人事・消息・移転 のカテゴリーを表示しています

2020年9月1日

10月13日・14日にオンラインで「中大規模木造建築のための基礎講習」


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転,住宅・建築 

日本集成材工業協同組合と木構造振興(株)は、10月13日(火)・14日(水)にオンラインで「中大規模木造建築のための加工・施工技術基礎講習」を開催する。中大規模木造建築の担い手育成を目的に、部材の製作(加工)や現場施工に関する基礎的な知識を学び、修了試験で適当と認められれば修了証が授与される。定員は100~150名程度。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2020年8月3日

農林水産事務次官に枝元氏、林野庁次長に浅川氏


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転 

農林水産省は、8月3日付けで人事異動を発令し、事務次官の末松広行氏が退任し、後任次官には官房長の枝元真徹氏が就任した。また、林野庁次長に四国森林管理局長などをつとめた浅川京子氏が起用された。→詳しくは、「林政ニュース」第633号(7月22日発行)及び「林政ニュース」第634号(8月5日発行)でどうぞ。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。

林野庁人事異動(2020(令和2)年8月3日付け、一部8月1日付け)
次長(大臣官房総括審議官)浅川京子
近畿中国森林管理局長(大臣官房付)山口琢磨
林政課長(内閣官房内閣参事官)永井春信
管理課長(内閣府沖縄総合事務局農林水産部長)田中晋太郎
経営課長(生産局農産部穀物課水田農業対策室長)上杉和貴
食料産業局付(次長)太田豊彦
大臣官房広報評価課長(経営課長)常葉光郎
国土交通省大臣官房審議官・国土政策局(林政課長)黒川淳一
内閣官房内閣参事官(管理課長)鳥海貴之
退職(近畿中国森林管理局長)長田朋二


2020年7月8日

関東森林管理局長に上大田光成氏が就任


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転 

林野庁の関東森林管理局長が7月4日付けで交代した。一昨年8月から局長をつとめてきた齋藤伸郎氏が水産研究・教育機構理事に転じ、後任の新局長には水資源機構首席審議役の上大田光成氏が就任した。→詳しくは、「林政ニュース」第632号(7月8日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第632号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月23日

林木育種センターが来年4月採用の一般職員を募集


林木育種センターは、来年4月に新規採用する一般職員を募集している。採用予定数は1名程度。募集要件は、1990年4月2日以降に生まれた大学、高専、短大、専門学校、林業大学校の卒業者、または、来年(2021年)3月までに卒業する見込みの人。学部・学科は不問で、既卒者や転職者も問わない。応募締め切りは7月27日(月)。→詳しくは、こちらを参照。


2020年5月28日

愛媛県が林業職員募集、県外の民間企業経験者が対象


愛媛県は、県外の民間企業で5年間以上勤めた人材を林業職員として1名程度採用する。6月22日(火)まで応募を受け付け、1次・2次試験を経て合格者を決め、10月以降に採用する。→詳しくは、こちらを参照。


2020年4月28日

飛騨市が広葉樹コンシェルジュやコンソーシアム


岐阜県の飛騨市が地場資源である広葉樹の本格活用に乗り出している。4月1日付けで専門職員の「広葉樹活用コンシェルジュ」を配置したのに続き、4月30日には「広葉樹活用推進コンソーシアム」を設立し、「広葉樹のまちづくり」実現への推進体制を強化する。→詳しくは、「林政ニュース」第627号(4月22日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第627号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年4月20日

森林研究・整備機構の新理事長に浅野(中静)透氏


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転 

森林研究・整備機構の理事長に、人間文化研究機構総合地球環境学研究所特任教授で東北大学名誉教授の浅野透氏(64歳)が4月1日付けで就任した。浅野氏は、2017年に第1回「みどりの学術賞」を受賞。学術論文などは旧姓の「中静」で発表しており、学会内でも「中静」の通称で知られている。→詳しくは、「林政ニュース」第626号(4月8日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第626号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年4月1日

北海道・東北・九州の3森林管理局長が交代


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転 

林野庁は4月1日付けで人事異動を発令した。北海道・東北・九州の3森林管理局が交代するなど一連の動きがあった。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第626号、4月8日発行)でお伝えします。

林野庁人事異動(2020(令和2)年4月1日付け、一部3月31日付け)
林政部
林政課
林業・木材産業情報分析官(森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センター関西育種場長)伊巻和貴
林業・木材産業情報分析官兼業務課(計画課施工企画調整室長)小暮甲吉
監査室長(北海道森林管理局計画保全部長)石橋岳志
経営課
特用林産対策室長(計画課海外林業協力室長)塚田直子
林業労働対策室長(東北森林管理局秋田森林管理署長)池田秀明
木材利用課
木材貿易対策室長(広島県農林水産局林業振興部長)福田淳
課長補佐・総括(業務課課長補佐・総務班担当)榎裕之

森林整備部
計画課
課付(経営企画課国有林野生態系保全室長)五関一博
海外林業協力室長(国際協力機構地球環境部技術審議役)山崎隆嗣
施工企画調整室長(経営企画課課長補佐・総括)赤羽元
大臣官房政策課調査官兼計画課(大臣官房政策課調整官兼計画課)村上幸一郎
森林利用課
森林吸収源情報管理官(森林研究・整備機構森林総合研究所林木育種センター海外協力部長)川島裕
課長補佐・総括(農村振興局農村政策部都市農村交流課課長補佐・活性化推進班担当)牧野秀史
整備課
森林資源循環施業推進官(治山課保安林調整官)鈴木綾子
課長補佐・総括(長野県林務部信州の木活用課長)城風人
治山課
課長(治山課山地災害対策室長)佐伯知広
山地災害対策室長(業務課企画官・森林土木環境担当)金谷範導
保安林調査官(木材産業課課長補佐・企画班担当)井口英道
研究指導課
森林保護対策室長(経営課林業労働対策室長)山根則彦
放射性物質影響評価官(整備課課長補佐・総括)松本純治
首席研究企画官(森林研究・整備機構森林総合研究所林業研究部門森林管理研究領域資源解析研究室長)細田和男

国有林野部
管理課
管理官・人事管理担当(関東森林管理局総務企画部長)新津清亮
課長補佐・総括(大臣官房検査・監察部調整・監察課課長補佐・企画班担当)古川智賀子
課長補佐・人事研修班担当(管理課課長補佐・施設営繕班担当)大島真一
経営企画課
国有林野生態系保全室長(中日本高速道路(株)建設事業部副部長)野畑直城
課長補佐・総括(研究指導課課長補佐・総括)土居隆行
業務課
国有林野管理室長(森林利用課森林吸収源情報管理官)大沼清仁

森林技術総合研修所
所長(治山課長)大政康史

北海道森林管理局
局長(九州森林管理局長)原田隆行
計画保全部長(経営課特用林産対策室長)小島健太郎

東北森林管理局長
局長(森林研究・整備機構理事)柳田真一郎
次長・青森事務所長(林政課監査室長)長江良明

関東森林管理局
次長・東京事務所長(業務課国有林野管理室長)中村毅
総務企画部長(四国森林管理局四万十森林管理署長)高橋東

中部森林管理局
次長・名古屋事務所長(四国森林管理局総務企画部長)花村健治
計画保全部長(木材利用課木材貿易対策室長)畑茂樹

四国森林管理局
業務管理官(中部森林管理局計画保全部長)鈴木正勝
総務企画部長(林政課課長補佐・人事第1班担当)大竹武司
森林整備部長(大臣官房政策課調査官兼木材産業課兼経営企画課)武田義昭

九州森林管理局
局長(東北森林管理局長)小島孝文

生産局
農産部地域作物課課長補佐・企画班担当(管理課課長補佐・総括)後藤幹介

森林研究・整備機構
理事(森林研究・整備機構森林整備センター審議役)矢野彰宏
森林総合研究所審議役(東北森林管理局次長・青森事務所長)中山浩次
森林総合研究所総括審議役(関東森林管理局次長・東京事務所長)寺川仁
森林総合研究所北海道支所地域研究監(研究指導課首席研究企画官)嶋瀬拓也
森林総合研究所林木育種センター海外協力部長(研究指導課森林保護対策室長)稲本龍生
森林整備センター審議役(森林整備部付)今泉裕治
森林整備センター審議役(林政課林業・木材産業情報分析官兼業務課)岡村和哉

農林漁業信用基金
林業調整室長(東北森林管理局計画保全部長)川浪亜紀子

自治体出向
長野県林務部信州の木活用課長(企画課課長補佐・企画第2班担当)飯田浩史
広島県農林水産局林業振興部林業課長(木材産業課課長補佐・流通班担当)井堀秀雄
熊本県農林水産部森林局森林整備課長(業務課課長補佐・分収林班担当)笹木征道

民間出向
中日本高速道路(株)東京支社建設事業部副部長(四国森林管理局森林整備部長)松本寛喜

退職
(北海道森林管理局長)新島俊哉
(計画課海外森林資源情報分析官)川野康朗
(林政課林業・木材産業情報分析官)小山富美男
(林政課林業・木材産業情報分析官)河野晃
(森林技術総合研修所長)上田浩史
(森林研究・整備機構森林総合研究所審議役)合田和弘
(森林研究・整備機構森林総合研究所総括審議役)吉野示右
(森林研究・整備機構森林整備センター審議役・監査・リスク監理担当)井出光俊
(林政部林政課調査官・契約適正化推進担当)小西秀夫
(中部森林管理局次長・名古屋事務所長)森脇和正


2020年3月31日

林土連が創立60周年記念式典、専務理事が交代


日本林業土木連合協会(新谷龍一郎会長)は、2月19日に東京都内のホテルで今年度(2020年度)の定時総会と創立60周年記念式典を開催した。定時総会では、所定の議案を原案どおり承認するとともに役員を改選。専務理事の菊池博輝氏が退任して相談役となり、後任には堂本整氏が就任した。→詳しくは、「林政ニュース」第624号(3月11日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第624号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年3月26日

第14回「みどりの学術賞」に中瀬勲氏と福田裕穂氏


政府は、14回目となる「みどりの学術賞」の受賞者を兵庫県立人と自然の博物館館長の中瀬勲氏と東京大学副学長の福田裕穂氏に決めた(3月16日に発表)。中瀬勲氏は、阪神・淡路大震災の復興過程で、みどりを通じたコミュニティ形成を先導。福田氏は、植物が成長し木質化する過程を分子レベルで解析するなど新たな研究手法を開発した。→詳しくは、こちらを参照。


2020年3月25日

住友林業の新社長に光吉敏郎氏、4月1日に就任


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転,組織・業界団体 

住友林業(株)(東京都千代田区)の社長が4月1日付けで交代する。現社長の市川晃氏(65歳)が代表取締役会長となり、新社長には取締役専務執行役員の光吉敏郎氏(57歳)が就任する。2月28日の取締役会で決めた。→詳しくは、「林政ニュース」第624号(3月11日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第624号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年2月25日

奈良県の吉野町長に7代目「山守」の中井章太氏


1月26日に投開票された奈良県の吉野町長選挙で、中井章太氏(51歳)が初当選を果たした。中井氏は、家業である「山守」の7代目で、中神木材の社長。地場資源を活かした「銘木と銘酒のフォーラム」(「林政ニュース」第432号参照)を仕掛けるなど、早くから地域リーダーとして存在感を放ってきた。→詳しくは、「林政ニュース」第622号(2月12日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第622号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちら(↓)からどうぞ。


2020年2月3日

【訃報】半田良一さん


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転 

半田良一さん(はんだ・りょういち=京都大学名誉教授)
1月31日午後5時25分、老衰のため死去。94歳。日本を代表する林政学者の一人として活躍した。主な著作に、『林政学』(1990年、文永堂)、『変貌する製材産地と製材業』(1986年、日本林業調査会)など。告別式は2月4日(火)午後1時から京都市北区紫野宮西町34の公益社北ブライトホール(電話075-414-0420)で執り行われる。喪主は長男の信夫(のぶお)さん。


2020年1月16日

新・基本計画の策定へ“タコ部屋”を設置


林野庁は1月14日付けで、新しい森林・林業基本計画の策定に向けた“タコ部屋”(森林・林業基本計画検討室)を設置した。現行の基本計画を人口減少などの状況変化を踏まえて2020年度中に見直す。“タコ部屋”のメンバーは、石井洋・計画課首席森林計画官をはじめ8名。→関連記事は、「林政ニュース」第620号(1月15日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第620号は、Amazon(アマゾン)でも買えます
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ


2020年1月7日

全国林業改良普及協会が4月採用職員を募集


全国林業改良普及協会は、4月1日付けで採用する職員を募集している。応募要件は森林・林業関係の企業・団体等での業務経験がある人で、採用予定数は1名。書類選考と作文及び面接試験により採用者を決定する。応募締め切りは1月31日(金)。→詳しくは、こちらを参照。


1 / 111234510...最後 »
ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー