2017年3月14日

大分県中部地区循環促進部会が「疎植造林」モデル確立へ


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

大分県中部振興局管内の事業体等9組織が1月に結成した「中部地区森林資源循環促進部会」が疎植造林の実証事業をスタートさせた。主伐・再造林のネックとなっている獣害対策や苗木不足、下刈りの省力化などの解決策をモデル林の造成を通じて確立することにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第552号(3月8日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ