2018年11月20日

国有林内に最長50年伐採可能なエリアを新設


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

国有林材を長期・大ロットで供給可能にする新たな仕組みの全容が明らかになった。一定の区域で、「意欲と能力のある林業経営者」が立木を一定の期間、安定的に伐採できる「物権的権利」を新設する。権利の期間は基本的に10年とし、最長50年まで認める。区域面積は、年間数千m3の素材生産が可能な数百haをメドとする。→詳しくは、「林政ニュース」第593号(11月21日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ