鳥獣害対策 のカテゴリーを表示しています

2012年10月1日

北海道で女性ハンターによるエゾシカ対策組織が発足


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,鳥獣害対策 

エゾシカによる農林業被害が深刻な北海道で、女性による対策組織が設立された。名称は、「The Women in Nature ~shoot & eat」(TWIN)で、エゾシカを捕獲するだけでなく、食材としても有効活用することを目的にしている。→詳しくは、「林政ニュース」(第445号、9月26日発行)でどうぞ。


2012年7月26日

シカ捕獲の新手法モバイルカリング、道有林で効果を確認


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,鳥獣害対策 

北海道浜中町の道有林釧路管理区で、シカ捕獲の新手法であるモバイルカリング試験事業が行われ、エゾシカを効率的に捕獲できることが確認された。道では、モバイルカリングの普及に向けて、8月末には市町村などを対象に同手法の導入に関する説明会を開催することにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第441号(7月25日発行)でどうぞ。


2012年5月21日

宮崎県が「鳥獣被害対策支援センター」を新設


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,鳥獣害対策 

宮崎県は、美郷町西郷区の県林業技術センター内に「鳥獣被害対策支援センター」を新設した。市町村への技術支援や地域リーダーの育成、モデル集落づくりなどの対策を強化するのが目的。同県が鳥獣被害対策スペシャリストに任命している井上雅央氏が顧問となり、センター長と専任職員2名で運営する。→詳しくは、「林政ニュース」第436号(5月16日発行)でどうぞ。
★第436号の電子版(PDF)はこちら


2012年3月8日

シカの誘引捕獲を国有林で初めて実施、3月11日に成果説明会


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,鳥獣害対策 

国有林では初めてとなるニホンジカの誘引捕獲が1月下旬から2月上旬にかけて、静岡県の富士山国有林内で行われ、6回(6日間)の実施で73頭を捕獲し、有効性が確認された。成果に関する説明会が3月11日の午後1時から、富士宮市役所の会議室で行なわれる。申し込み・問い合わせは、静岡森林管理署(TEL:050-3160-6015)へ。


2012年2月13日

シカによる危機を防げ! 2月28日に佐伯市で九州森林環境シンポジウム


九州森林管理局は2月28日午後1時から、大分県佐伯市の佐伯文化会館で九州森林環境シンポジウム「増えすぎたシカによる危機を考える」を開催する。九州ではシカの生息密度が適正レベルの10倍に達しており、農林業被害が深刻化している。行政関係者や研究者、ハンターなどの代表が有効な対策について検討する。参加費無料。申し込みなど詳しくは、こちらを参照。


4 / 41234
ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー