2012年3月29日

世界遺産・小笠原の立木が損傷、警視庁と合同捜査


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,事件・訴訟 

東京都小笠原村母島にある船木山国有林の歩道沿いで、今月3日に固有種の「ワダンノキ」、「ハハジマノボタン」の枝が約100本折られているのが発見された。関東森林管理局は3月23日、警視庁と合同で森林法などの違反で捜査することを発表した。環境省も同日に、容疑者不明のまま、自然公園法違反で刑事告発を行った。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ