イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2012年11月12日

東京と大阪で米国改訂レーシー法に関する違法伐採対策セミナー


地球・人間環境フォーラムと国際環境NGO FoE Japanは、違法伐採対策セミナー「米国改訂レーシー法と木材業界への影響」を東京と大阪で開催する。米国のフォレスト・リーガリティ・アライアンス(FLA)と連携して、違法伐採対策に関する最新動向を学び、日本の対応策について議論する。東京では、今日(12日(月))午後2時30分から渋谷区の日仏会館ホールで、大阪では14日(水)午後2時から中央区のドーンセンター大会議室で行う。参加費無料。申し込みなど詳しくは、こちらを参照。


2012年11月9日

世界伐木チャンピオンシップ出場の日本人選手による実演会を開催


11月11日(日)と12日(月)に静岡県掛川市で開催される「2012森林・林業・環境機械展示実演会」(主催:静岡県、(社)林業機械化協会)において、今年の世界伐木チャンピオンシップ・ベラルーシ大会に出場した日本人選手(「林政ニュース」第443号参照)によるチェーンソー操作のデモンストレーションが行われる。実演場所は、ハスクバーナ・ゼノア(株)展示ブース内で、3人の日本人選手によるハイレベルなチェーンソー技能を見ることができる。実演の場所や日時など詳しくは、こちらを参照。
★第443号の電子版(PDF)はこちら


2012年11月8日

11月11日に違法伐採対策合法木材についての国際セミナーを開催


社団法人全国木材組合連合会は、11月11日(日)午前10時から横浜市西区のパシフィコ横浜で、違法伐採対策合法証明木材等に関する国際セミナーを開催する。第1部では、違法伐採問題に対する日本の業界の取り組みについて、基調報告や取組報告を予定。続く第2部では、海外の関係者をゲストに迎え、国際的な視点から見た日本の合法性証明とその課題等についてパネルディスカッションを行う。参加申し込みの締め切りは、11月9日(金)。申込方法など詳しくは、こちらを参照。


2012年11月7日

11月14日に広島県で先進林業機械のデモンストレーション


広島県西部森林組合事業推進協議会と(株)自然産業研究所は、11月14日(水)午前9時から広島県安芸太田町で、先進林業機械を使用した間伐作業の検討会を実施する。午前の部では、オーストリア製の高性能搬器による架線集材や林業用のトラクタを使ったウィンチ集材のデモンストレーションを行い、午後の部では、これまでの先進林業機械の導入例など3つの講演が行われる。参加費無料。募集人数は150名。申込締切は11月9日(金)。申込方法など詳しくは、こちらを参照。


2012年11月6日

カタログではわからない操作性を確認、山梨県で試乗会開催


山梨県素材生産事業者協議会(会員50社)は10月13日に、同県鳴沢村で「やまなし高性能林業機械展示・試乗会」を開催した。メーカーによる実演形式ではなく、参加者が林業機械に試乗し、カタログだけではわからない使い勝手などを確認した。→詳しくは、「林政ニュース」(第448号、11月7日発行)でどうぞ。


2012年11月5日

並木瑛夫元全木連会長に旭日中綬章、秋の叙勲・褒章


今年(平成24年)秋の勲章及び褒章受章者が決まった。林野庁関係の受章者は次のとおり。
●勲章受章者 
◎旭日章受章者
・旭日中綬章
 並木瑛夫(79歳・元(社)全国木材組合連合会会長)
・旭日小綬章
 山田喜三郎(70歳・元徳島県木材協同組合連合会理事長)
 和南城純一(79歳・(社)群馬県木材組合連合会会長)
・旭日双光章
 青山喜宥(74歳・元静岡県森林組合連合会代表理事副会長)
 入澤宏(72歳・元鳥取県森林組合連合会代表理事会長)
 岩橋行伸(73歳・和歌山県木材協同組合連合会副会長)
 佐々木良一郎(77歳・元岩手県森林組合連合会代表理事会長)
・旭日単光章
 柴田力(81歳・元茨城県林業種苗協同組合副理事長)
 角田金作(71歳・群馬県山林種苗緑化協同組合副理事長)
◎瑞宝章受章者
・瑞宝中綬章
 太田道士(70歳・元林野庁管理部長)
 林久晴(70歳・元熊本営林局長)
 町田英憲(70歳・元東京営林局長)
・瑞宝小綬章
 木下紀喜(71歳・元北見営林支局長)
 橋本智(71歳・元函館営林支局長)
・瑞宝単光章
 杉本喜六(81歳・滋賀県県営林管理員)
 山田茂登(76歳・福岡県県営林看守人)
●褒章受章者
◎黄綬褒章受章者
 佐藤孝之(69歳・(有)佐藤林業代表取締役)
 髙田久夫(78歳・(有)愛林取締役)


今年度農林水産祭の天皇杯(林産部門)は岡橋清元氏


今年度(24年度)農林水産祭(第51回)の天皇杯(林産部門)受賞者が、奈良県橿原市の岡橋清元氏に決まった。吉野林業地域で「山にやさしい作業道」の整備などを進め、高生産・高収益の林業経営を実践していることが評価された。このほか、林産部門の内閣総理大臣賞は、わさび生産の田代耕一氏(静岡県御殿場市)、日本農林漁業振興会会長賞は苗ほづくりの木佐貫薫氏(宮崎県小林市)に贈られる。表彰式は、11月23日(金)に明治神宮会館で行われる。詳しくは、こちらを参照。


2012年11月1日

11月10日・11日に東京おもちゃ美術館で「森のめぐみの子ども博」を開催


東京都新宿区の東京おもちゃ美術館・四谷ひろばで、11月10日(土)と11日(日)に、3回目となる「森のめぐみの子ども博」が開催される。子ども向け木製品の見本市では、お皿やおもちゃ、家具など、日本各地の職人の作品が展示され、購入することも可能。ワークショップでは、木のスプーン作りやストラップ作りなどができる。開催時間は午前10時から午後4時まで。同イベントは、東京おもちゃ祭と同時に開催される。入場料は600円、おもちゃ美術館入館券セットは1,000円。2歳以下は無料。詳しくは、こちらを参照。


2012年10月30日

海岸防災林再生へ第一歩、11月4日に『みどりのきずな』植樹式


東北森林管理局は11月4日(日)に仙台市若林区の国有林内で、『みどりのきずな』再生植樹式を開催する。無害化されたガレキ等を活用した生育基盤造成工事(盛り土)の完了地(約0.5ha)に、松くい虫抵抗性クロマツや広葉樹など約2,200本を植える。地域住民やNPO、政府関係者など約200名が参加する。詳しくは、こちらを参照。


2012年10月26日

第4回間伐材活用シンポを11月8日に憲政記念会館講堂で開催


国土緑化推進機構は、今年で4回目となる間伐材活用シンポジウムを11月8日(木)午後1時から、東京都千代田区の憲政記念会館講堂で開催する。上田正樹氏(シンガーソングライター)と雨谷麻世氏(ソプラノ歌手)による東日本大震災復興支援チャリティコンサートや、畠山重篤氏による基調講演、芳賀正彦氏(NPO法人切吉里吉里国代表)と深澤光氏(盛岡広域振興局林務部林業振興課長)を交えたパネルディスカッションなどが予定されている。参加者募集の締め切りは10月28日(日)。詳しくは、こちらを参照。


2012年10月25日

10月30日に海岸林再生プロジェクトの説明会


東日本大震災で被災した海岸防災林を蘇らせる『みどりのきずな』再生プロジェクト(「林政ニュース」第438号参照)に関する説明会が10月30日(火)午後3時30分から、東京都千代田区の中央合同庁舎4号館・1219~1221会議室で行われる。同フロジェクトは、企業やNPO等の民間団体と連携して海岸林の再生を目指すことにしている。説明会では、民間団体等の参加の枠組みや今後のスケジュール等を示すことにしている。詳しくは、こちらを参照。
★第438号の電子版(PDF)はこちら


2012年10月24日

REDDプラスに関する森林技術者講習会の受講者を募集中


森林総合研究所は、REDDプラス(途上国における森林減少・劣化に由来する排出の削減等)に関する森林技術者講習会の受講者を募集している。同講習会は、基礎と応用1及び応用2の3コースに分かれており、基礎講習は11月19日(月)~22日(木)に東京都千代田区の日林協会館で実施する。基礎講習の応募締め切りは、11月2日(金)。募集人数は、おおむね20名、応用講習は各10名。詳しくは、こちらを参照。


2012年10月23日

11月に三重・高知・山形で木材を活用した学校施設づくり講習会


文部科学省は、木材を活用した学校施設づくりの講習会を三重県と高知県、山形県の3会場で開催する。講習会では各会場で2日間にわたり、特別講演や木材を活用した学校づくりの取組紹介、学校施設の視察などを行う。三重会場は11月1日(木)・2日(金)、高知会場は12日(月)・13日(火)、山形会場は26日(月)・27日(火)に開催。受講料無料(現地までの旅費、宿泊費などは各自負担)。定員は各100名程度。申し込みなど詳しくは、こちらを参照。


2012年10月22日

11月3日に下諏訪総合文化センターで「全国木遣りサミット」開催


11月3日(土)午後0時30分から、長野県の下諏訪総合文化センターで「全国木遣りサミット」が開催される。伊勢神宮奉仕会青年土、木場木遣保存会木響會、越谷市木遣保存会、善光寺木遣り保存会、木曽木遣り筏衆、下諏訪町木遣保存会、民俗文化サークル四方山会が出演し、伝統の唄を披露する。入場無料。問い合わせは、実行委員会(TEL:0266-27-7260)へ。


2012年10月19日

おだわらの木葉書、緑の縁台などを表彰、間伐コンクール


平成24年度の間伐・間伐材利用コンクールが、10月14日に東京都新宿区で開催された「GTFグリーンチャレンジデー in 新宿御苑2012」のイベント中で行われ、製品づくり部門で次の各団体を表彰した。
・林野庁長官賞
おだわら箱根・間伐材木葉書プロジェクト「森からの手紙~人と人、地域と地域の『絆』」(「林政ニュース」第435号参照)
・GTF賞
代官山×小田原―森のENプロジェクト―「緑の縁台」
・間伐推進中央協議会賞
京都府森林組合連合会と(有)エム工房「Eメイクパーテーション」
・読売新聞社賞
組手什おかげまわし協議会「組立部材 組手什(くでじゅう)」
・審査員奨励賞
(株)ふるさと企画の「間伐材(檜)の薪」

★「林政ニュース」第435号の電子版(PDF)はこちら


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー