2010年11月30日

中国木材が大分県佐伯市に進出、南部流域協組の工場買収


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News 

国内製材最大手の中国木材(株)は、大分県佐伯市に進出する。今年2月に私的整理に入り事業を停止していた南部流域木材加工協同組合の国産材製材工場を買収し、同社の大分工場として来年4月から稼働を始める。同社は、すでに佐賀県内に伊万里事業所を持っており、九州で2つめの木材加工拠点が誕生する。→詳しくは、「林政ニュース」第401号(11月24日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ