2013年9月12日

ツシマヤマネコが生息する森林260haを対馬市が購入


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,生物多様性保全 

長崎県の対馬市は、ツシマヤマネコが生息している森林約260haを購入することを決めた。対象地は、一旦は競売にかけられていたが、面積が広大であり、自然環境を保全するためにも公的機関が保有する必要があるとの判断から、競売を中止して同市が買い上げることにした。→詳しくは、「林政ニュース」第468号(9月11日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ