2017年6月20日

奈良県がスイスからフォレスターの“卵”を受け入れ


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,人材育成・雇用創出 

奈良県は、スイスのリース林業教育センターに在籍しているフォレスターの“卵”4名を招き、6月7日から県内の十津川村と川上村で実習を行っている。同県は、スイスを参考に新たな森林管理制度の構築に取り組んでおり、今後も林業実習生の受け入れを続ける方針だ。→詳しくは、「林政ニュース」第559号(6月21日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ