2016年11月30日

「みなとモデル」の協定自治体が78に拡大、注目物件は品川新駅


東京都の港区は、「みなとモデル二酸化炭素固定認証制度」(「林政ニュース」第420・430・479号参照)の木材製品展示会を10月20日に開催した。同区と協定を結んだ自治体は78にまで増加。今後は、平成32年に開業予定の「品川新駅」(「林政ニュース」第541号参照)を木質化することが重要課題になっている。→詳しくは、「林政ニュース」第545号(11月23日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ