2016年9月26日

「レク森」100か所のモデル整備でインバウンド需要確保


政府が推進する「観光立国」の実現に向け、国有林の「レクリエーションの森(レク森)」の中から100か所程度を選んでモデル的な整備を進めることになった。外国人観光客がもたらすインバウンド需要を山村地域に呼び込むため、林野庁は来年度(平成29年度)予算要求に、必要経費として2億5,000万円を盛り込んだ。→詳しくは、「林政ニュース」第541号(9月21日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ