動の場として活用できるようにする。通常は1小間(3m×3m)のスペースを確保して3日間のプロモーションを行う場合は50万円程度の費用がかかるが、今回の費用(1日当たり)は同協会の会員は3万円、会員外の企業は6万円で参加できる。5月24日(水)まで参加企業を受け付けている。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー