造林・育林 のカテゴリーを表示しています

2019年9月6日

9月28日にあきる野市で少花粉スギを植樹、参加者募集中


緑の循環認証会議(SGEC/PEFCジャパン)は、少花粉スギの植栽促進活動として「『令和』記念 We Love Forest の森植樹祭」を9月28日(土)に東京都あきる野市で開催する。JR五日市線・武蔵五日市駅に午前10時15分に集合し、小型バスで現地(あきる野市所有SGEC認証林)に移動して植樹を行い、午後2時に同駅で解散する。9月20日(金)まで参加者を募集している(定員30名、参加費1,000円(弁当、飲み物付き)、中学生以下は無料)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年8月29日

林業+異業種チームで「造林」変革、参加者募集中


林野庁は、IT関係など異業種の人材と連携して「造林」の課題解決を目指す新事業「Sustainable Forest Action」(「林政ニュース」第611号参照)への参加者を募集している。林業+異業種の混成チームを編成し、林業体験や合同合宿などを行いながら「造林」を変革するアイディアを練り上げ、12月7日に東京で開催するデモデイ(最終審査会)で成果を発表する。申し込み締め切りは、9月17日(火)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年8月28日

10月6日にふくしま県民の森で「第2回ふくしま植樹祭」


10月6日(日)午前10時から福島県大玉村のふくしま県民の森で「第2回ふくしま植樹祭~ABMORI~」が開催される。「未来へつなぐ 希望の森林づくり」をテーマに、広葉樹の植栽や少花粉スギ苗の補植・下刈り活動のほか、交流・体験イベントなどを行う。申し込み締め切りは、9月10日(火)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年8月22日

第72回全国植樹祭の大会テーマとマーク決まる


滋賀県は、2021年に開催する第72回全国植樹祭の大会テーマとシンボルマークの入賞作品を決めた。大会テーマの最優秀作品には、東京都の保岡直樹さんの「木を植えよう びわ湖も緑のしずくから」、シンボルマークには山形県の松岡英男さんの作品が選ばれ、同マークを用いた大会ロゴマークも公表された。


10月12日に札幌市で「第44回全国育樹祭」1年前シンポジウム


来年秋に「第44回全国育樹祭」を開催する北海道は、1年前記念キックオフイベントとして、10月12日(土)午後1時から札幌市の北海道大学高等教育推進機構大講堂で「国民参加の森林(もり)づくりシンポジウム」を開催する。クリエイティブオフィスキューの鈴井貴之氏による記念講演や事例発表、パネルディスカッションなどを行う。定員250名(先着順)。参加費無料。申し込み期限は9月13日(金)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年8月21日

茨城森林管理署がドローン使い林地除草剤散布


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,新技術・新製品,造林・育林 

関東森林管理局の茨城森林管理署は、ドローンを使った林地除草剤の散布試験を7月30日に日立市内の国有林で行った。下刈りなど保育作業の省力化を図るため、無人航空機を利用して林地除草剤を上空から撒く技術が注目されており、昨年11月には宮崎県で無人ヘリコプターからの試験散布が行われ(「林政ニュース」第593号参照)、今年3月には法制度面での許可が下りている(「林政ニュース」第604号参照)。→詳しくは、「林政ニュース」第610号(8月7日発行)でどうぞ。


2019年8月20日

2022年の全国植樹祭は岩手県で開催、2023年は岡山県に内定


国土緑化推進機構は8月7日の理事会で、2022(令和4)年に開催する第73回全国植樹祭を岩手県で、第43回全国育樹祭を茨城県でそれぞれ開催することを決めた。また、翌2023(令和5)年の第75回全国植樹祭の開催地を岡山県に内定した。


2019年8月9日

間伐コンクールに「継続的取組部門」を新設し参加募る


間伐・間伐材利用推進ネットワークは、今年度の「間伐・間伐材利用コンクール」に「継続的取組部門」を新設する。同コンクールが20周年を迎えることを踏まえ、従来からの「製品づくり・利用部門」及び「間伐実践・環境教育部門」と合わせて計3部門で募集・選定・表彰を行う。応募期間は、10月7日(月)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2019年6月21日

2021年の「第45回全国育樹祭」は大分県で開催


国土緑化推進機構は、2021(令和3)年秋に実施する「第45回全国育樹祭」の開催地を大分県に決めた(6月14日に発表)。なお、今年の第43回全国育樹祭は沖縄県、来年の第44回全国育樹祭は北海道で行われる。


2019年6月14日

More production of Japanese cedar container seedlings at a unique germination chamber


12:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,造林・育林 

Regional Forest Maintenance Group established in Daisen City, Akita Prefecture three years ago has been increasing its production of Japanese cedar container seedlings. They have developed an original germination chamber to control the temperature in the plastic greenhouse precisely in order to enhance productivity as well as to reduce the cost.
For more information, please refer to The Rinsei News, Issue No.605, published on May 29.


2019年5月22日

ドローンからの除草剤散布認可、林業分野で初


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,新技術・新製品,造林・育林 

無人ヘリコプターやドローンによる除草剤の散布が林業分野で初めて認められた。宮崎県が下刈りの省力化を目指して林地除草剤を上空から試験散布する(「林政ニュース」第593号参照)など新しい動きが出ているが、無人航空機による空中散布は正式に認可されていないため“実験的な取り組み”にとどまっていた。→詳しくは、「林政ニュース」第604号(5月15日発行)でどうぞ。


2019年5月17日

国有林野事業で主伐量5%増、新植面積35%アップ


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理,造林・育林 

林野庁は、国有林野事業に関する今年度(2019年度)の事業計画などをまとめた。主伐量は対前年度比5%増の683万7,000m3、新植面積は同35%増の6,100haとし、間伐から主伐・再造林へのシフトを一段と強化する。→詳しくは、「林政ニュース」第604号(5月15日発行)でどうぞ。


2019年5月16日

秋田県森連と素流協が再造林支援へ600万円寄付


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,組織・業界団体,造林・育林 

秋田県の森林組合連合会と素材生産流通協同組合は4月19日に、再造林に伴う負担を軽減するため600万円を県に寄付した。県の今年度新規事業「次代につなぐ再造林促進対策事業」の拡充に活用することにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第604号(5月15日発行)でどうぞ。


2019年4月26日

三好産業のコウヨウザン造林が40haに拡大


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,造林・育林 

鹿児島県の三好産業が4年前に始めたリサイクル林の造成事業(「林政ニュース」第505号参照)が進展してきた。全国に先駆けて、早生樹のコウヨウザンを使った本格的な植林活動を継続、野兎被害などに遭いながらも造成面積は40haにまで広がってきた。→詳しくは、「林政ニュース」第602号(4月3日発行)でどうぞ。


2019年4月12日

「あいちの五つ星林業経営体」認定制度を創設


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理,造林・育林 

愛知県は、「あいちの五つ星林業経営体」認定制度を創設した。新たな森林管理システムの中核となる「意欲と能力のある林業経営体」を育成するため、「技術」「安全」「雇用」に関する5項目の基準を設け、民間事業体等のスキルアップ等を促すことにした。→詳しくは、「林政ニュース」第602号(4月3日発行)でどうぞ。


1 / 712345...最後 »
ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー