2016年4月11日

京丹波町で航空写真+レーザ測量の解析システムが稼働


住友林業(株)は、京都府京丹波町で「森林資源量解析システム」を3月から稼働させた。同システムは、地図情報である航空写真と航空レーザ測量による数値情報を組み合わせたもので、樹種や樹高、立木本数、蓄積量などに関する情報をネットワークシステムで共有し、効率的な伐採や林道開設などにつなげることにしている。→詳しくは、こちらを参照。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ