組織・業界団体 のカテゴリーを表示しています

2020年4月9日

木材学会がヒノキの「木ころん」をわらべ館に寄贈


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木育,組織・業界団体 

日本木材学会は3月14日に、鳥取市のわらべ館を管理している公益財団法人鳥取童謡・おもちゃ館へヒノキの積み木「木ころん」1,000個を寄贈した。同学会は、3月に鳥取大学で第70回大会の開催を予定していたが新型コロナウイルスの影響で中止した。しかし、同学会初となる木製品の寄贈は、同大会記念事業として計画どおりに行った。→詳しくは、「林政ニュース」第625号(3月25日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第625号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


国産材製品モデル輸出事業の結果を公開中


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材流通,海外,組織・業界団体 

日本木材輸出振興協会は、昨年度(2019年度)に行った「企業連携型木材製品輸出促進モデル事業」の実施結果をホームページ上で公開している。中国、台湾、ベトナムやアメリカ、ヨーロッパなどに国産材製品を輸出した実績や現地での反応などがまとめられている。→詳しくは、こちらを参照。


2020年4月8日

林産物の新輸出目標、2030年に1,800億円目指す


政府は、木材など林産物の輸出額を2030年に1,800億円に増やす新たな目標を設定した。2019年の実績(371億円)から5倍近い伸びを目指すことになる。3月6日に開催された農林水産物・食品の輸出に関する関係閣僚会議で、新しい輸出目標額を5兆円に引き上げ、このうち1,800億円を林産物で確保することが了承された。→詳しくは、「林政ニュース」第625号(3月25日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第625号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年4月7日

災害時に“変身”、最優秀賞に「便座カバー付き洋式トイレ」


日本木材青壮年団体連合会は、2回目となる「ウッドトランスフォームシステムコンペティション」の最終審査会を3月6日に東京都内で開催し、一般部門の最優秀賞に辻映里さんの「便座カバー付き洋式トイレ」を選んだ。通常時は収納棚として使用し、災害発生時にはプライベートに配慮したトイレに“変身”する。→詳しくは、「林政ニュース」第625号(3月25日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第625号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年4月3日

新型コロナで「伐木チャンピオンシップ」も中止


全国森林組合連合会は、5月16日(土)・17日(日)に青森県青森市のモヤヒルズで開催する予定だった「第4回日本伐木チャンピオンシップ(JLC)」を中止することを決めた。新型コロナウイルスの感染が広がっているため取り止めることにした。9月に開催される「第34回世界伐木チャンピオンシップ(WLC)」への代表選手派遣も見送る。


2020年4月1日

木材の大量輸送などに対応、路網ビジョンの検討開始


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材流通,組織・業界団体 

林野庁は、木材の大量輸送や異常災害の多発などの状況変化を踏まえ、新たな視点から“道づくり”のビジョンを策定する。有識者や専門家で構成する「今後の路網整備のあり方検討会」(座長=酒井秀夫・東京大学名誉教授)を設置し、3月25日に同庁内で初会合を開いた。夏までに3回程度会合を重ねて検討成果をまとめる。→詳しくは、「林政ニュース」第625号(3月25日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第625号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年3月31日

林土連が創立60周年記念式典、専務理事が交代


日本林業土木連合協会(新谷龍一郎会長)は、2月19日に東京都内のホテルで今年度(2020年度)の定時総会と創立60周年記念式典を開催した。定時総会では、所定の議案を原案どおり承認するとともに役員を改選。専務理事の菊池博輝氏が退任して相談役となり、後任には堂本整氏が就任した。→詳しくは、「林政ニュース」第624号(3月11日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第624号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


5月9・10日の第30回森と花の祭典「みどりの感謝祭」は中止


国土緑化推進機構は、5月9・10日に東京の日比谷公園で実施する予定だった第30回森と花の祭典「みどりの感謝祭」を中止することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大が続いているため、大規模イベントの開催は取り止めることにした。


2020年3月25日

住友林業の新社長に光吉敏郎氏、4月1日に就任


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転,組織・業界団体 

住友林業(株)(東京都千代田区)の社長が4月1日付けで交代する。現社長の市川晃氏(65歳)が代表取締役会長となり、新社長には取締役専務執行役員の光吉敏郎氏(57歳)が就任する。2月28日の取締役会で決めた。→詳しくは、「林政ニュース」第624号(3月11日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第624号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


「全日本学校緑化コンクール表彰校」が決定


国土緑化推進機構は、今年度(2019年度)の「全日本学校緑化コンクール表彰校」を決定した(3月13日に公表)。表彰式は、5月31日(日)に島根県で開催される第71回全国植樹祭の会場で行う予定。
◎学校林等活動の部
・農林水産大臣賞
 鹿児島市立武岡台小学校(鹿児島県)
 天龍村立天龍中学校(長野県)
 北海道士幌高等学校(北海道)
・国土緑化推進機構会長賞
 会津若松市立湊小学校(福島県)
 春日井市立坂下小学校(愛知県)
 出雲市立佐田中学校(島根県)
 秋田県立能代支援学校(秋田県)
・国土緑化推進機構理事長賞
 大和町立吉田小学校(宮城県)
 永平寺町立御陵小学校(福井県)
 飯南町立来島小学校(島根県)
 早川町立早川中学校(山梨県)
 大津市立葛川小学校・中学校(滋賀県)
◎学校環境緑化の部
・文部科学大臣賞
 羽生市立須影小学校(埼玉県)
 静岡県立磐田農業高等学校(静岡県)
・国土緑化推進機構会長賞
 仙北市立神代小学校(秋田県)
 さくら市立熟田小学校(栃木県)
 水俣市立久木野小学校(熊本県)
 鹿児島市立西紫原小学校(鹿児島県)
 東広島市立高美が丘中学校(広島県)
 沖縄県立読谷高等学校(沖縄県)
・国土緑化推進機構理事長賞
 松島町立松島第一小学校(宮城県)
 磐梯町立磐梯第一小学校(福島県)
 阿武町立福賀小学校(山口県)
 小豆島町立苗羽小学校(香川県)
 熊谷市立妻沼中学校(埼玉県)
 熊本市立北部中学校(熊本県)
 肝付町立岸良小学校・岸良中学校(鹿児島県)
 福井県立鯖江高等学校(福井県)
 大阪府立とりかい高等支援学校(大阪府)
 熊本県立熊本支援学校(熊本県)


2020年3月24日

樹々の会と川又正人氏に「創意工夫」優秀賞


大日本山林会は、10回目となる今年度(2019年度)の林業経営「創意工夫」表彰行事受賞者を3月12日に発表した。優秀賞には、クロモジの葉からお茶や入浴剤など様々な商品を開発している京都府の女性グループ・樹々の会と、「コンテナ苗植栽篭」を開発して普及につとめている岩手県の川又正人氏が選ばれた。表彰式は、5月27日(水)に開催予定の同会定時総会の中で行う。


2020年3月17日

高知で初の「土佐備長炭 ウバメガシ植樹祭」実施


四国森林管理局は2月5日に、初の「土佐備長炭 ウバメガシ植樹祭」を高知県東洋町内の国有林で行った。土佐備長炭の原料となるウバメガシが減少しているため、安芸森林管理署が育成したウバメガシの苗木約2,000本を植えつけた。→詳しくは、「林政ニュース」第623号(2月26日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第623号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年3月13日

後継者育成に全力、「第60回全国竹の大会京都大会」を開く


全日本竹産業連合会は、2月13日に京都市内で「第60回全国竹の大会京都大会」を開催した。大会テーマに「次世代につなぐ竹ワールド」を掲げ、後継者育成に総力を挙げて取り組んでいく方針を確認した。→詳しくは、「林政ニュース」第623号(2月26日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第623号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


農林水産叢書『木材利用と地球環境』のPDFを無料公開


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,組織・業界団体,統計・調査 

大日本山林会と木材サミット連絡会は、農林水産叢書No.82『木材利用と地球環境─持続可能な社会に向けて─』を刊行した。機関誌『山林』で2018年4月から13回にわたって掲載されたシリーズを1冊にまとめた。全文のPDFデータを山林会のホームページで無料公開している。→詳しくは、こちらを参照。


2020年3月12日

第6回「農中森力基金」の助成先に鶴居村森林組合など9件


農林中央金庫は、第6回「農中森力基金」の助成案件を3月3日に公表した。20件の応募があり、次の9件を採択した(助成総額は1億9,500万円)。
鶴居村森林組合(北海道)「『見(魅)せる』林業モデルによる広葉樹林の再生」
遠野地方森林組合(岩手県)「『遠野郷』における民有林森林機能の復活」
石巻地区森林組合(宮城県)「復興の森林プロジェクト第2章」
松本広域森林組合・長野県森林組合連合会(長野県)「アカマツ林の再生と豊かな森を目指して」
岡崎森林組合(愛知県)「ぬかた、木望の森」
中勢森林組合(三重県)「桜の名所百選『三多気の桜』周辺の森再生事業」
大田市森林組合(島根県)「搬出間伐システム構築に向けた石見銀山モデル事業」
大洲市森林組合(愛媛県)「針葉樹林・広葉樹林の一体的施業による民有林の再生事業」
鹿児島県森林組合連合会(鹿児島県)「シラス地域におけるICT技術を利活用した荒廃森林再生事業」


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー