2017年4月28日

「甲地赤松」をLVLに加工、オール国産材の武道館が完成


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

青森県の東北町に、町有林から伐出した「甲地(かっち)赤松」を使用した武道館が3月15日に完成した。トラスと梁に甲地赤松を用いた構造用LVL、壁材にも甲地赤松のムク(無垢)材を使用したほか、柱と小梁にカラマツの構造用集成材、屋根にスギ準不燃材、床にカバ材と、建物全体が国産材仕様になっている。→詳しくは、「林政ニュース」第555号(4月19日発行)でどうぞ。


1件のコメント »

  1. 木のぬくもりは、鋼材とは違いますね。ただただ、綺麗なだけではない、直後より年数が経っての落ち着きを見てみたいですね。

    コメント by スマイル — 2017年4月29日 @ 8:21 AM

コメントする

ページの上端へ