J-FIC News のカテゴリーを表示しています

2017年10月27日

「西山杉」で3つのモデルハウス、愛称募集へ


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

山形県村山地域の製材・建築業者ら39団体で構成する大江町型住宅販売会は、「西山杉」住宅を拡販するため、3つのモデルハウスを考案した。管内のイベントで模型を巡回展示するとともに、モデルハウスの愛称も募集する。→詳しくは、「林政ニュース」第567号(10月18日発行)でどうぞ。


ワイス・ワイスがフォーラム2017「にっぽんの木の出口」を開催


(株)ワイス・ワイスは、「WISE FORUM 2017 ~にっぽんの木の出口~」を11月24日(金)午後3時から東京都渋谷区の日本看護協会ビルで開催する。沖修司・林野庁長官が基調講演を行い、全国各地の林業や製材業、工務店、自治体関係者などが木の出口づくりの取り組みを紹介する。午後6時からは、渋谷区神宮前の同社表参道ショールームで懇親会を行う。シンポジウムの定員は220名、参加費は1,000円。懇親会費は3,000円。申し込み方法など、詳しくはこちらを参照。


2017年10月26日

高度技術を持つ人材育成へ、長野林大・岐阜アカ・信州大が連携


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人材育成・雇用創出 

長野県林業大学校と岐阜県立森林文化アカデミー及び信州大学農学部は、9月4日に連携・交流に関する覚書を締結した。すでに長野県林業大学校と岐阜県立森林アカデミーは協定を結んでいるが(「林政ニュース」第522号参照)、信州大学の協力を得ることで、高性能林業機械のオペレーターなど高度な技術を持つ人材の育成を強化することにした。→詳しくは、「林政ニュース」第567号(10月18日発行)でどうぞ。


11月12日にシンポ「鳥獣害―野生鳥獣による農林業被害とその対策」開催


日本農学アカデミーと日本農学会は、11月12日(日)午後1時から東京都文京区の東京大学弥生講堂でシンポジウム「鳥獣害―野生鳥獣による農林業被害とその対策」を開催する。獣被害防止対策とジビエ活用や、森林における野生鳥獣管理などの発表を踏まえて、今後の対応策を考える。入場無料(事前登録制)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年10月25日

ナイスホームが湘南エリアに2棟目のモデルハウス建設


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

ナイスホーム(株)は、2棟目となる木造モデルハウスを神奈川県藤沢市のtvkハウジングプラザ藤沢に建設した。「自然とつながる」をコンセプトに自然素材を多く使っており、飫肥杉を使用したウッドデッキをはじめ、国産材の使用量を高めたつくりになっている。→詳しくは、「林政ニュース」第565号(9月20日発行)でどうぞ。


「持続可能な生産と消費」をテーマに第15回環境研究シンポジウム


環境研究機関連絡会は、11月22日(水)正午から東京都千代田区の一橋大学一橋講堂で15回目となる環境研究シンポジウムを行う。「持続可能な生産と消費」をテーマに、CLTの活用や中高層木造建築物の可能性を含めた13件の講演が予定されている。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年10月24日

自民党大勝も元農相の西川公也氏は議席失う


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転 

第48回衆議院選挙が10月22日に行われ、戦前の予想どおり自民党が大勝した。同党の農林関係議員も順当に議席を確保したが、元農相で農林水産戦略調査会長の西川公也氏(栃木2区、「林政ニュース」第492504号参照)は落選、年末に向けた予算編成などで要役となるキーパーソンが議席を失う結果となった。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第568号、11月8日発行)でお伝えします。


檜原村郷土資料館で連続講座「山道具に聴く 昔の林業」


むかしごと研究会は、「山道具に聴く 昔の林業」をテーマにした4回連続講座を東京都の檜原村郷土資料館で行う。開催日は、10月29日(日)、11月26日(日)、来年(平成30年)1月28日(日)、2月25日(日)で、時間はいずれも午前10時45分から。参加費は1回1,000円(資料代等)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年10月23日

傾斜度自在の伐倒練習機で安全作業研修を行う


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人材育成・雇用創出 

森づくり安全技術・技能全国推進協議会(FLC、「林政ニュース」第467号参照)は、様々な斜面作業を再現できる伐倒練習機を導入し、「森づくり安全技術・技能習得制度」の「ランク3(森づくり安全サポーター)」取得を目的にした研修会を東京の高尾グリーンセンターで行っている。→詳しくは、「林政ニュース」第567号(10月18日発行)でどうぞ。


11月2日に森を活用した保育・幼児教育の自治体勉強会


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林環境教育 

鳥取・長野・広島県は、11月2日(木)午後1時30分から東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センター(センター棟101室)で「森と自然を活用した保育・幼児教育に関する自治体勉強会」を開催する。山口美和・上越教育大学准教授が基調講演を行い、自治体からの事例発表などを通じて、「森のようちえん」の展開方向を考える。定員約100名。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年10月20日

10月22日に第31回「水都おおさか森林の市」を開催


10月22日(日)に31回目となる「水都おおさか森林の市」が近畿中国森林管理局と毛馬桜之宮公園で開催される。今回は、林業おもちゃが当たる「森林のガチャガチャ抽選会」を目玉に、シカ肉・シシ肉・原木しいたけの試食や木のボールプール、森のようちえん体験など約60ブースが設けられる。入場無料。台風の接近などで中止する場合は、前日(21日、土)の午後7時までに決定し、サイト等で告知する。→詳しくは、こちらを参照。


10月27日~30日に名古屋で「日本木工機械展/ウッド エコテック2017」


日本木工機械工業会は、10月27日(金)から30日(月)まで、名古屋市のポートメッセなごやで「日本木工機械展/ウッド エコテック2017」を開催する。国内外の木工機械メーカーが最新機種などを展示する。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年10月19日

「バイオマス産業都市」に11市町村を追加


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木質バイオマス 

政府(農林水産省など7府省)は、バイオマス産業都市として、次の11市町村を新たに選定した(10月3日に発表)。
北海道滝上町
北海道中標津町
北海道鶴居村
青森県西目屋村
山形県飯豊町
宮城県色麻町
栃木県大田原市
群馬県上野村
京都府京都市
広島県東広島市
山口県宇部市
→詳しくは、こちらを参照。


選手村ビレッジプラザに62自治体が地域材を無償提供


東京五輪の選手村ビレッジプラザ(「林政ニュース」第535号参照)に地域材を無償提供する自治体が10月18日に発表された。大会組織委員会の公募(「林政ニュース」第562号参照)に応じた62自治体が協力し、複数自治体の連携により事業者数では41になる。棟単位では岩手県や日南市(宮崎県)など、部材単位では青森県や智頭町(鳥取県)などが参加する。→詳しくは、こちらを参照。


2017年10月18日

7回目の「天然水の森フォーラム」を開催


サントリーホールディングス(株)は、9月27日に東京都港区のサントリーホールで、7回目となる「天然水の森フォーラム2017」(「林政ニュース」第470522546号参照)を開催。「やってはいけない森林整備」などの研究発表が行われた。→詳しくは、「林政ニュース」第567号(10月18日発行)でどうぞ。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー