お知らせ のカテゴリーを表示しています

2018年6月6日

【新刊のご案内】『地球を緑にⅡ』を6月1日に刊行しました!


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

海外産業植林センター(JOPP)が積み重ねてきた海外調査・研究事業の成果を1冊にまとめました。バイオマス資源の将来展望や違法伐採対策などに関する最新情報を収録。2009年に刊行した『地球を緑に』の続編です。
書 名:地球を緑にⅡ ―産業植林調査概要報告書―
編 者:海外産業植林センター(JOPP)
規格等:B5判 並製 150頁 ISBN978-4-88965-256-7
定 価:2,160円(本体価格2,000円+税、送料無料)
発行日:2018年6月1日
◎詳しくは、こちらからどうぞ。


2018年6月5日

【新刊のご案内】『森林のルネルサンス』を刊行しました!


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

林業経済研究所創立70周年事業として連続開催したシンポジウムの成果をまとめました。現場で活躍している先駆者の生の声が詰まっています!
書 名:森林のルネサンス ―先駆者から未来への発信―
編 者:一般財団法人林業経済研究所
規格等:A5判 並製 250頁 ISBN978-4-88965-253-6
定 価:2,160円(本体価格2,000円+税)、送料無料)
発行日:2018年5月30日
詳しくは、こちらからどうぞ。


2018年6月4日

「林政ニュース」第582号(6月6日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、森林経営管理法が成立、最新白書も「新たな森林管理システム」を特集(「ニュース・フラッシュ」)、新法への懸念や批判に耳を傾ける(「緑風対談」)、“脱・産地”で新天地を拓く外山木材新工場・上(「遠藤日雄のルポ&対論」)、“怒涛の進撃”を加速する上土佐備長炭生産販売(「いくらでもつくってくれ、いくらでも買う!③」)、青森で第3回伐木チャンピオンシップ開催(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第582号の電子版(PDF)は、こちら


2018年5月22日

「林政ニュース」第581号(5月23日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、森林経営管理法案の参院審議ようやく前進(「ニュース・フラッシュ」)、「奄美・沖縄」の自然遺産登録に“待った”の判定(「話題を追う」)、“林業の6次産業化”に挑む内子・森と町並みの設計社(「突撃レポート」)、「五木モデル」団地倍増、中国木材も参画(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第581号の電子版(PDF)は、こちら


2018年5月7日

「林政ニュース」第580号(5月9日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、10年後に林業の付加価値生産額5千億円増を「未来投資戦略」に反映へ(「ニュース・フラッシュ」)、宮大工が自前の製材工場で発展! 鳥羽瀬社寺建築(「突撃レポート」)、新たな変革に挑む100 年企業・長谷川萬治商店・上(「遠藤日雄のルポ&対論」)、「森のようちえん」全国ネット9月設立(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。★第580号の電子版(PDF)は、こちら


2018年4月17日

「林政ニュース」第579号(4月18日発行)ができました!


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、「森林経営管理法案」の国会審議が本格化(「ニュース・フラッシュ」)、有明西学園・東京五輪の地に120億円かけ“木の学校”(「木造新時代」)、国内最大のLVL生産基地が目指すもの(「遠藤日雄のルポ&対論」)、スギフェンス材で米国マーケットに切り込む向井工業(株)&ムカイランバー(「集中連載・いくらでもつくってくれ、いくらでも買う!その2」)、山形県が皆伐・再造林支援強化(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第579号の電子版(PDF)は、こちら


2018年4月2日

「林政ニュース」第578号(4月4日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、国有林の“民間開放”で新たな権利設定へ(「ニュース・フラッシュ」)、春4月・林野庁人事異動解説(「緑風対談」)、余剰低質材の活用図る八戸バイオマス発電(「遠藤日雄のルポ&対論」)、「餃子の王将」向けメンマ・シナチクで伸びる(「集中連載・いくらでもつくってくれ、いくらでも買う!その1」)、全国初、製材からCLTまでを一貫生産 サイプレス・スナダヤの新工場が完成(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第578号の電子版(PDF)は、こちら


2018年3月19日

「林政ニュース」第577号(3月21日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、厚労省がチェーンソー使用時の安全規制を強化(「ニュース・フラッシュ」)、「蔵出し品」で集客増やす菅生銘木市場(「役物産地4代目に聞く・下」)、若者が定着する事業体へ─魅力度アップの方策を探る(「講演会から」)、青森県六戸町で大型LVL工場が来春稼働(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第577号の電子版(PDF)は、こちら


2018年3月5日

「林政ニュース」第576号(3月7日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、新法「森林経営管理法案」の条文固まる(「ニュース・フラッシュ」)、新法は果たして“ワーク”するか(「緑風対談」)、「木造」で未来都市をデザインするシェルター・上(「遠藤日雄のルポ&対論」)、オープン化で新常識確立へ、吉野中央木材(「役物産地4代目に聞く・上」)、全国レベルのデータをオープン化(「フィンランド・日本合同シンポ」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第576号の電子版(PDF)は、こちら


2018年2月19日

「林政ニュース」第575号(2月21日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、私有林の3分の2に「経営管理権」を設定(「ニュース・フラッシュ」)、「意欲」と「能力」をどう見極める?育成すべき“林業経営体像”を示す(「緑風対談」)、品質の確かな木酢液で“山の価値”を高める農研テクノ(「突撃レポート」)、3つの先駆的建築物から展望する「都市木造」の可能性(「事例発表会から」)、キーテックが山梨県身延町に合板工場新設(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第575号の電子版(PDF)は、こちら


2018年2月5日

「林政ニュース」第574号(2月7日発行)ができました!


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、農林信用基金法の改正で規模拡大を後押し(「ニュース・フラッシュ」)、所有者不明土地の解消へ政府が本腰(「緑風対談」)、ツキ板を“進化”させて需要を創造する北三・上(「遠藤日雄のルポ&対論」)、過去最多の33都道府県が自慢の“逸品”を競う!(「「モクコレ」瞥見」)、長崎でマンツーマン指導の「緑の雇用」フォローアップ研修(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第574号の電子版(PDF)は、こちら


2018年1月26日

【近刊のご案内】『森林管理の公共的制御と制度変化』を特別割引価格でご提供します!


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

新刊図書『森林管理の公共的制御と制度変化』を1月29日(月)に刊行します。同書の発刊を記念して、1月31日(水)までにお申し込みの場合、特別割引価格4,320円(本体定価5,000円の2割引+消費税、送料無料)でお届けいたします。

書 名:森林管理の公共的制御と制度変化 ―スイス・日本の公有林管理と地域―
編著者:志賀和人(筑波大学生命環境系教授)
規格等:A5判 536頁 口絵カラー 上製 ISBN978-4-88965-251-2
定 価:5,400円(本体価格5,000円+消費税、送料無料)

★1月31日(水)までにお申し込みの場合、特別割引価格4,320円(消費税込、送料無料)でお届けいたします。
★書店では特別割引は受け付けておりません。J-FICまで、電話・FAX・電子メールなどで直接お申し込み下さい。
★詳しい内容(目次)及びお申し込みは、こちらからどうぞ。


2018年1月22日

「林政ニュース」第573号(1月24日発行)ができました!


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、「新たなシステム」実施へ新法を国会に提出(「ニュース・フラッシュ」)、【予算解説】治山に新規2本、“大括り化”が進む(「緑風対談」)、多角化で西川材を活かす首都近郊の老舗・大河原木材(「突撃レポート」)、三井物産+北電が下川町でバイオ発電事業(「地方のトピックニュース」)長門、鳥海山など姉妹館が相次ぎ開館へ(「“拡張”する東京おもちゃ美術館」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第573号の電子版(PDF)は、こちら


2018年1月9日

「林政ニュース」第572号(1月10日発行)ができました!


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

今号は、来年度林野庁予算は1.4%増の2,997億円(「ニュース・フラッシュ」)、今年度補正+来年度当初予算解説・上(「緑風対談」)、熊本復興で再評価される「木」と「家」が示す進路・上(「遠藤日雄の新春座談会」)、コンテナ苗30万本も可能な植物のつくり屋・岡宗農園(「突撃レポート」)、四国で1千ha以上の大規模団地対象に研修(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第572号の電子版(PDF)は、こちら


2018年1月5日

本年もよろしくお願いいたします


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

旧年中も変わらぬご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
日本林業調査会(J-FIC)は、本日(1月5日)より通常業務を行っております。
引き続きよろしくお願いいたします。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー