2017年3月2日

中部森林管理局が人事院総裁賞を受賞、山地災害への迅速な対応で


29回目となる平成28年度人事院総裁賞を中部森林管理局の治山課と木曽森林管理署及び南木曽支署が職域部門で受賞した。山地災害への迅速な対応が評価されたもので、2月9日に東京の明治記念館で授与式が行われた。林野庁関係の同賞受賞は、平成18年度の北海道森林管理局根釧西部森林管理署パイロットフォレスト造成事業実施グループ以来で、通算4件目となった。→詳しくは、「林政ニュース」第551号(2月22日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ