海外 のカテゴリーを表示しています

2019年7月30日

対日OSB供給の拠点、100マイルハウス工場が操業停止


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通,海外 

OSB(オリエンテッド・ストランド・ボード)の日本向け供給拠点として知られるカナダBC州の100マイルハウス工場が8月から操業を無期限停止する。6月末に同工場などを運営するノーボード社の経営陣が来日し、今後の日本マーケットへの対応方針などを説明した。→詳しくは、「林政ニュース」第609号(7月24日発行)でどうぞ。


8月8・9日に「日台木材商談会・台湾向け輸出促進セミナー」


日本木材輸出振興協会は、8月8日(木)と9日(金)に大阪市のアットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前で「日台木材商談会・台湾向け輸出促進セミナー」を開催する。台湾から木材等関係バイヤーを招き、最新の現地情報を聞く。両日とも午後1時30分から午後5時まで。申し込み締め切りは、7月31日(水)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年7月25日

国際緑化推進センターが途上国支援事業の契約社員募集


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人材育成・雇用創出,海外 

国際緑化推進センター(JIFPRO)は、途上国の森林資源を活用したビジネスモデル構築事業に携わる契約職員を募集している。期間は来年3月末まで。勤務地は東京都文京区で、就業時間は午前9時30分~午後6時。完全週休2日制(土、日)。給与は経験等に応じて決める。→詳しくは、こちらを参照。


2019年7月16日

7月23日にセミナー「森林認証がSDGs達成にはたす役割」


緑の循環認証会議(SGEC/PEFCジャパン)は、7月23日(火)午後1時30分から東京都港区の三会堂ビル・石垣記念ホールでセミナー「森林認証がSDGs達成にはたす役割」を開催する。前筑波大学教授の志賀和人氏が基調講演をした後、東京農業大学教授の宮林茂幸氏がコーディネーターとなってパネルディスカッションを行う。 定員約150人。参加費無料(原則事前申し込み)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年7月12日

7月25日に「ベトナム向け日本産木材製品輸出促進セミナー」


日本木材輸出振興協会は、7月25日(木)午後1時30分から東京都文京区の日中友好会館で「ベトナム向け日本産木材製品輸出促進セミナー」を開催する。ベトナムの家具消費動向や、ビンズン省の木材加工産業の現状などについて専門家が報告する。→詳しくは、こちらを参照。


2019年6月13日

カナダ最大の木材展示会と視察ツアーへの参加者募集


BCウッド日本事務所は、9月11日(水)から13日(金)までカナダのウィスラーで開催される国際展示会「グローバル・バイヤーズ・ミッション(GBM)」と視察ツアーへの参加者を募集している。GBMはカナダ最大の木材専門展示会で、視察ツアーは、①マスティンバー(「林政ニュース」第598号参照)、②アルバータ州林産品、③BC州ランバー・付加価値製品―─の3コースで行う。参加費用は約40~43万円。→詳しくは、こちらを参照。


2019年5月30日

G20環境閣僚会合で「都市の木造化」を呼びかけ


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築,海外 

6月15~16日に長野県軽井沢町で開かれる20か国・地域(G20)環境関係閣僚会合で、原田義昭環境相が「都市建築物の木造・木質化の推進」を呼びかける。4月に発足した「森林(もり)を活かす都市(まち)の木造化推進議員連盟」(「林政ニュース」第602604号参照)からの要望を踏まえ、議長国の立場から訴えることにした。→詳しくは、「林政ニュース」第605号(5月29日発行)でどうぞ。


2019年5月28日

途上国で森林再生技術を開発、事業委託先を募集中


国際緑化推進センター(JIFPRO)は、「森林再生技術開発に係る調査業務」(林野庁補助事業)の委託先を募集している。途上国で森林再生に関する実証試験を行い、提案技術の確立と普及を図るのが目的。締め切りは、5月29日午後5時(必着)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年5月23日

6月28日に日中友好会館で国産材輸出促進セミナー


日本木材輸出振興協会は、6月28日(金)午後2時45分から東京都文京区の日中友好会館(地下大ホール)で国産材輸出促進セミナーを行う。BXカネシン(株)の杉目勝也氏が「海外市場における金物工法等の取り組み」、(株)キーテックの朴智秀氏が「韓国の木材利用状況」について講演する。定員100名。→詳しくは、こちらを参照。


2019年5月14日

「森林再生技術開発に係る調査業務」の委託先を募集中


国際緑化推進センター(JIFPRO)は、「森林再生技術開発に係る調査業務」(林野庁補助事業)の委託先を募集している。途上国で森林再生に関する実証試験を行い、提案技術の確立と普及を図るのが目的。締め切りは、5月29日午後5時(必着)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年5月9日

「企業連携輸出促進モデル事業」の実施者募集中


日本木材輸出振興協会は、「企業連携輸出促進モデル事業」の実施者を募集している。同事業では、複数の企業や団体などが連携・共同して日本産木材製品を輸出する活動に対して助成する。申し込み締め切りは、5月20日(月)午後5時(必着)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年5月7日

京都国際会議場でIPCC第49回総会と「GLF京都2019」開催


5月8日(水)から12日(日)まで京都市国際会議場で気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第49回総会が行われ、温室効果ガスの算定に関するガイドラインが採択される。13日(月)には、一般参加自由の「グローバル・ランド・スケープ・フォーラム(GLF)京都2019」が同会議場で開催される。→詳しくは、 こちらを参照。


2019年4月16日

欧州材の調達強化、ポラテックがフィンランドに現地法人


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材流通,海外 

プレカット最大手のポラテック(株)(埼玉県越谷市、「林政ニュース」第435436号参照)は、フィンランド共和国の首都ヘルシンキに100%子会社の現地法人「POLUS-TEC HELSINKI OY」(ポラテックヘルシンキ有限責任会社)を4月1日付けで設立した。欧州からの木材調達力を強化する拠点になる。→詳しくは、「林政ニュース」第603号(4月17日発行)でどうぞ。


2019年4月9日

6月30日~7月7日に「CLT視察ツアー2019 in 欧州」


5:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,海外 

日本CLT協会は、6月30日(日)から7月7日(日)にかけて「CLT視察ツアー2019 in 欧州」を実施する。訪問先は、24階建ての木造最高層建築物を建設しているオーストリアのほか、スロベニアとイタリア。参加料金は55万円(燃油サーチャージ費等含まず)。募集締め切りは4月19日(金)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年3月13日

3月15日に「途上国における森林再生技術」普及ワークショップ


国際緑化推進センター(JIFPRO)は、3月15日(金)午後3時から東京の文京シビックセンターで「途上国における森林再生技術」普及ワークショップを行う。「長根苗」を用いた荒廃地再生や「保育ブロック工法」による砂漠緑化などの実証試験結果が報告される。→詳しくは、こちらを参照。


1 / 151234510...最後 »
ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー