木材流通 のカテゴリーを表示しています

2020年7月14日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第11回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第11回「外材供給拠点で国産スギを利用・シーアイウッド(株))」(『林政ニュース』第299号(2006(平成18)年8月9日発行)掲載)をこちらにアップしました。


青森県産原木を中国などに緊急出荷、輸送経費に助成


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,コロナ,木材流通,組織・業界団体 

青森県は、県内に滞留している4万m3の原木を国内外へ緊急出荷するため、輸送経費の3分の2を補助することを決めた。海外の中国に1万2,800m3を出荷するほか、島根や京都など西日本に9,450m3、東北地方に1万7,750m3を送り出す計画。県森林組合連合会が仲介役となり、早ければ7月末から出荷する。→詳しくは、「林政ニュース」第632号(7月8日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第632号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年7月9日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第10回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第10回「国産材製材の“実力”を豆原会長と考える・さらなる飛躍への課題(下)」(『林政ニュース』第298号(2006(平成18)年3月22日発行)掲載)をこちらにアップしました。遠藤氏の「2020年のコメント」もついています!


2020年7月3日

さつまファインウッドが長尺2×4など品目を拡大


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

国産スギ材を使って2×4住宅用部材を量産している鹿児島県の(株)さつまファインウッド(霧島市、「林政ニュース」第496・516号参照)は、今年度(2020年度)から長さ4m超~6mまでの長尺2×4材の本格販売を始めた。また、在来工法用間柱をオーダーサイズで製造する事業にも着手し、生産品目を拡大している。→詳しくは、「林政ニュース」第631号(6月24日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第631号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月30日

東信木材センターの2019年度素材取扱量は15万m3


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

長野県小諸市の東信木材センター協同組合連合会は、5月28日の第35回通常総会で昨年度(2019年度)の事業実績などを報告した。カラマツなどの素材取扱量は15万m3、取扱高は19億5,000万円で、過去最高を記録した前年度(2018年度)の17万m3、21億円には届かなかったが、依然として甲信越地域では群を抜く事業規模を維持している。→詳しくは、「林政ニュース」第630号(6月10日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第630号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月25日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第6回をアップしました。


『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第6回「プレカットの新潮流・熊本ランベックス・下」(『林政ニュース』第294号(2006(平成18)年6月14日発行)掲載)をこちらにアップいたしました。


2020年6月23日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第5回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第5回「プレカットの新潮流・熊本ランベックス・上」(『『林政ニュース』第293号(2006(平成18)年5月31日発行)掲載)をこちらにアップいたしました。


2020年6月18日

埼玉県で中大規模木造建築のプロ養成講座開講中


埼玉県木造公共施設推進協議会は、全5回の中大規模木造建築のプロフェッショナル養成講座を開講している。“木造都市”の担い手となる設計士を育成するのが目的で、インターネットによる遠隔講義なども交えて行っており、途中からの参加も可能。定員60名。受講料は通年コースが7万円、当日スポット受講が1万5,000円。→詳しくは、こちらを参照。


2020年6月16日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第3回をアップしました。


『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第3回「北京で進む『未来の家プロジェクト』・上」(『林政ニュース』第291号(2006(平成18)年4月19日発行)掲載)をこちらにアップいたしました。


ムラモトがオンライン「銘木市」を初めて開催


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

タモなど広葉樹の造作材や断熱材「ウールブレス」などを販売している(株)ムラモト(石川県金沢市、村本喜義・代表取締役社長)は、毎月実施している「ムラモト銘木市」を5月22日に初めてオンラインで開催した。今後も継続していくことにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第630号(6月10日発行)でどうぞ。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月8日

マルホンとワイス・ワイスが資本提携、「非住宅」に注力


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

国内外のムク材製品を幅広く取り扱っているマルホン(静岡県浜松市)は、国産オリジナル家具を手がけるワイス・ワイス(東京都新宿区)と5月1日に資本業務提携を結んだ。両社は「フェアウッド」の利活用を推進しており、今後の成長分野に「非住宅・デザイナー物件」を位置づけている。→詳しくは、「林政ニュース」第629号(5月27日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第629号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月4日

山形県が「広葉樹等活用拡大プロジェクト」を開始


山形県は今年度の新規事業として「広葉樹等活用拡大プロジェクト」をスタートさせた。広葉樹専用ストックヤードの整備や広葉樹製材のJAS取得などを支援する。→詳しくは、「林政ニュース」第629号(5月27日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第629号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月3日

豊田市産の桧枡と地酒で「父の日ギフト」を限定販売


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,新技術・新製品,木材流通 

愛知県豊田市の一般社団法人ウッディ―ラー豊田(樋口真明・代表理事長、第625号参照)は、同市産のヒノキでつくった枡と森林からの伏流水で仕込んだ地酒・菊石をセットにした「父の日ギフト」を6月21日に発売する。同市内で“木”と“酒”がコラボレーションした商品開発は初めてとなる。→詳しくは、「林政ニュース」第629号(5月27日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第629号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年5月27日

6月1日に「木材デューデリジェンス・ウェビナー」


九州大学熱帯農学研究センターなどは、6月1日(月)午後1時からオンラインで「木材デューデリジェンス・ウェビナー」を開催する。第1部では、森林劣化をもたらす木材の調達を回避する具体例について、乃村工藝社、マルホン、中村製材所など6社が発表する。第2部では、百村帝彦氏(九州大学農学研究室)がモデレーターとなり意見交換を行う。参加費無料。詳しくはこちらから。


2020年5月26日

東北・関東・中部・九州は国有林材の供給調整「必要」


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,コロナ,木材流通 

林野庁は、全国7森林管理局が3月から4月にかけて実施した「国有林材供給調整検討委員会」の結果を5月13日に公表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた国有林の対応方針について、東北・関東・中部・九州の4局は「供給調整を図る必要性がある」と答申したのに対し、近畿中国局は「供給調整の必要性は認められない」との判断を示し、地域によって見方が分かれた。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー