2018年8月3日

国産材を“見せる”新国立競技場の工事現場を公開


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,住宅・建築 

来年11月末の完成を目指す「新国立競技場」(「林政ニュース」第524号参照)の工事現場が7月18日に報道陣に公開された。同競技場は、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となり、「国産木材の利用による世界に誇れるスタジアム」をテーマに掲げている。日本スポーツ振興センター(JSC)によると、建設工事の進捗率は約4割で、順調に進んでいる。→詳しくは、「林政ニュース」第586号(8月1日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ