イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2010年10月8日

大分県で11月11日にスギ材産業シンポジウム


5:00 AM 更新 カテゴリ: イベント・シンポジウム・表彰・募集 

九州木材業振興対策協議会と特定非営利活動法人森林誌研究所は11月11日午後1時から、大分市府内町の大分第一ホテルで「第7回スギ林業に対するスギ材産業シンポジウム ―スギ林業に対する最終需要者の期待と提言―」を開催する。林野庁木材産業課長・渕上和之氏が基調講演した後、遠藤日雄・鹿児島大学教授をコーディネーターに、パネルディスカッションを行う。パネリストは、津田勝徳・タマホーム(株)取締役工務部長、種子田俊郎・三菱商事建材(株)常務執行役員、今山哲也・大分県佐伯広域森林組合加工流通課長、林雅文・(株)伊万里木材市場代表取締役、平野昭・大分県副知事。参加費無料(ただし、資料代1,000円)。定員250人。申込みは、大分県林産振興室(TEL:095-506-3833、担当:河野)か、同研究所(TEL:092-738-9511)へ。


2010年10月7日

京都府立大で10月11日に「ナラ枯れ緊急報告会」


一般市民にナラ枯れのメカニズムや被害状況などを伝える「ナラ枯れ緊急報告会」が10月11日、京都府立大学合同講義棟3階第3講義室で開催される。京都市周辺では、今夏からナラ枯れ被害が拡大し、森林災害の発生や景観悪化などが問題視されている。報告会では、府内の被害状況について解説するほか、原因や防除方法、市民とのかかわりについて研究者がコメントする。参加費無料。問い合わせは、同大学生命環境科学科(TEL:075-703-5629、田中和博教授)へ。


2010年10月6日

熊沢国有林で植樹祭開催、1,600人が参加


9月25日に秋田県鹿角市八幡平の熊沢国有林で植樹祭が行われ、一般市民ら約1,600人が参加した。横浜国立大学名誉教授の宮脇昭氏が指導し、平成9年の大規模すべり被害跡地に、落葉広葉樹など11種、約1万5,000本を植え付けた(植栽面積は約1.5ha)。


2010年10月4日

NEC森の人づくり講座 第21期(2010・秋)参加学生を募集中!


NECと公益社団法人日本環境教育フォーラムは、環境教育に関心のある大学生・専門学校生を対象とした「NEC森の人づくり講座 第21期(2010・秋)」への参加者を募集している。同講座は、Aコース:オークヴレッジ/森林たくみ塾(岐阜県高山市)とBコース:キープ・フォレスターズスクール(山梨県北杜市)の2コースになっており、日程は11月6日(土)~11月9日(火)までの3泊4日。募集定員は、A・Bコースとも各10名(合計20名)。参加料無料。申込締切は10月15日(必着)。詳しくは、こちらを参照。


2010年9月30日

東大で異業種交流セミナー「木づかい祭りだ! 全員集合!」


作り手と使い手とを結ぶ・異業種交流セミナー「木づかい祭りだ! 全員集合!」が11月4日と5日の2日間、東京大学弥生講堂で開かれる(主催:NPO法人活木活木(いきいき)森ネットワーク)。昨年に次ぐ今回は、木づかいセミナーや木づかい会議、商品展示などを予定しており、企業間交流などを通じて、木づかい運動の盛り上げを目指す。参加費無料。詳しくは、下記(↓)を参照。
「木づかいだよ!全員集合!」PDF


2010年9月29日

速水林業「森林塾」10月16~20日開催、テーマは「FSC森林認証」


三重県紀北町の速水林業・大田賀山林で毎年開かれる「林業塾」が、今年は10月16日から20日の日程で開催される。「FSC森林認証」をテーマに、国内の認証林の現状と課題や木製品業界の取り組み、認証の取得をベースにした地域再生計画について議論を深める。募集人員は30名、参加費(宿泊費・食事を含む)は、一般が10万円、学生が7万円。問い合わせは、主催の(株)森林再生システム(TEL:03-5491-8244)へ。


2010年9月28日

「国産材を使った多様な住宅づくりへの提案」を募集中!


木構造振興(株)は、林野庁の助成を受けて、「国産材を使った多様な住宅づくりへの提案」の募集をしている。国産材の構造材・羽柄材・仕上材を使い、大都市圏における都市型住宅や集合型住宅に関する企画案を求めている。応募資格に制限はなく、提出された企画案を審査委員会で選定し、採択者には具体的な提案書作成料として50~100万円(採択数によって決定)を支払う。締め切りは、10月15日。詳しくは、こちらを参照。


2010年9月27日

10月16・17日に愛知県で「第4回人と自然の共生国際フォーラム」


「生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10)の開催に向けて、第4回人と自然の共生国際フォーラムが10月16・17の両日、愛知県産業労働センター(ウインクあいち)で行われる。16日は、自然関係団体・施設によるポスターセッション、17日は、「生物多様性」活動事例発表会や基調講演「里地・里山と生物多様性」(竹内和彦・国連大学副学長)、パネルディスカッション「生物多様性から人と自然の共生を考える」などを行い、フォーラム宣言を採択する。参加料無料、申し込みは10月1日まで。詳しくは、こちらを参照。


2010年9月24日

九州局が生物多様性保全をテーマにセミナー


九州森林管理局は10月17日、熊本県熊本市のレンガヒル熊本(九州電通労働会館)で九州森林・林業セミナーを開催する。テーマは、「自然の恵みと危機~生物多様性の保全と森林の役割~」。九州大学大学院理学研究院の矢原徹一教授が「地球の生き物をなぜ守るのか」について、また、大阪市立自然史博物館学芸員の佐久間大輔氏が「里地や草地が担うもの~生態系サービスと生物多様性の保全」について講演した後、同局の宮城勇朗計画部長が九州国有林の「生物多様性」の豊かさや保全への取り組みなどを報告する。参加費は無料、定員は150名程度。問い合わせは、同局指導普及課(担当=岸川、石神、TEL096-328-6324)へ。


2010年9月22日

10月16~17日に第1回全国小水力発電サミット、山梨県都留市で


「流れる水で地域が輝く」をテーマに「第1回全国小水力発電サミットin都留」(主催:同サミット実行委員会)が、10月16日(土)から17日(日)にかけて、山梨県都留市で開催される。16日は都の杜うぐいすホールで、山梨県内の事例報告(北杜市・南アルプル市・山梨県企業局・都留市)の後、沖武宏・イームル工業(株)顧問、小林久・筑波大学農学部教授、小林義光・都留市長、星野恵美子・栃木県那須野ヶ原土地改良区連合事務局長によるパネルディスカッションを行う(コーディネーターは、国井雅比古・NHKアナウンサー)。17日は都留文科大学で、4つの分科会(自治体の課題と挑戦、小水力による農山村のエネルギー自立、市民エネルギー事業としての小水力、小水力甲子園―高専生・高校生交流会―)が開かれる。問い合わせは、実行委員会(TEL:0554-43-1111、都留市政策形成課内)へ。


2010年9月17日

9月19日にくまもり東京シンポ/林野庁人事異動


日本熊森協会は9月19日(日)午後1時時30分から、東京の立教大学池袋キャンパス8号館8101号教室で、第4回くまもり東京シンポジウム(「水から考える都市と山のつながり」)を開催する(立教大学ウェルネス研究所との共催)。テーマは、クマの棲める森が都市の水を生む。水ジャーナリストの橋本淳司氏が基調講演した後、大西義治・NPO法人森の蘇り代表、川嵜実隆・日本熊森協会群馬支部長と動物写真家の横田博氏が意見を交わす。参加無料。問い合わせは、TEL:0798-22-4190またはjbfa@nifty.comへ。

林野庁人事異動(9月16日付け)
九州森林管理局森林整備部長(森林整備部計画課施工企画調整室長)柳田真一郎▽森林整備部計画課施工企画調整室長(国有林野部業務課企画官兼経営企画課)矢野彰宏▽国有林野部付(九州森林管理局森林整備部長)大貫肇


2010年9月14日

森林塾青水が10月23・24日に10周年記念「草原再生フォーラム」開催フォーラム


利根川源流域を中心に原風景と生物多様性を次世代につなく活動を続けている「森林塾青水」が創立10周年を迎え、早稲田環境塾と共催で、10月23・24日に「草原再生フォーラム」を開催する。23日は、フォーラムとエクスカーションを実施。24日は、上ノ原「入会の森」において茅刈り講習会及び茅刈り検定会を行う。参加費は、エクスカーションが500円、茅刈講習会などが1,500円。宿泊の場合は1泊2食付きで1万2,000円(会員は1万1,000円)。申込み・問い合わせは、事務局(TEL:03-6228-3503)へ。


2010年9月13日

森林環境教育映像祭の金賞は「水育」と「北山杉」


5:00 AM 更新 カテゴリ: イベント・シンポジウム・表彰・募集 

8月27日に「第1回森林環境教育映像祭」(「林政ニュース」第394号参照)が開催され、応募25作品の中から8作品が入賞した。短編部門金賞には、サントリービジネスエキスパート(株)の「水育」・「水を育てる森を育てる」、長編部門金賞には、(財)竹中大工道具館の「京都・北山杉を育てる」が選ばれた。


2010年9月9日

東京の内田洋行新川オフィスビルで「みやざきスギセミナー」開催


宮崎県木材需要拡大推進会議は9月1日に、東京都中央区の(株)内田洋行新川オフィスビルで「みやざきスギセミナー」を開催した。 荒武志朗・県木材利用技術センター木材加工部特別研究員兼副部長、高嶺清二・宮崎スギ乾燥材出荷促進本部会長、木原巌・(有)木童代表取締役――の各氏が最新の取り組み状況などを報告。また、デザインコンペ「杉コレクション2010 in 西都」の最終選考作品10点も紹介された。


2010年9月8日

10月1日~3日、赤谷の森で「人と自然の関係」を学ぶツアー


5:00 AM 更新 カテゴリ: イベント・シンポジウム・表彰・募集 

日本自然保護協会(NACS-J )は10月1日(金)から3日(日)まで、群馬県みなかみ町北部と新潟県との県境に広がる「赤谷の森」で「人と自然の関係」を学ぶツアーを開催する。テーマは、「イヌワシ 生きものよみがえる森と渓谷」。ツアーは2泊3日で行われ、「赤谷プロジェクト」として取り組んでいる治山ダムの撤去現場や自然林復元試験地の見学をはじめ、森の恵み・歴史・文化を体感しながら新たな「人の自然の関係」について学ぶ。定員20名、参加費は36,000円(宿泊・食費、移動費等)。申し込みは、NACS-Jバンザイツアーデスク(TEL:03-3553-4103、担当:出島・大野・保護プロジェクト部)へ。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー