2019年4月11日

広島県西部地区森林再生協議会が再造林支援対策を強化


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,造林・育林 

再造林支援事業を行っている広島県西部地区森林再生協議会に発電関連の5社が新規入会し、負担金の徴収ルートを拡大した。負担金徴収額は2017年度実績の130万円から2019年度は570万円に増え、再造林支援面積は同5haから40haへと増加する見込みとなっている。→詳しくは、「林政ニュース」第602号(4月3日発行)でどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ