2019年3月15日

大阪万博は木造パビリオンで、府木連が構想


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,組織・業界団体 

大阪府木材連合会は、2025年に開催される大阪・関西万博で木材利用を推進する構想をまとめた。津田会長は、会場の夢洲について「地盤が軟弱なので木造パビリオンがいい。太陽の塔も木造で再登場させたい」としており、木造の菱垣廻船も復活させて「江戸(東京)まで灘の酒を届けたい」とも話している。→詳しくは、「林政ニュース」第600号(3月6日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ