2018年12月21日

「製材」と「合板」それぞれで技能実習「2号」取得へ


改正入管法が12月8日に成立し、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた体制づくりが本格化している。新たな在留資格である「特定技能1号」の対象業種に林業関係は入っておらず、まずは技能実習制度の「2号」移行を目指す方針。木材産業については、「製材」と「合板」それぞれで2号を取得することにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第595号(12月19日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ