木材流通 のカテゴリーを表示しています

2020年11月24日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第43回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第43回「国産材・次の10年に向けて北海道からの提言(上)」(『林政ニュース』第332号((平成20)2008年1月16日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
数年前には「カラマツ亡国論」まで叫ばれた北海道の林業が息を吹き返している。外材の輸入減と合板・集成材への利用拡大でカラマツ等の需要が増加。しかし一方で、伐採跡地の造林が進まないなど、新たな問題が浮上している。道産材の需要拡大と森林の持続的管理をどう両立するか――これは日本林業全体が直面しているテーマと共通する。そこで、次の3氏に、今後10年のビジョンを語り合ってもらった。
→続きは、こちらからどうぞ。


2020年10月12日

10月は「木づかい月間」、楽天が「WOOD CHANGE PROJECT」


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,新技術・新製品,木材流通,木育 

10月の「木づかい月間」にあたりWEB上で様々なキャンペーンやイベントが行われている。楽天が運営する「楽天市場」内には木製のインテリアや雑貨、おもちゃなどを紹介する特設ページ「WOOD CHANGE~木に変えて、変わったのは暮らしとワタシ。~」が開設され、10月8日の「木の日」には「WOOD CHANGE PROJECT」がスタートした。このほか、テレビやラジオでも木材利用や都市の木造化に関する特別番組の放送が予定されている。→詳しくは、こちらを参照。


2020年10月8日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第31回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第31回「丸太供給の担い手を自覚、日田の有力原木2市場」(『林政ニュース』第320号(2007(平成19)年7月11日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
昨年度(平成18年度)にスタートした「新生産システム」が2年目に入り、徐々に課題が浮き彫りにされつつある。なかでも丸太の安定供給にかかわって、原木市売市場をどう位置づけるかは大きな問題だ。現場の関係者も困惑を隠さない。前号(第319号)の「ルポ&対論」で取り上げた日田市森林組合でも、原木市売市場の位置づけが重要な検討課題になっていた。そこで、年間5万㎥以上の丸太を扱う原木市売市場が軒を並べる大分県日田地域を、遠藤日雄・鹿児島大学教授が再度訪れた。迎えたのは(株)九州木材市場(以下「九木」と略称)の田中正史・取締役社長と(株)ナンブ木材流通の武内達男・代表取締役社長の2人。「新生産システム」を実施する中で、原木市売市場はどのような存在意義を発揮できるのか。当面する課題と今後の方向が2人の話から浮き彫りになる。 
→続きは、こちらからどうぞ。


2020年10月6日

やまなし県産材供給事業の対象に集成材、合板、内装材を追加


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材流通 

山梨県は、昨年度(2019年度)の補正予算で創設した「やまなし県産材供給システム強化対策事業」を拡充した。今年度の予算額を約2,000万円に倍増し、補助対象品目に集成材と合板及び内装材を加えたほか、県外の建築関係者でも同事業に参画できるようにした。→詳しくは、「林政ニュース」第637号(9月23日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第637号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年9月24日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第27回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第27回「遠藤日雄の緊急対談 波紋呼ぶ中国木材の宮崎県日向進出計画」(『林政ニュース』第316号(2007(平成19)年5月16日発行)掲載)をアップしました。
◇    ◇
今、九州の林材業界で最も沸騰している話題は、国内最大の製材企業・中国木材(株)(本社=広島県呉市)の宮崎県日向進出計画だ。それもそのはず、同社が今年3月に明らかにした計画案では、日向細島港の工業団地に年間30万㎥のスギ丸太を集荷し、製材工場と集成材工場を建設するという桁はずれの内容となっているからだ。メディアは、地元業界の賛否両論も含めて、この問題を連日大きく報じている。
中国木材の日向進出の真意は何か?地元業界の反対にどう対応するのか?――憶測も含めたさまざまな見方が飛び交う中、遠藤日雄・鹿児島大学教授が、急遽、堀川保幸・中国木材社長へ「対談」を申し込んだ。日向進出計画の狙いを説明する堀川社長の口からは、壮大なスギ国際戦略の一端が明らかにされた。
→続きは、こちらからどうぞ。


2020年9月10日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第24回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第24回「針葉樹合板のパイオニア・林ベニヤ産業の新戦略」(『林政ニュース』第313号(2007(平成19)年3月21日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
合板業界が、スギ消費量を増加させている(前号座談会参照)。その先駆者として知られるのが、林ベニヤ産業(株)(本社・大阪市、京都・舞鶴と石川・七尾の2工場)。同社が針葉樹合板製造技術を確立したことで、スギ合板の可能性が拓けた。南洋材(広葉樹)から北洋材(針葉樹)への原料転換はどのようにして実現されたのか。そして、今後の原料見通しは?

同社の経営戦略を明らかにすべく、遠藤日雄・鹿児島大学教授が能登半島の七尾工場を訪ねた。出迎えたのは、工場を陣頭指揮する寺西孝順・専務取締役。内藤和行・代表取締役社長も本社から駆けつけた。
→続きは、こちらからどうぞ。


2020年9月8日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第23回をアップしました。


『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第23回「座談会スギ合板大量供給時代へ 秋田プライウッドの衝撃」(『林政ニュース』第号(2007(平成19)年3月7日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
合板メーカーのスギ使用量が増え続けている。業界トップを走るセイホクグループは、スギへの原料転換路線を強化。なかでも、同グループの中核メーカーである秋田プライウッド(株)(秋田市川尻町、井上篤博社長)の積極姿勢は、地元に大きな衝撃を与えている。そこで、秋田の林材業界に詳しい3氏に、スギ合板大量供給時代の現状と課題について語り合ってもらった。
→続きは、こちらからどうぞ。


2020年9月3日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第22回をアップしました。


『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第22回「天皇杯受賞・好調維持する気仙木加連工場」(『林政ニュース』第309号(2007(平成19)年1月23日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
岩手県気仙川流域。1990年代初頭、量産製材工場開設を契機にスギ新興産地として大いに注目を浴びた。その後、プレカット工場、スギ集成材工場、ラミナ製材工場を設置。年を追うごとに流域林材業の完成度を高めてきた。昨年11月には、今年度(第45回)の農林水産祭天皇杯を気仙木材加工協同組合連合会(佐々木英一代表理事。岩手県陸前高田市。以下、木加連)が受賞。一大国産材供給拠点の地位を不動のものにしてきている。気仙川流域はなぜ成功したのか。改めて評価されているのはなぜか。その核心を明らかにするため、遠藤日雄・鹿児島大学教授が東北に飛んだ。 
→続きは、こちらからどうぞ。


2020年8月27日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第20回をアップしました。


『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第20回「新春座談会 「国産材時代」元年 国際競争力と中国輸出(下)」(『林政ニュース』第309号(2007(平成19)年1月23日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
(前回から続く)国産材の国際競争力が高まり、中国への輸出も現実味を帯びてきた。トップリーダー4氏の座談会は、グローバルな視点から、「国産材時代」元年の可能性に切り込んでいく。
→続きは、こちらからどうぞ。


2020年8月25日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第19回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第19回「新春座談会「国産材時代」元年 価格上昇は本物か?(上)」(『林政ニュース』第308号(2007(平成19)年1月10日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
新しい年が明けた。昨年は、「国産材時代」の幕開けを感じさせる1年であった。今年の課題は、それを受けて、「国産材時代」元年を実現する具体的な仕組みづくりに邁進することである。時代は、「国産材需要の拡大」という総論から、「自ら何をするか」が問われる各論の段階に入った。その中で、昨年中盤以降注目を集めているのが、国産材価格の上昇である。とりわけ、九州では、「材が足りない」という悲鳴にも近い声が聞かれる。そこで、国産材業界を牽引するトップリーダー4氏に、今後の課題と将来ビジョンを語り合ってもらった。
→続きは、こちら(↓)からどうぞ。


2020年8月20日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第19回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第19回「日本一の国産材工場・協和木材の挑戦・下」(『林政ニュース』第307号(2006(平成18)年11月22日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
(前回からつづく)奥久慈林業地に拠点を構える協和木材(株)(福島県塙町)は、かねてから国産材製材の大規模工場として、その名を知られていた。だが、同社の佐川広興社長は、そのポジションに満足することなく、巨額の民間資金を調達して、さらなるスケールアップに踏み出した。佐川社長の決断の背後には、国産材のシェア拡大に向けた明確なビジョンが潜んでいる。
→続きは、こちらからどうぞ。


2020年8月18日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第18回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第18回「日本一の国産材工場・協和木材の挑戦・上」(『林政ニュース』第306号(2006(平成18)年12月6日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
国産材製材業界は、まちがいなく群雄割拠の時代に突入した。戦国時代を経て徳川幕府成立までの間に、信長、秀吉、家康が出たように、国産材製材業界にもこれから一波乱、二波乱あることが予想される。

こうした中で、年間原木消費量で一挙に日本一の座についたのが協和木材(株)(福島県塙町、佐川広興・代表取締役社長、第304号参照)である。同社の真骨頂は、補助金をビタ一文もらわずに、しかも強力な「山林部」を抱えながら日本一の規模拡大を達成したことである。大手銀行も注目する同社の国産材製材ビジネスとはいかなるものか。遠藤日雄・鹿児島大学教授が同社の新工場を訪れ、佐川社長の構想に迫る。
→続きは、こちらどうぞ。


2020年8月6日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第17回をアップしました。


『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第17回「院庄林業のブランド力と競争力・下」(『林政ニュース』第305号(2006(平成18)年11月22日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
(前回から続く)院庄林業(株)は今年8月、「インノショウフォレストリーくめ工場」の竣工式を行った。同工場は、同社が全額出資した構造用集成材工場である。実は、院庄林業は、かつて化粧貼り造作用集成材(構造用集成材に化粧単板を貼ったもの)の大手メーカーであった。和室用の化粧柱としてかなりの量を販売していたという。しかし、住宅建築が和室主体から洋間主体へ移行し、化粧貼り集成材の需要は激減した。新たに稼働を始めた「インノショウフォレストリーくめ工場」は、造作用集成材が1つの時代を終えたことを象徴しているとも言える。ただし、この新工場は、化粧用集成材から集成管柱への転換にとどまらず、これからの国産材の方向性を探る上でいくつかの示唆を与えている。遠藤教授が豆原社長との「対論」で、この点に迫る。
続きは、こちらからどうぞ。


2020年8月4日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第16回をアップしました。


『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第16回「院庄林業のブランド力と競争力・上」(『林政ニュース』第304号(2006(平成18)年11月8日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
美作(岡山県)・院庄(いんのしょう)。元弘の変に敗れた後醍醐天皇が隠岐に配流される際、備前の土豪・児島高徳が「天莫空勾践。時非無范蠡」の十文字を刻んで奉じたという伝承地だ。その由緒ある地名を冠した院庄林業(株)(豆原直行・代表取締役社長、岡山県津山市)は、自他ともに認める日本一の国産材製材企業である。同社が全国的な注目を浴びたのは1980年代以降、「量・乾燥・品質・規格」の面で群を抜いた製材品(ヒノキ柱、土台、通し柱)を世に送り出し、ヒノキ角類構造材のブランド化に成功してからである。その後、平成4年の農林水産祭で天皇杯を受賞、その「ブランド」を不動のものとした。しかし、院庄林業の真骨頂は、その栄誉に甘んじることなく、時代の変化を的確にとらえて「ブランド」にさらに磨きをかけてきたことにある。では、「院庄」ブランドの真髄とは何か?
遠藤日雄・鹿児島大学教授が同社を訪れ、豆原社長との対論を通じて、この点を明らかにする。そこには、これからの国産材の進路を探る上でのヒントが散りばめられている。
続きは、こちらからどうぞ。


2020年7月31日

CLT活用事業でヤマナカ産業と筑紫工業に助成


今年度(2020年度)の「CLT活用建築物等実証事業」(林野庁補助事業)で、新たに、(有)ヤマナカ産業の木造倉庫(山梨県南アルプス市)と(株)筑紫工業の新社屋(福岡県那珂川市)の建築に対して助成することが決まった。3件の応募があった中から検討委員会による審査を経て選定された。なお、事業実施主体の木構造振興と日本住宅・木材技術センターは、同事業の追加募集を8月4日(火)まで行っている。→詳しくは、こちらを参照。


1 / 181234510...最後 »
ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー