2012年12月11日

オーストリアの現場教育関係者と意見交換


オーストリアの林業教育関係者が来日し、12月7日に林野庁内の会議室で国内の関係者と意見交換会を行った。オシアッハ林業研修所のヨハン・ツェッシャー所長らが、現場技能者の育成システムなどについて説明。作業地の条件に応じた機械等を導入し、安全対策の向上を図る努力が重要であると強調した。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第451号、12月19日発行)でお伝えします。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ