住宅・建築 のカテゴリーを表示しています

2020年1月20日

1月28日に神戸市で「兵庫県都市木造シンポジウム」


兵庫県は、1月28日(火)午後1時30分から神戸市の兵庫県看護協会2階ハーモニーホールで「兵庫県都市木造シンポジウム─建築分野におけるSDGsへの貢献─」を開催する。京都大学生存研究所の五十田博教授ら4名のエキスパートが、都市木造の可能性について講演する。参加費無料。要事前申し込み。定員200名。詳しくは、こちらを参照。


2020年1月17日

マクドナルドの五条桂店、牛久店が“国産材化”


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築,木材加工・製材 

ハンバーガーチェーン最大手の日本マクドナルド(株)(東京都新宿区、日色保社長)が国産材を使った店舗展開を強化している。昨年12月16日に国産材を外装に使用した「五条桂店」を京都市西京区でオープンしたのに続き、12月20日には国産材を構造材に用いた「牛久店」を茨城県牛久市で開店した。→詳しくは、「林政ニュース」第620号(1月15日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第620号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2019年12月19日

「中高層木造ハイブリッド建築の実現技術」にウッドデザイン賞


5回目となる「ウッドデザイン賞2019」の表彰式が12月5日に東京ビッグサイトで行われ、三菱地所(株)など4社による「日本初となる中高層木造ハイブリッド建築を実現する技術の検証」に最優秀賞が贈られた。また、優秀賞には、「国産間伐材の木製ストロー」(「林政ニュース」第607号参照)や「屋久島町庁舎」(「林政ニュース」第616号参照)など9点が選ばれた。→詳しくは、「林政ニュース」第619号(12月18日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第616号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★「林政ニュース」第619号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。


2019年12月17日

新・国立競技場の竣工式とメディア向け内覧会を行う


「杜のスタジアム」をテーマに建設された新しい国立競技場(「林政ニュース」第524586号参照)の竣工式とメディア向け内覧会が12月15日に行われた。約2,000m3の木材を大屋根や軒庇などに使っており、5階は樹木を配置した「空の杜」となっている。21日には、一般に披露する記念イベントが開催される。


2019年12月12日

ティンバライズが35歳以下限定の「ツキイチLABO 2020」


NPO法人チーム・ティンバライズ(team Timberize)は、来年(2020年)1月から11月まで「ツキイチLABO 2020」を開催する。ティンバライズのメンバーやゲストとともに、木や木造について学び合う研究会を毎月第3金曜日の午後7時から東京都内で行う。参加資格は、20歳以上35歳以下(学生も参加可能)。定員100人。参加費は1万1,000円(全11回分・懇親会費込み)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年12月9日

大黒柱に100年生の飫肥スギ、大阪木材会館が完成


11:30 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

大阪府木材連合会が大阪市住之江区で建設を進めていた「大阪木材会館」が完成し、11月13日に落成式が行われた。同会館は、木造ブレース(筋交い)と壁構造の組み合わせで建てられており、大黒柱に宮崎県内で新月伐採した100年生の飫肥スギを使っているほか、「壁柱」や「杉スリット材」、「NLT」などの新しい国産材製品を用いている。→詳しくは、「林政ニュース」第618号(12月4日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第618号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2019年12月2日

約2,000m3の木材を使用、新・国立競技場が竣工


4:30 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新しい国立競技場(「林政ニュース」第524586号参照)が11月30日に竣工した。屋根や軒庇などに約2,000m3の木材を使用、軒庇には47都道府県から調達した森林認証材(スギとリュウキュウマツ)を用いている。(写真提供:(独)日本スポーツ振興センター)


2019年11月29日

新木場駅前に丸太打設工法と木質内装のホテルオープン


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

東京都江東区の新木場駅から徒歩2分の好立地に、木材利用のモデルとなるホテルがオープンした。地盤強化のために丸太打設工法を用い、内装や家具などを木質化して温もりのある空間を創出している。→詳しくは、「林政ニュース」第617号(11月20日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第617号は、Amazon(アマゾン)でも買えます
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ


2019年11月20日

木材施設コンクールの内閣総理大臣賞に屋久島町庁舎


今年度から大臣賞が4つに増えた木材利用優良施設コンクール(「林政ニュース」第610号参照)の最上位賞である内閣総理大臣賞に鹿児島県の屋久島町庁舎が選ばれた。同庁舎は、地杉とクス・タブ・シイ・カシなどの広葉樹を使った木造2階建てで、建設にあたって地域の関係者が連携して取り組んだことも評価された。→詳しくは、「林政ニュース」第616号(11月6日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第616号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2019年11月13日

住友林業筑波研究所の新研究棟完成、独自工法採用


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築,新技術・新製品 

住友林業(株)が茨城県つくば市で建設を進めていた筑波研究所の新研究棟(「林政ニュース」第596号参照)が完成した。新研究棟は、同社が昨年2月に発表した70階建て木造ビルの実現を目指す「W350計画」(「林政ニュース」第575号参照)の開発拠点となる。同社オリジナルのポストテンション工法を採用し、自然通風やオリジナル採光ルーバーによる涼温房などの最新技術も取り入れている。→詳しくは、「林政ニュース」第616号(11月6日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第616号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2019年10月29日

CLT建築物が400件超、「各都道府県に最低1件」達成


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

CLTを使った建築物の累計竣工件数が今年度(2019年度)中に400件を超える見通しとなった。9月30日に行われた「CLT活用促進に関する関係省庁連絡会議」で最新の集計数値が示された。これまでCLT建築物がなかった和歌山県と山口県でも具体的な着工計画(一部は竣工済み)ができており、CLT議連が当面の課題としていた「各都道府県に最低1件」(「林政ニュース」第542号参照)も達成されることになる。→詳しくは、「林政ニュース」第615号(10月23日発行)でどうぞ。
◎「林政ニュース」第615号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。)


2019年10月17日

「SCM推進フォーラム」を7+15地域に、ゼネコン版も


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築,木材加工・製材 

林野庁は、「SCM(サプライチェーンマネジメント)推進フォーラム」の設置地域を増やす予算要求を行っている。6月に第1弾として7地域を選定したが(「林政ニュース」第606号参照)、来年度はさらに15地域を追加して全国展開を図る方針。併せて、中高層建築物分野に対応するためゼネコン等をメンバーとするフォーラムも新設することにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第613号(9月25日発行)でどうぞ。


2019年10月10日

2×4材ラミナのCLT床材で都心に8階建て事務所


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

三菱地所は、東京都千代田区で床の構造材にCLTを使った8階建て事務所ビル(鉄骨造)を建築している。使用しているCLTは、厚さ38mmの2×4材ラミナで構成しており、日本で初めて採用した(大臣認定取得)。原料には九州産のスギを用いている。→詳しくは、「林政ニュース」第614号(10月9日発行)でどうぞ。


2019年9月26日

長野県産木材で「大屋根」、飯田市のリニア新駅


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築,地域再生・山村振興 

2027年の開業を目指しているリニア中央新幹線の長野県駅(仮称)に県産木材を使った「大屋根」がつくられる。新駅は、長野県飯田市に設置され、周辺部を含めた約6.5haを「結いの広場」として、駐車場や商業施設、交流広場などを一体的に整備する計画。新駅のシンボルとして木製の「大屋根」を構築する。→詳しくは、「林政ニュース」第613号(9月25日発行)でどうぞ。


2019年9月20日

CLT活用建築物等実証事業で2件を追加採択


5:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築 

木構造振興と日本住宅・木材技術センターが実施している「2019年度CLT活用建築物等実証事業」の2回目の公募期間が終わり、審査の結果、次の2件が採択された。
◎健康住宅(株)、(株)城南「木質構造技能者研修センターCLT工事」(福岡市)
◎(株)黒岩構造設計事ム所「(仮称)神水公衆浴場新築工事」(熊本市)
→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー