2018年2月15日

小笠原諸島固有の海鳥を“発見”、森林総研の研究チーム


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,生物多様性保全 

森林総合研究所は、世界自然遺産の小笠原諸島に生息する海鳥「セグロミズナギドリ」が固有種であることを明らかにした。DNA分析によって確定したもので、新種の発見に匹敵する成果と評価されている。→詳しくは、「林政ニュース」第574号(2月7日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ