2016年4月20日

「前方選抜」で優良品種の開発期間を短縮


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,育種・バイオテクノロジー 

森林総合研究所林木育種センターは、優良品種の開発期間を短縮するため、「前方選抜」の取り組みを強化する。樹木の個体やその親、あるいは兄弟の形質に関係するデータを利用して、苗木の成長などを推定し、優良品種の選抜に活用する。今年1月には、「前方選抜」によって優良品種の第1号が誕生している。→詳しくは、「林政ニュース」第531号(4月20日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ