2010年9月16日

中本製箸が割り箸原料の国産化進める、スギを活用


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,新技術・新製品 

割り箸メーカーの代表格である中本製箸(株)(石川県金沢市)が、国産スギの利用量を増やしている。かつては、原料の大半をロシア産エゾマツ(北洋エゾマツ)に依存していたが、4年前からスギを使い始め、現在は生産量の半分を占めている。→詳しくは、「林政ニュース」第396号(9月8日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ