2015年6月25日

「違法伐採問題を考える国際シンポジウム」を開催


環境保全や公正な貿易の阻害要因になっている違法伐採問題を考える国際シンポジウムが6月12日に東京の国連大学ウ・タントホールで開催された。ITTOプロジェクトコーディネーターのルーパート・オリバー氏やインドネシアFLEGT専門家のアビ・バレンチヌス氏らがプレゼンテーションを行い、生産国と消費国が連携して対策を講じていくことなどが話し合われた。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ