2014年5月15日

京王線高尾山口駅周辺を木目調と和風温泉で刷新


11:00 AM 更新 カテゴリ: 住宅・建築 

京王電鉄(株)は、約20億円を投じて、高尾山口駅(東京都八王子市)の駅舎を改装し、日帰り温泉施設を新設する。新しい駅舎は建築家の隈研吾氏が設計し、木目を活かしたデザインにする方針。今後、地元産材の利用などについて検討する。また、駅の近くにつくる日帰り温泉は、2階建ての和風建築とする計画。開業は、来年春を予定している。→詳しくは、「林政ニュース」第484号(5月14日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ