イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2018年3月20日

平成29年度緑化功労者が決まる


国土緑化推進機構は、3月15日に平成29年度緑化功労者を決定・公表した。表彰式は、6月10日(日)に福島県で開催する第69回全国植樹祭の式典会場で行う。各賞の受賞者は、以下のとおり。
◎農林水産大臣賞
 片山和一良(岩手県)
 齋籐卓夫(福島県)
 百合義男(山口県)
◎国土緑化推進機構会長賞
 佐藤正文(宮城県)
 高藤哲男(栃木県)
 泉一徳(大分県)
◎林野庁長官賞
 田中直喜(青森県)
 桃崎富雄(秋田県)
 佐藤卓男(千葉県)
 清水正盛(山梨県)
 安達卓雄(鳥取県)
 笹田富夫(岡山県)
 山田真裕(徳島県)
◎国土緑化推進機構理事長賞
 有馬権司(北海道)
 廣瀬泰和(茨城県)
 安江兼広(岐阜県)
 渡井正孝(静岡県)
 鈴木勝(愛知県)
 岩本好司(兵庫県)
 宇田征洋(愛媛県)
 平野照実(福岡県)
 川越耐介(宮崎県)


2018年3月16日

富士北麓公園にできる木造屋内練習施設の愛称募集


山梨県は、富士北麓公園内に木造で建設している陸上競技用屋内練習施設(「林政ニュース」第549号参照)の愛称募集を3月15日に始めた。同競技場は、県産材のCLTパネルを壁と天井に使い、130mの直線走路を5レーン備えるほか、走り幅飛びなどの練習もできる。8月から供用開始の予定。愛称募集の締め切りは、4月16日(月)。→詳しくは、こちらを参照。


鹿児島大学が「林業生産専門技術者養成プログラム」の受講生を募集


鹿児島大学農学部は、平成30年度「林業生産専門技術者養成プログラム」の受講生を募集している。対象は、素材生産事業を実施している事業体の班長や監督などの生産管理者とその候補者。定員10名。カリキュラムは、ICTを活用した林業経営と加工流通事情、路網設計と作業システムの選択・評価など5科目120時間。受講期間は6月から11月まで。受講料は4万1,160円(テキスト代など)で、このほかに宿泊や食事の実費(1泊3食で3,000円程度)が必要となる。申し込み期限は4月27日(金)。詳しくは、こちらを参照。


2018年3月14日

6月15日まで「グリーンウェイブ2018」、オフィシャル・パートナー創設


農林水産省、国土交通省、環境省、国連生物多様性の10年日本委員会は、3月1日(木)から6月15日(金)まで、国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2018」を実施する。国内各地でグループや団体に植樹などに取り組むよう呼びかける。今年(平成30年)からは、新たに「グリーンウェイブ」オフィシャル・パートナーを創設し、企業や団体等を任命する。→詳しくは、こちらを参照。


2018年3月13日

ログハウス建築コンテストへの参加作品を募集


日本ログハウス協会は、「平成30年度ログハウス建築コンテスト」への参加作品を募集している。対象となるのは、国内で建設され平成28年4月以降に完成したものや、建築基準法に適合し普及が期待できる技術が適用されているものなど。5つの部門(丸太組構法、小規模ログ、軸組構法等、ヴィンテージ、設計コンペ)で審査する。締め切りは4月18日(水、必着)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年3月12日

3月19・20日に大阪で「第35回全国優良ツキ板展示大会」


全国天然木化粧合単板工業協同組合連合会は、3月19日(月)・20日(火)に大阪市のインテックス大阪で「第35回全国優良ツキ板展示大会」を開催する。式典や表彰式、即売会、ツキイタ×ペチャクチャナイトなどが予定されている。→詳しくは、全天連事務局(TEL:03-6240-0865)へ。


2018年3月9日

3月20日にセミナー「今最も注目されるSDGsと国際森林認証SGEC/PEFC」


PEFCアジアプロモーションズは、3月20日(火)午後1時30分から東京都港区の石垣記念ホールで、セミナー「今最も注目されるSDGsと国際森林認証SGEC/PEFC」を開催する。国連大学サステイナビリティ高等研究所シニアリサーチフェローの蟹江憲史氏が基調講演するほか、事例紹介や意見交換などを行う。定員150名。参加費1,000円(資料代)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年3月8日

第71回全国植樹祭のテーマは「木でつなごう 人と森との 縁の輪」


島根県は、2020(平成32)年春に開催する第71回全国植樹祭の大会テーマを決めた。全国から724点の応募があり、最優秀作品に島根県大田市の吉田隆博さんによる「木でつなごう 人と森との 縁(えにし)の輪」を選んだ。今後の広報活動やPRなどで活用していくことにしている。→詳しくは、こちらを参照。


2018年3月7日

目標・達成の確認を、多面的機能発揮対策セミナー開く


林野庁は、2月14日に東京都内で「森林・山村多面的機能発揮対策普及セミナー」を開催した。同対策の交付金は一昨年6月の行政事業レビューで抜本的な改善または廃止と判定されており、目標設定と達成状況のモニタリングが必須になっていることが確認された。→詳しくは、「林政ニュース」第576号(3月7日発行)でどうぞ。


2018年3月6日

3月20日に「農林水産業イノベーションシンポジウム」開催


農林水産省は、3月20日(火)午後1時30分から同省本館7階講堂で「農林水産業イノベーションシンポジウム」を開催する。京都大学大学院農学研究科助教の木下政人氏が特別講演するほか、「革新的林業機械で支える林業生産」などの事例報告が予定されている。定員500名程度(先着順)。申し込み締め切りは、3月13日(火)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年3月5日

「CLTアイディアコンテスト」で3作品に大臣賞


日本CLT協会は、「CLTアイディアコンテスト2017 設計部門」の表彰式を2月26日に東京都内で行った。CLTを使った6階建て中層マンションをテーマに募集を行ったところ46作品の応募があり、3作品が大臣賞を受賞した。写真は、環境大臣賞に選ばれた「呼吸するマンション」((株)日建ハウジングシステムlid研究所)。→詳しくは、「林政ニュース」第576号(3月7日発行)でどうぞ。


2018年3月2日

福井県で開催する学校の森・子どもサミットへの参加校を募集中


林野庁は、7月30日(月)から31日(火)まで福井県で開催する「平成30年度学校の森・子どもサミット」への参加校と協賛企業及び団体を募集している。7月30日は福井市の県民ホールで発表会、翌31日は美浜町の久々子湖で体験活動を行う。申し込み締め切りは、4月19日(木、必着)。詳しくは、こちらを参照。


3月23日に大阪で「里山広葉樹活用シンポジウム」


近畿中国森林管理局と森林総合研究所関西支所は、3月23日(金)午後1時30分から大阪市の同局大会議室で「里山広葉樹活用シンポジウム」を開催する。「里山広葉樹のバリューチェーンの構築に向けて」をテーマに、川上(森林所有者、素材生産者)、川中(原木市場、製材工場)、川下(家具、内装その他最終製品製造者)の連携強化に向けて、情報と課題の共有化を図る。詳しくは、こちらを参照。


2018年3月1日

3月10日に「第16回聞き書き甲子園フォーラム」開催


16回目となる「聞き書き甲子園フォーラム」が3月10日(土)午後1時20分から東京都新宿区の東京都庁都民ホールで行われる。優秀作品の表彰をはじめ、作家の塩野米松氏とエッセイストの阿川佐和子氏を交えた森・川・海の名人と高校生の対談や、トークセッションなどが予定されている。定員150名(当日12時から会場入口で先着順に受け付し、定員となり次第締め切り)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年2月28日

オーストリア木材展示会開催、日本からの出展企業を募集


8月29日(水)から9月1日(土)までオーストリアのクラーゲンフルト市で開催される「クラーゲンフルター・ホルツメッセ木材展示会2018」で、日本からの出展企業を募集している。同展示会で設置されるジャパンゾーンで、日本の木製品や技術、伝統工芸品、文化などを展示でき、オーストリア大使館商務部、フジサンケイビジネスアイ、フォレストメディアワークスが支援する。申し込み締め切りは、5月31日(木)。詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー