安全衛生 のカテゴリーを表示しています

2020年7月15日

鹿児島のCRL認証で初の「☆☆」事業体が誕生


鹿児島県森林組合連合会と同県素材生産事業連絡協議会が連携して立ち上げた「責任ある素材生産事業体認証制度(CRL)」(「林政ニュース」第586号参照)で初の「☆☆(2つ星)」事業体が誕生した。同制度は、「行動規範」と「伐採・搬出・再造林ガイドライン」に基づいて素材生産業者等に“お墨付き”を与えるもので、☆(1つ星)は研修を受講すれば取得できるが、☆☆以降は学識者らで構成するCRL認証委員会による現地審査をクリアしなければ認定されない。→詳しくは、「林政ニュース」第632号(7月8日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第632号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


全森連と農林中金が「林業安全教育360°VR」の導入支援


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,安全衛生,組織・業界団体 

全国森林組合連合会と農林中央金庫は、労働災害ゼロに向けて「林業安全教育360°VR」の導入を進めることにした(6月29日に発表)。virtual reality(バーチャル・リアリティ、仮想現実)対応のゴーグル型専用機械を装着して林業現場を疑似体験し、危険な作業を回避する方法などを学べるようにするため、機械の購入費に対して助成する。→詳しくは、こちらを参照。


2020年7月9日

ウッズマンがFLCの事業引き継ぎ『マニュアル』改訂へ


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,安全衛生,組織・業界団体 

安全な伐木造材技術の普及に取り組んできた森づくり安全技術・技能全国推進協議会(FLC、「林政ニュース」第611号参照)が6月30日に解散し、事業の一部を合同会社ウッズマンワークショップ(Woodsman Workshop LLC、水野雅夫代表)が承継した。同社は、同協議会発行の『森づくり安全技術マニュアル』を最新版へ改訂するため、クラウドファンディングで必要資金を募っている。→詳しくは、こちらを参照。


2020年6月11日

東濃ヒノキの入浴剤「#おうちを楽しむ アマビエ風呂」


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,コロナ,安全衛生 

岐阜県可児郡御嵩町の雑貨業・美里(みさと、水野里美代表)は、東濃ヒノキを使った入浴剤の販売を始めた。商品名は「#おうちを楽しむ ひのきアマビエ風呂」。東濃ヒノキの中でも最高級の部材を直径4.4㎝のボール状に加工、浴槽に入れるとヒノキ風呂のような香りに包まれる。→詳しくは、「林政ニュース」第629号(5月27日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第629号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年5月19日

安全装備・装置を導入し研修を行う林業経営体を募集


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,安全衛生,造林・育林 

林野庁は、安全衛生装備・装置を導入して労働安全研修を実施する林業経営体を募集している。都道府県が定める「体質強化計画」の原木安定供給計画に参画している森林組合や林業経営体を対象に、必要経費の2分の1を上限に助成する。助成総額(国費)は3,000万円。募集期間は、6月12日(金)まで。申し込み・問い合わせ等は、事業実施主体の(株)森林環境リアライズ(TEL:011-699-6830)へ。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー