J-FIC News のカテゴリーを表示しています

2020年11月24日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第43回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木材加工・製材,木材流通 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第43回「国産材・次の10年に向けて北海道からの提言(上)」(『林政ニュース』第332号((平成20)2008年1月16日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
数年前には「カラマツ亡国論」まで叫ばれた北海道の林業が息を吹き返している。外材の輸入減と合板・集成材への利用拡大でカラマツ等の需要が増加。しかし一方で、伐採跡地の造林が進まないなど、新たな問題が浮上している。道産材の需要拡大と森林の持続的管理をどう両立するか――これは日本林業全体が直面しているテーマと共通する。そこで、次の3氏に、今後10年のビジョンを語り合ってもらった。
→続きは、こちらからどうぞ。


ウルシ林の造成と人材育成で連携、二戸市と岩手北部署


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,特用林産物 

国産漆の増産に取り組んでいる岩手県の二戸市(藤原淳町長、「林政ニュース」第611号参照)は、10月30日に岩手北部森林管理署(岩手県八幡平市、浅利一成署長)との間で「漆うるわしの森づくり」に関する協定を締結した。国有林野の分収造林制度を活用してウルシ林を造成するとともに、人材育成にも取り組むことで合意した。→詳しくは、「林政ニュース」第641号(11月18日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第641号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


今年度の木材アドバイザー講習会は東京会場のみ


全日本木材市場連盟は、今年度(2020年度)の木材アドバイザー講習会の受講者募集を12月に行う。新型コロナ対策のため、今年度は東京会場のみの開催となり、来年(2021年)2月12日(金)・13日(土)に東京都江東区の木材会館で実施する。定員20名程度。受講料2万5,000円。→詳しくは、こちらを参照。


2020年11月20日

再造林推進へ「植栽促進地域」を新設


11:00 AM 更新 カテゴリ: 法律・制度・予算,造林・育林 

林野庁は、新たに「植栽促進地域」(仮称)を指定して、再造林支援対策を強化する方針を固めた。年明けの次期通常国会に提出する間伐等特措置法(森林の間伐等の促進に関する特別措置法)の改正案に根拠規定を盛り込むことにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第641号(11月18日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第641号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


森林整備センターが中途&新規採用職員を募集


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人材育成・雇用創出 

森林研究・整備機構の森林整備センターは、今年度(2020年度)の中途採用職員と来年度(2021年度)の新規採用職員を募集している。募集人数は、中途採用が事務系及び技術系職員をそれぞれ若干名、新規採用は事務系2名程度、技術系6名程度。募集枠を満たし次第、終了となる。→詳しくは、こちらを参照。


2020年11月19日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第42回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第42回「国産チップをどう活かすか―製紙業界のビジョン」(『林政ニュース』第331号(2007(平成)年12月日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
木材自給率が20%台に回復し、「国産材復活」に手応えが感じられるようになってきた。一般製材に用いられる直材(A材)については、「新生産システム」に代表される安定供給体制づくりが進められ、短尺材・曲がり材等(B材)を合板や集成材に利用する流れも太くなってきた。残る課題は、製材廃材や林地残材などのC材(低質材)対策。そのカギを握るのが、国産チップの付加価値向上だ。そこで、日本最大の製紙会社である王子製紙(株)の神田憲二・資源戦略本部長(兼取締役)と、鹿児島大学の遠藤日雄教授に、国産チップを巡る今後の展望について語り合ってもらった。国際的な資源獲得競争が激化する中で、国産チップの将来ビジョンをどのように描くか、具体的な取組課題が示される。
→続きは、こちらからどうぞ。


地域材も活用してオフィスを公園化する「パーカーズ(parkERs)」


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林サービス 

「青山フラワーマーケット」などを運営しているパーク・コーポレーションが空間デザイン事業「パーカーズ(parkERs)」を展開している。様々な樹木や植物とデザイン性を掛け合わせ、無機質なオフィスを「公園のような心地よい空間」に変貌させており、地域材を活用する可能性も広がってきている。→詳しくは、「林政ニュース」第640号(11月4日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第640号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


11月20日にオンラインでフェアウッド研究部会「私たちと森のこれから」


地球・人間環境フォーラムとワイス・ワイスは、11月20日(金)午後6時から第49回フェアウッド研究部会「私たちと森のこれから~幸せな未来に向けた5つのアクション~」をオンラインで開催する(ZOOMを使用)。林野庁山村振興・緑化推進室長の木下仁氏、三菱地所レジデンス(株)クオリティ業務部の田中正祥氏、フォレストデジタル(株)代表取締役CEOの辻木勇二氏が講師をつとめる。参加費1,000円。→詳しくは、こちらを参照。


2020年11月18日

信州ウッドパワーがGPSなど活用し集荷を効率化


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,木質バイオマス 

7月に長野県東御市で木質バイオマス発電所を稼働させた信州ウッドパワーが燃料となる丸太の集荷で独自のトレーサビリティシステムを構築している。トラック運転者が専用のスマートフォンを使って現場からデータを送り、GPSやクラウドシステムを利用して作業の効率化などを進めている。→詳しくは、「林政ニュース」第640号(11月4日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第640号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


木材・合板博物館の見学がオンラインで可能に


4:00 AM 更新 カテゴリ: 人材育成・雇用創出,木材加工・製材 

東京都江東区の木材・合板博物館は、3D+VRビューによるオンライン館内見学を始めた。音声ガイダンスとともに、実際に館内を歩くようなバーチャル体験ができる。なお、同館は、関連企業、大学、専門学校、公的機関などの団体グループに限り、1回10名以下で予約見学を受け付けている。→詳しくは、こちらを参照。


2020年11月17日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第41回をアップしました。


6:00 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第41回「韓国で建築実績伸ばす日本木造住宅輸出協会」(『林政ニュース』第330号(2007(平成)年12月5日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
ここ数年、日本から韓国や中国へ住宅や木材を輸出する動きが目立っている。しかし、なかなかうまくいかないのが実状である。数年前、ツーバイフォー(2×4)住宅で韓国に進出したある日本の大手住宅メーカーも、実績らしい実績を残せないままだ。なぜなのか。その理由を探るために、遠藤日雄・鹿児島大学教授が韓国を訪れた。同国に産直住宅を輸出し、すでに棟の実績をもつ日本17木造住宅輸出協会(鹿児島県霧島市、第313号参照)の有村吉孝会長に現地で会うためだ。有村会長は遠藤教授を、陝川に建設した木造住宅で、施主の安喜福さん(52歳、1万2000頭の養豚業を経営)とともに出迎えた。住宅を見ながら3人が語り合う。その中で、有村会長の取り組みがなぜここまで到達できたのか、その理由の一端が明らかになる。
→続きは、こちらからどうぞ。


辻一幸・早川町長が現職首長最多選記録を更新


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人事・消息・移転 

山梨県早川町長の辻一幸氏(80歳)が現職首長としては最多となる11回連続の当選を果たした。10月20日に告示された同町の町長選に立候補して無投票で当選し、4年前に自らつくった最多選記録(「林政ニュース」第544号参照)を更新した。→詳しくは、「林政ニュース」第640号(11月4日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第640号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちら(↓)からどうぞ。


12月9日にオンラインシンポ「ポストコロナ時代の森林価値創造」


美しい森林づくり全国推進会議などは、シンポジウム「ポストコロナ時代の新たな森林価値の創造に向けて」を12月9日(金)午後1時からオンラインで開催する(ZOOMを使用)。東京大学未来ビジョン研究センターの高村ゆかり教授らがコロナ禍を踏まえて森林に期待することなどについて語る。定員1,000人。参加費無料(要事前申し込み)。→詳しくは、こちらを参照。


2020年11月16日

「白鷹町まちづくり複合施設」が総理大臣賞を受賞


今年度(2020年度)の木材利用優良施設コンクール(木材利用推進中央協議会主催)の表彰式が10月16日に東京都内で行われ、山形県の「白鷹町まちづくり複合施設」(「林政ニュース」第610号参照)が最上位の内閣総理大臣賞を受賞した。→詳しくは、「林政ニュース」第640号(11月4日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第640号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


「林政ニュース」第641号(11月18日発行)ができました!


4:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,お知らせ 

第641号は、「植栽促進地域」を新設し再造林対策強化(「ニュース・フラッシュ」)、間伐等特措法改正案のポイントをみる(「緑風対談」)、海と山を結ぶ枕崎木質バイオマス発電所・下(「遠藤日雄のルポ&対論」)、磨き丸太を軸に高付加価値経営を続ける森庄銘木産業(「突撃レポート」)、二戸市と岩手北部署が「漆うるわしの森づくり」協定締結(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。
★第641号の電子版(PDF)は、こちら
★「林政ニュース」第641号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー