住宅・建築 のカテゴリーを表示しています

2017年2月15日

石狩湾新港発電所の建設で国産材型枠用合板を500枚使用


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築,木材加工・製材 

日本合板工業組合連合会は1月11日に、北海道の石狩湾新港発電所で、国産材型枠用合板の使用状況に関する現地検討会を開催した。同発電所の第2管理棟でセイホクコートを約500枚使用、厳しい使用環境でも輸入合板(ラワン合板)と遜色なく使えることを確認した。→詳しくは、「林政ニュース」第550号(2月8日発行)でどうぞ。


2017年2月6日

2月10日に東京・世田谷で国産広葉樹材の利活用報告会


(株)グリーンマムは、2月10日(金)午後3時30分から東京都世田谷区の成城サウスサイド301で「国産広葉樹材の建材への利活用に関する報告会」を開催する。岩手県岩泉町のクリをフローリングに加工し、マンションに施工した事例を紹介する。参加費無料。定員50名(定員になり次第、締め切り)。申し込み・問い合わせ等は、グリーンマム(TEL:080-3553-8831/03-6432-4115、担当:谷地)へ。


2017年2月3日

富士北麓公園陸上競技場にCLT使用の屋内練習走路


11:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築 

山梨県は、2020年東京オリンピック・パラリンピックを睨んで、CLTを使った屋内練習走路を、富士吉田市の県立富士北麓公園陸上競技場につくる。昨年12月の補正予算に、同競技場改修事業費(県単独事業)として約5億2,500万円を計上、屋内練習走路の新設とともに、夜間照明の整備なども行うことにした。→詳しくは、「林政ニュース」第549号(1月25日発行)でどうぞ。


2017年1月31日

霞が関官庁街に初の木造保育所が6月にオープン


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

中央省庁が集まる霞が関では初となる木造の保育所が6月1日にオープンする。農林水産省が事業所内保育施設として建設しているもので、土台にヒノキ、柱にスギ、梁にカラマツの構造用集成材を使用。千代田区の認可を受け、民間業者に委託して運営する。→詳しくは、「林政ニュース」第548号(1月11日発行)でどうぞ。


2017年1月20日

ナイスが2月3~5日に「住まいの耐震博覧会」と「木と住まいの大博覧会」を同時開催


ナイス(株)は2月3日(金)から5日(日)にかけて、東京ビッグサイトで「住まいの耐震博覧会」と「木と住まいの大博覧会」を同時開催する。住宅の耐震診断や耐震補強のほか、スマートハウス、中・大規模木造建築物、木材製品、木育などに関する最新情報を総合的に提供する。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年1月13日

LVLの箱型教室を連続的に配置、認定こども園「なこそ幼稚園」


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

福島県いわき市勿来町で、ユニークな木造園舎を持つ認定こども園「なこそ幼稚園」(仮称)が4月に開園する。LVLパネルを組み合わせた教室を連続的に配置して敷地の制約を克服、自由度の高い木質空間を実現することにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第548号(1月11日発行)でどうぞ。


2017年1月10日

五輪施設の見直しが木材に及ぶことを懸念、東木協賀詞交歓会


東京木材問屋協同組合(渡辺昭理事長)は1月5日に東京都内の木材会館で新年賀詞交歓会を行った。来賓として出席した江東区長の山崎孝明氏は、2020年東京五輪の競技施設建設費が見直しの対象になっていることについて、「まだ正式にどこを削減するという報告は来ていないが、木材利用に影響することを心配している」と懸念を示した。


2016年12月22日

東急池上線の戸越銀座駅が「木の駅舎」に“変身”


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築,組織・業界団体 

西島三重子のヒット曲で知られる池上線(東急電鉄)の戸越銀座駅(品川区)が多摩産のスギ・ヒノキを使って「木の駅舎」に生まれ変わった。首都圏の大手私鉄が木材の活用に動き出している中で、先駆的なモデルになると話題を集めている。→詳しくは、「林政ニュース」第547号(12月21日発行)でどうぞ。


2016年12月9日

ナイス「仙台物流センター事務所棟」を混構造で再建


11:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築,東日本大震災・復興 

ナイス(株)は、11月21日に宮城県内で「仙台物流センター事務所棟」の上棟記念シンポジウムと現地見学会を開催した。同事務所棟は、東日本大震災の津波で被災したが、CLTや集成材と鉄骨やコンクリートの特性を活かしたハイブリッド建築物(混構造)として再建工事が進んでいる。→詳しくは、「林政ニュース」第546号(12月7日発行)でどうぞ。


2016年11月21日

11月23日に「江戸城天守閣と名古屋城本丸御殿」をテーマにしたシンポ開催


文化遺産を未来につなぐ森づくりの為の有識者会議は、11月23日(水、祝)午後2時から東京大学農学部弥生講堂一条ホールで「江戸城天守閣と名古屋城本丸御殿~建築木材と森づくり~」をテーマにしたシンポジウムを開催する。名古屋市名古屋城総合事務所整備室の今井啓介氏やNPO法人江戸城天守を再建する会理事の土屋繁氏などが講演し、再建・修復用木材の確保策を考える。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2016年11月17日

ベトナムに「ジャパンウッドステーション」を開設


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築,木材加工・製材,海外 

日本木材輸出振興協会は、ベトナムで日本産木材の販路を拡大するため、ホーチミン市内に展示施設「ジャパンウッドステーション」を開設した。10月27日には、現地の木材関係者を招いて、オープニングセレモニーを実施した。同ステーションの延床面積は133m2で、製材品(角材、板材)、軸材(柱、梁桁、化粧桁、構造用集成材)、面材(パネル)、造作材(羽目板、造作用集成材)、磨丸太、絞丸太、和室などを展示している。


2016年11月15日

安くて強い「くまもと型復興住宅」モデルハウスを3棟建設


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

熊本県は、「くまもと型復興住宅」のモデルハウスとして、県産材を使った木造住宅を3棟建設する。いずれも耐震等級3(最上級)の性能を備え、販売価格を1,000万円以下に抑えた“丈夫で強い木の家”とする。11月末から来年2月上旬にかけて、益城町テクノ仮設団地内に順次完成する。→詳しくは、「林政ニュース」第543号(10月26日発行)・第544号(11月9日発行)でどうぞ。


11月28・29日にすみだ産業会館で「多摩産材利用拡大フェア」


東京都農林水産振興財団は、11月28日(月)から29日(火)にかけて、墨田区のすみだ産業会館で「多摩産材利用拡大フェア」を開催する。多摩産材製品を扱う23の業者・団体が建築資材や家具・什器などを出展するほか、各種セミナーも行われる。→詳しくは、こちらを参照。


2016年11月11日

CLTや木製ブレースを活用、高知県自治会館の新庁舎が完成


11:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築 

高知市街の中心部に、CLTや耐火集成材、スギ・ヒノキ製材などを活用した県自治会館の新庁舎が完成した。地上6階建てで、1~3階がRC(鉄筋コンクリート)造、4~6階が木造というハイブリッド構造。スギ・ヒノキの木製ブレース(筋交)が建物全体を特徴づけている。→詳しくは、「林政ニュース」第544号(11月9日発行)でどうぞ。


2016年11月10日

12月3日に金沢市で新・木造の家」設計コンペ発表会を開催


NPO法人森林(もり)をつくろうは、12月3日(土)午後1時から、石川県金沢市の金沢学生のまち市民交流館で、「『新・木造の家』設計コンペ」プレゼンテーション&講演会を開催する。全国の大学などで建築を学ぶ学生が、木造住宅のプラン提案について発表する。優秀作品のうち1点については、専門家の修正を加えながら実際に施工する予定。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー