統計・調査 のカテゴリーを表示しています

2020年8月26日

住宅展示場の来客戻る、北海道など5エリア


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,コロナ,住宅・建築,統計・調査 

住宅展示場協議会と住宅生産振興財団が8月18日に発表した7月の住宅展示場来場者組数は、対前年同月比マイナス6.29%の28万144組だった。コロナの影響で5か月連続の来場減となったが、減少幅は縮小し、北海道、東北、近畿、中国・四国、九州・沖縄の5エリアは対前年同月比プラスに転じた。エリア別の来場者組数と対前年同月比は、次のとおり。
北海道:7,788組(+24.19%)
東北:5,009組(+11.39%)
関東:15万1,994組(▲3.15%)
信越・北陸:5,252組(▲8.28%)
東海:5万6,354組(▲24.27%)
近畿:4万2,844組(+3.75%)
中国・四国:2,777組(+13.21%)
九州・沖縄:8,126組(+10.21%)


2020年7月14日

昨年のまつたけ生産量は78%減、14トンの不作


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,特用林産物,統計・調査 

林野庁は、特用林産物の主要品目に関する昨年(2019年)の生産量(速報値)をまとめた。きのこ類は、しいたけ(生・乾)、えのきたけ、ぶなしめじ、まいたけなどはほぼ前年並みだったが、まつたけは天候不順の影響で前年比78%減の14トンに落ち込んだ。他の品目も含めた生産量は8月末に公表する予定。→詳しくは、こちらを参照。


2020年7月2日

林業経済学会が秋季大会をオンラインで開催


林業経済学会は、今年(2020年)の秋季大会を12月1日(火)から12月10日(木)にかけてオンラインで開催することにした。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、WEB上で行い「3密」を避けることにした。参加費無料。発表の申し込み締め切りは8月31日(月)。→詳しくは、こちらを参照。


2020年6月29日

日本の森林の炭素貯留量は従来推計値の1.72倍


日本の森林が蓄えている炭素量は、従来の推計値よりもはるかに多いとする研究論文が発表された。自然科学論文誌『サイエンティフック・リポーツ(Scientific Reports)』の5月号に掲載されたもので、日本の森林について独自の調査と試算を行った結果、これまでの推計値と比べて炭素貯留量は1.72倍、炭素吸収速度は2.44倍あるとしている。→詳しくは、「林政ニュース」第631号(6月24日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第631号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月25日

最新の『森林・林業白書』はSDGsを特集


政府は、6月16日の閣議で2019(令和元)年度の『森林・林業白書』を決定・公表した。特集テーマに「持続可能な開発目標(SDGs)に貢献する森林・林業・木材産業」を掲げ、異業種企業などが森林整備や木材利用に参画することで新たなビジネスが生まれる可能性などについて解説した。→詳しくは、「林政ニュース」第631号(6月24日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第631号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月22日

世界の森林の減少ペース鈍化、FAOが最新調査結果公表


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,海外,統計・調査 

FAO(国連食糧農業機関)は、世界の森林資源に関する最新の調査結果(「世界森林資源評価(FRA)2020」)を5月7日に公表した。世界全体の森林面積は依然として減り続けているものの減少ペースは鈍化してきており、人工林面積が増加していることがわかった。→詳しくは、「林政ニュース」第630号(6月10日発行)でどうぞ。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月19日

衛星画像を使い違法伐採を監視、国が新システム開発


農林水産省は、最新のリモートセンシング技術などを使って農地や森林に関する違法案件を早期発見するシステムづくりを進めている。森林については、米グーグル社が無償提供している衛星画像のクラウドサービスを使って、市町村ごとに一定の期間に伐採された箇所を抽出し、一般的なGISソフトを活用して確認できるプログラム「FAMOST」を自主開発した。→詳しくは、「林政ニュース」第630号(6月10日発行)でどうぞ。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年5月19日

国産素材(丸太)の供給量続伸、シェア83.1%にアップ


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,法律・制度・予算,統計・調査 

農林水産省は、2019(令和元)年の「木材統計」を4月30日に公表した。同年の素材(丸太)需要量は2,634万8,000m3で前年(「林政ニュース」第604号参照)より19万7,000m3(0.7%)減少したが、国産材の供給量は24万3,000m3(1.1%)増の2,188万3,000m3に増加し、シェアも前年より1.6ポイントアップの83.1%に高まった。→詳しくは、「林政ニュース」第628号(5月13日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第628号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年3月30日

高性能林業機械の保有台数が1万台近くに増加


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,林業機械,統計・調査 

林野庁は、2018年度末時点の高性能林業機械の保有状況をまとめ、3月16日に公表した。総数は前年度から720台増えて9,659台となった。最も多いのはフォワーダの2,650台(前年度より176台増)。次いで、プロセッサの2,069台(同84台増)、ハーベスタの1,849台(同92台増)などとなっている。→詳しくは、こちらを参照。


2020年3月18日

林業産出額が18年ぶりに5,000億円超える


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,統計・調査 

木材やきのこ類などの林業産出額が18年ぶりに5,000億円を超えた。農林水産省が2月19日に公表した最新データによると、2018年の林業産出額は、前年より156億円増えて5,026億円(対前年比3.2%増)となった。2013年から上昇ペースを維持している。→詳しくは、「林政ニュース」第624号(3月11日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第624号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


東北の素材生産業は人手不足が問題、日本公庫が調査


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,統計・調査 

日本政策金融公庫は、東北6県の素材生産業者140社を対象に行った「林業動向調査」の結果を2月28日に公表した。経営上の課題では80%近くが「従業員の確保」をあげ、「生産設備」や「山林・立木の不足」を懸念材料とする回答も4割近くに上った。


2020年3月13日

農林水産叢書『木材利用と地球環境』のPDFを無料公開


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,組織・業界団体,統計・調査 

大日本山林会と木材サミット連絡会は、農林水産叢書No.82『木材利用と地球環境─持続可能な社会に向けて─』を刊行した。機関誌『山林』で2018年4月から13回にわたって掲載されたシリーズを1冊にまとめた。全文のPDFデータを山林会のホームページで無料公開している。→詳しくは、こちらを参照。


2020年3月11日

「スマート林業報告会」の発表資料を公開中


日本森林技術協会は、2月25日に開催した「スマート林業の取組に関する報告会」の発表資料をWEB上で公開している。井上岳一・日本総合研究所創発戦略センター シニアスペシャリストによる基調講演の内容や各地域の取り組み状況などがアップされている。→詳しくは、こちらを参照。


2020年3月3日

昨年の木材輸出額は前年比1%減の348億円にとどまる


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材流通,統計・調査 

右肩上がりで増えてきた木材輸出にブレーキがかかり、昨年(2019年)の木材輸出額は346億円で対前年度比1%減にとどまった。主要輸出国である中国市場が米中貿易摩擦や新型コロナウィルスなどの影響などで揺れており、今後を見通しづらい状況になっている。→詳しくは、「林政ニュース」第623号(2月26日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第623号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年2月5日

忘れ去られていた「ブドウハゼ」を天然記念物に再指定


和歌山県の“忘れ去られていた”特産品・葡萄櫨(ブドウハゼ)の原木が県の文化財(天然記念物)に1月23日付けで再指定された。ブドウハゼは昭和中期に文化財指定が解除されていたが、2017年にりら創造芸術高等学校の生徒が“再発見”していた(「林政ニュース」第606号参照)。→詳しくは、「林政ニュース」第621号(1月29日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第621号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


1 / 101234510...最後 »
ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー