2020年9月11日

北海道十勝地方の「三井物産の森」でスマート林業を実践


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

三井物産フォレスト(「林政ニュース」第361号参照)は、北海道十勝地方で管理する約4,000haの三井物産社有林(「三井物産の森」)を効率的に管理・経営するため、航空レーザ解析技術の活用を始めた。アジア航測が開発した森林マネジメント支援システム「ALANDIS+Forest」を導入。大手企業が大面積の社有林を対象にスマート林業を実践する先駆的な取り組みになる。→詳しくは、「林政ニュース」第635号(8月26日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第635号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ