2017年2月8日

キハダとホオノキの増産へ、夕張市と北海道育種場が協力


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,育種・バイオテクノロジー 

北海道の夕張市が「日本一の薬木生産地」を目指して、キハダとホオノキの増産に踏み出している。1月20日には、森林総合研究所林木育種センター北海道育種場との間で、「キハダとホオノキ共同試験に係る覚書」を締結した。→詳しくは、「林政ニュース」第550号(2月8日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ