2016年11月2日

中小規模の地域工務店は横架材でも国産ムク材を多用


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

中小規模の地域工務店は、“外材優位”とされる横架材(梁・桁)でも国産のムク(無垢)材を多用していることがわかった。JBN・全国工務店協会などがA材の“出口対策”を探るために行った調査で明らかになったもので、今年3月には土台や柱など主要部材全般で“国産材優位”の結果(「林政ニュース」第529号参照)も出ている。→詳しくは、「林政ニュース」第543号(10月26日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ